Shutterstockが読み解く2020年トレンドカラー3色

2019/12/05 09:23

shutterstock blog より
豊富なストックフォトを取りそろえる「Shutterstock」が、顧客のダウンロード傾向から導き出した2020年のトレンドカラー3色を発表した。全体的にソフトなパステルカラーからセンセーショナルな色合いへと移行する傾向が見られ、彩度の高い3つのカラーが2020年を席巻するとの予想だ。
人気が高まっている色として抽出されたのは、「ラッシュラヴァ」「アクアミント」「ファントムブルー」の3色。近年のミニマリズム主義に反して、いずれもマキシマリズムと鮮やかな色相を持つカラーである。

・ラッシュラヴァ  #FF4500 
一つめは、溶岩を思わせる鮮烈なオレンジレッド。燃えるようなオレンジと深みのあるレッドという二つの鮮やかな色のブレンドが見る人の心を揺さぶる鮮烈なカラーだ。

使用効果という面でも注目度が高く、ブランドへの関心を集めたい企業にとっては即戦力になるカラーとみなされているようだ。文化的な側面から見ると、アジア諸国で幸福、愛、健康を表す色であり、これらの地域の人に向けて発信する際には心に留めておくとよいだろう。

・アクアミント  #7FFFD4 
二つ目は、きらめく半貴石や優雅な海岸線を連想させる明るいミントブルー。「アクアミント」は、シアンとミントを混ぜ合わせたカラーだ。この2つのカラーは単体でも美しく人気のあるカラーだが、融合することによってさらなる魅力が引き出されている。

明るく落ち着いたトーンは、遊び心があるモダンで外交的な印象を与える効果があり、アクセントとしてもメインカラーとしても楽しく現代的なイメージを生み出す。カリブ海の島々の家や建物にふんだんに使われていることから、トロピカルな印象も併せ持っている。

・ファントムブルー  #191970 
同じブルーでもこちらは、深く溶け込むようなインディゴネイビーだ。ゴッホの「星月夜」に使われているブルーにも近く、月が輝くドラマチックな夜空を連想させるカラーである。暗めのトーンは安定、信頼、洗練といったイメージを与え、洗練された魅力で印象的なメッセージを伝えることが出来る。

それ自体でも印象的なカラーだが、前述のラッシュラヴァやアクアミントのような明るく対照的な色を引き立てるコンビネーションカラーとしても効果的だ。万能な用途で、オーストラリア、ドイツ、スペインで特に人気が上昇しており、あらゆるクリエイティブに使用されている。

この3色以外にも、国別、地域別のトレンドカラーを公開されており、世界中の多様な視点を知ることができる発表となっている。
shutterstock blog よりshutterstock blog より
Shutterstock
URL:https://www.shutterstock.com/blog/
2019/12/05

■関連記事
ロフト発、2019年に流行ったもの。キーワードは「ポータブル」と「サステナブル(持続可能な)」 (2019.11.27)
世界4位のスマホメーカー・シャオミ、2020年の5Gに合わせて日本上陸か (2019.11.6)
少し大きくなるけど“SE”の後継「iPhone SE2」、来年3月末発売。399ドル~ (2019.10.30)

Shutterstockが読み解く2020年トレンドカラー3色