ヤマト運輸がTポイントサービスでカード提示不要やポイント換算変更などのリニューアル

2020/02/13 16:35
キャンペーンイメージ

キャンペーンイメージ

ヤマト運輸株式会社は13日、2020年4月1日から宅急便運賃などの支払時に貯まるTポイントサービスをリニューアルすると発表した。
今回のリニューアルで変更されるのは5つの要素。まず、ポイントが付与される対象者は「Tカード/モバイルTカードユーザー」から「Tポイント利用手続きをしたクロネコメンバーズ会員」となる。また、「カード提示」に関しては不要となる。

対象商品は「宅急便、宅急便コンパクト、ヤマト便、資材」だったのが「デジタル送り状で発送した宅急便、宅急便コンパクト」(着払は対象外)になる。

たまるタイミングはこれまでの「ヤマト運輸直営店への持ち込み集荷」「セールスドライバーによる集荷」に加え「コンビニエンスストア・取扱店への持ち込み集荷」も追加される。

ポイント換算については大きな変更で、従来は「200円につき1ポイント」だったが今後は「デジタル送り状で発送した荷物1個につき10ポイント、キャッシュレス決済であればさらに5ポイント」となる。

全体的に、デジタル化やキャッシュレス化の推進に向けた変更となっている。

なお、今回のリニューアルに先駆けて、2月14日から4月10日までの間、クロネコメンバーズのTポイント利用手続きを行ったユーザーに対し、クロネコメンバーズ「はずれなし!Tポイント最大3万ポイントが当たるくじ!」キャンペーンを実施する。

ヤマト運輸がTポイントサービスでカード提示不要やポイント換算変更などのリニューアル