ポケモンGOがピンクに染まるバレンタイン、間もなく “ジムの守護神”育成のチャンス

2020/02/13 20:31

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で2月14日から恒例のバレンタインイベントが始まります。例年、ピンク色のポケモンが大発生するイベント。今年はイッシュ地方の「タブンネ」「ママンボウ」が新規実装となる他、「ラッキー」や「ベロリンガ」の色違いも新たに登場します。

 イベントの日程は、14日(金)の午前8時から17日(月)の午後10時まで。期間中はポケモンを引き寄せる「ルアーモジュール」の効果が6時間続くようになり、ポケモン捕獲時にもらえる「ポケモンのアメ」が普段の2倍に。運がよければ野生で色違いの「ラッキー」に出会えるかもしれません。

 タマゴは、フレンドからのギフトで手に入る「7kmタマゴ」に注目。まれに色違いの「ピンプク」が生まれます。ピンプクは、ラッキーを経て「ハピナス」へ進化するベビーポケモン。ハピナスは高いHPと防御を誇り、ポケモンGOでは「ジムの守護神」と呼ばれます。ラッキーの野生出現、イベント特典のアメ2倍と合わせてハピナスを育成する絶好のチャンスとなります。

 2月15日(土)には「ベロリンガ」の「レイドウィークエンド」を実施。午後2時から午後5時までの3時間、星4レイドに「のしかかり」を覚えた「ベロリンガ」が出現し、時間内にジムのフォトディスクをまわすとレイドパスを最大5枚もらえます。ベロリンガの色違いも新規実装ですが、色は黄色だそうです。

ポケモンGOがピンクに染まるバレンタイン、間もなく “ジムの守護神”育成のチャンス