VALU、独自トークン「VA」の売買終了へ–預かりビットコインも返却、規制対応を断念

2020/01/15 17:19

 VALUは1月15日、同社が運営するSNSサービス「VALU」において、顧客の暗号資産の預かり業務を断念すると発表した。これにともない、3月2日の13時に独自トークン「VA」(MY VALU)の売買を終了し、3月31日13時を期限に、顧客から預かった暗号資産の返却手続きを進める。

 VALUは、VAを発行することでユーザー自身の価値をトレードできるサービス。VAを購入することで、夢や目標を持つ個人が継続的な支援を募ることができるサービスとして2017年5月にベータ版をローンチ。ユーザーはVAを購入したユーザーに見返りとして優待を付けることができ、VAの価値をさらに高めることができる。なお、VAの購入など取引にはビットコインを使用している。

  同社によると、2019年5月31日に可決された、暗号資産に関する改正資金決済法の「暗号資産カストディ業務に対する規制」に対応すべく関係各所と検討を進めてきたものの、VALUにおける暗号資産カストディに関わる業務を断念することになったとしている。当該業務は、VALUの根幹にあたることから抜本的な事業転換が必要だとしており、2020年4月1日以降、VALUのアップデートを準備しているという。

    今回停止するサービス

  • VA の発行、売買、保管・管理機能全般
  • 暗号資産のカストディ業務
  • SNS機能全般
  • Stories機能
  • イベント・チケット機能

 また、VALU内ウォレットにビットコイン残高があるユーザーに対し、ビットコイン返却申請フォームを提供。3月2日までに最終送金先アドレスの事前登録を手続きすることで、3月2日以降、順次送金するとしている(出金手数料はVALUが負担)。また、VAをVALUサービス街などで利用したい場合など、パブリックブロックチェーンに移管して受け取る場合も、発行VA移管申請フォームから必要事項を記入するよう告知している。

VALU、独自トークン「VA」の売買終了へ–預かりビットコインも返却、規制対応を断念