NHKの番組を地上波とネットで同時配信する「NHKプラス」、4月1日から実施へ

2020/01/16 10:20
イメージ

イメージ

NHKは、新しい常時同時配信・見逃し番組配信サービス「NHKプラス」を2020年4月1日からスタートすると発表した。
本サービスは、地上2波(総合テレビ、教育テレビ)の放送時間と同時刻にネットでも視聴できる「同時配信サービス」。テレビの前にいなくてもNHKの番組をいつでもどこでも視聴できるようになる(利用は日本国内限定)。

また、同時配信のほかにも「見逃し番組配信」も実施。放送終了時刻から起算して7日間は見逃した番組、もう一度見たい番組を何度でも視聴できる。

配信ビットレートは最大1.5Mbps(SD画質相当※回線の状況やアクセス集中等で変化あり)。

利用方法は、案内ページもしくはアプリからアクセスし、放送受信契約などを入力後、届けられるハガキの情報から確認コードを入力して利用登録が完了する。

受信契約1つで登録できるIDは1つで、1つのIDで同時に5画面(ストリーム)で視聴ができる。

NHKの番組を地上波とネットで同時配信する「NHKプラス」、4月1日から実施へ