ダイヤモンド・プリンセス号の乗客・乗務員にiPhoneを2000台配布 厚労省、ソフトバンク、LINEが連携、専用アプリも搭載

2020/02/15 10:34

 厚生労働省は、民間企業・総務省の協力により、アプリをインストールしたスマートフォン(合計約2000台)を、新型コロナウイルスCOVID-19の感染確認のため横浜港に停泊中の豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号の船内全室(客室およびクルー部屋)に1台ずつ提供することとし、2月14日のうちに全客室へ配布済みだと発表した。

 厚生労働省の専用アプリにリンク、薬に関する要望受付、チャットによる不安や悩みの相談、医師への相談予約が行えるという。

 これに関連して、LINEの舛田淳CSMOが、厚生労働省、ソフトバンク、LINEとの連携の下、LINEアプリをインストールしたソフトバンクのiPhoneを2000台提供したとツイートしている。

 LINE経由での乗客への情報提供を実現し、さらに心理カウンセラー、医師へのオンライン相談が可能となったそうだ。

ダイヤモンド・プリンセス号の乗客・乗務員にiPhoneを2000台配布 厚労省、ソフトバンク、LINEが連携、専用アプリも搭載