水中心拍計を搭載したスイミング用GPSスマートウォッチ「GarminSwim2」

2020/01/16 17:35
ガーミンジャパン株式会社は、1月16日、水中心拍計を搭載したスイミング用GPSスマートウォッチ「Garmin Swim 2(ガーミン スイム2)」を発売すると発表した。価格は29,800円(税抜)。1月23日(木)より予約受付を開始、1月30日(木)より実売となる。
同製品は、水中心拍計を時計内に内蔵したスイミング用GPSスマートウォッチ。胸に心拍ベルトなどを付けることなく、水中での心拍状態を把握することができる。

他にも、様々なアクティビティ計測機能を備えており、「スイミングモード」では、距離やペース、ストローク数など、スイミングに関する広範な指標を計測。ストロークごとの距離はもちろん、水泳効率の指標を示すSWOLF※1、トレーニングの進捗確認に活用できるCSS(クリティカルスイムスピード)※2 なども計測可能だ。GPSを搭載しており、室内プールだけではなく、海や川、湖でのデータ計測にも対応する。
※1 「SWOLF」:25m/50m(1ラップ)を泳ぐのに要した時間(秒)とストローク数の合計
※2 「CSS」:無酸素運動の閾値速度を推定

「ドリル練習計測機能」では、キック、片手泳ぎ、漕ぎ動作などのドリルの時間と距離も計測&記録。インターバルの休憩中には計測が止まったり、ペースごとの目標設定に合わせてアラートが鳴ったりと、スイミングのアクティビティに合わせた計測機能も備える。

さらに、睡眠トラッキング機能やストレス計測機能なども搭載。水泳中のデータ計測以外にも、様々な日常生活のデータを記録することができる、スイマーの体調を24時間サポートしてくれるスマートウォッチとなっている。

色は、WhitestoneとSlateの2色展開。

ガーミンジャパン株式会社
URL:https://www.garmin.co.jp/
価格:各29,800(税抜)
2020/01/16

水中心拍計を搭載したスイミング用GPSスマートウォッチ「GarminSwim2」