ガーミン、水泳用の新型スマートウォッチ「GarminSwim2」発売 泳ぐスピードなど計測可能 3万2780円

2020/01/16 12:01

 ガーミンジャパンは1月16日、スイミング用の新型スマートウォッチ「Garmin Swim 2」を発表した。水泳を趣味とする人や水泳選手向けのモデルで、クリティカルスイムスピード(全力で泳いだ場合の速度の平均値)の計測機能を備える。23日から予約を受け付け、30日に発売する予定。価格は3万2780円(税込)。

 泳いだ距離、泳ぐペース、ストロークごとの距離などを計測できる機能や、水中心拍計も搭載。睡眠トラッキング機能やストレス計測機能など、日常生活での体調管理に役立つ機能も備える。GPS機能も搭載し、海や川などの屋外でもデータを測定できる。

 重量は36グラムで、サイズはディスプレイの直径が42ミリ、本体の厚さが11.4ミリ、バンドサイズの外周が129〜197ミリ。ディスプレイの解像度は208×208ピクセル。フル充電後の駆動時間は、通常のスマートウォッチとして使う場合は最大7日間、水中で心拍などを計測する場合は最大60時間。

 カラーは「Whitestone」(白)と「Slate」(ダークグレー)の2色を用意する。

ガーミン、水泳用の新型スマートウォッチ「GarminSwim2」発売 泳ぐスピードなど計測可能 3万2780円