「子どもにプログラミングを学習させたい」は4割以上、NECPCが調査

2020/01/22 09:30

 NECパーソナルコンピュータ(NECPC)は2020年1月21日、子どものプログラミング学習とPCの使用実態に関する調査結果を発表した。対象は、小学生の子どもがいる全国の保護者8626人。同調査によると、すでにプログラミングを習っている割合は1.9%で、バレエや絵画と同程度だった。

 まず、子どもにプログラミングを学習させたいかどうかを聞いたところ、「とても習わせたい」と回答した割合は13.1%、「習わせたい」は30.9%で、習わせたいと考えている保護者の割合は合計44%を占めた。

 現在子どもが習っているものを調べると、1位は水泳で25.7%、2位は学習塾で18.7%、3位はピアノで17.0%をそれぞれ占め、プログラミングは14位で1.9%だった。これに対して習わせたいものを聞くと、プログラミングは7位で11.4%が回答した。

 次に、子どもがPCを使うことの必要性を尋ねると、「必要性を感じる」と回答した割合は27.2%、「どちらかというと必要性を感じる」は41.2%で、合計68.4%が必要性を感じていた。

「ネット中毒」「知らない人とつながる」――子どもにPCを使わせることに対する不安の声

「子どもにプログラミングを学習させたい」は4割以上、NECPCが調査