モネやドガの絵画の世界にダイブ!音響と全面投影の映像で「没入体験ミュージアム」開催

2020/02/13 16:20
イメージ

イメージ

2020年4月17日(金)から8月12日(水)まで、寺田倉庫G1ビル5Fにて、芸術作品の世界を蘇らせる日本初の没入体験型ミュージアム「Immersive Museum(イマーシブミュージアム)」が開催される。
本イベントは、近年演劇やアート、エンターテインメントのジャンルで世界的なトレンドとなっている“Immersive=没入感”をキーワードとする、新たなアート体験プログラム。

広大な屋内空間(高さ5.5m、約1400㎡の巨大空間)を利用して、空間内で特別な音響効果と壁面・床面全てに投影される没入映像を組み合わせる。これにより名画の世界を再現することができ、参加者はその空間内を自由に歩き回れる。

第一弾となる今回のテーマは“印象派” IMPRESSIONISM。世界的に人気の高いクロード・モネの「睡蓮」やドガの「踊り子」、ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」といった、印象派の名画の世界にダイブできる。

入場券は大人 2,500円(税込) / 中学生・高校生 1,500円(税込) / 小学生 800円(税込)。

イメージ

イメージ

■期間:
2020年4月17日(金)から8月12日(水)

■開催場所:
○寺田倉庫G1ビル5F
○東京都品川区東品川2-6-4

■公式:
URL:https://immersive-museum.jp/

モネやドガの絵画の世界にダイブ!音響と全面投影の映像で「没入体験ミュージアム」開催