Chromium版新「MicrosoftEdge」ロールアウト中 ダウンロードも可

2020/01/16 06:58

 米Microsoftは1月15日(現地時間)、Chromiumベースの新Webブラウザ「Microsoft Edge」の正式版(79 stable)を予告通り公開した。

 デスクトップ版(Windows およびmacOS)は専用サイトからのダウンロードが可能だ。ダウンロードしなくても、向こう数カ月をかけて全Windows 10ユーザーにロールアウトしていく計画だ。iOSおよびAndroid向けは、自動アップデートのみ。企業でIT管理者がPCを管理している場合は、ロールアウトはしない。

 新Edgeは旧バージョンの非ChromiumのEdgeを上書きする。旧バージョンのお気に入り、パスワード、フォーム入力、基本設定などは新Edgeに自動的に引き継がれ、もちろん「規定のブラウザー」が急にEdgeになるようなこともない。

 新Edgeのプレビュー版をインストールしている場合は、Microsoft Edge Insiderとして引き続き今後のβ版も並行して利用できる。

 新Edgeのアップデートは、Windowsとは別に、おおよそ6週間間隔で実施される予定。次のアップデート(Microsoft Edge 80)は2月の見込みだ。

 Microsoftは2018年12月にChromiumベースへの切り替えを発表し、Microsoft Edge Insiderプログラムでフィードバックを集めつつ開発してきた。

 新Edgeには、重要なオンプレミスサービスをまだEdgeに移行できていない企業ユーザーのために、Edgeで完全なInternet Explorer(IE) 11互換性を実現する「Internet Explorerモード」や、Cookieやトラッカーの設定を3段階から選べる機能などがある。

【更新履歴:2020年1月16日午前8時30分 当初ダウンロードできるのはWindows 10のみとしていましたが、macOS版もダウンロードできます。お詫びして訂正します。】

Chromium版新「MicrosoftEdge」ロールアウト中 ダウンロードも可