最先端の科学と芸術を融合させた国際フェスティバル「科学と芸術の丘2019」

投稿者: | 2019/11/11

「科学と芸術の丘2019」
2019年11月16日(土)と11月17日(日)の2日間にわたり、千葉県松戸市にて「科学と芸術の丘2019」が開催される。会場は戸定邸、松雲亭、戸定が丘歴史公園。最先端の科学と芸術を融合させた“科学、芸術、自然をつなぐ国際フェスティバル”で、昨年に引き続いての開催となる。料金は無料で、戸定邸のみ入館料が一般250円/大学・高校生100円。
松戸市は、文化を軸とした都市ブランドづくりやクリエイターおよびアーティストが活躍できるまちづくり政策を掲げており、「科学と芸術の丘」はその一環として展開されているイベントだ。“科学、芸術、自然をつなぐ未来の国際創造都市”の実現を目指し、松戸市に広がる美しい自然の中で、世界最先端の科学とアートが集う。
今年は“未来の市民”がテーマに設定された。市民が自ら身の回りのことに興味を持って科学探求する「シチズン・サイエンス」や、プログラミングを新たな創造につなげる「クリエイティブ・コーディング」、「未来のプロトタイピング」のあり方など、数々の展示やワークショップやトークを通じて、“未来の市民”の集う広場が創造される。
時間は初日が10:00〜17:00(丘のマルシェは16:00まで)で、2日目が10:00〜16:00(戸定邸は17:00まで開館)。
■期間:
2019年11月16日(土)~11月17日(日)

■開催場所:
戸定邸、松雲亭、戸定が丘歴史公園
千葉県松戸市松戸714-1(戸定邸)

■問い合わせ先:
千葉県松戸市
tel. 047-366-7327(文化観光国際課)
url. https://science-art-matsudo.net/

■関連記事
記念すべき50回目の開催を迎えるアートイベント「デザインフェスタvol.50」 (2019.11.11)
Disney & Lucasfilm公認アーティストのTSUNEO SANDAによるアート展示販売会が開催中 (2019.11.11)
顕微鏡を通して見ることができる“美の世界”を紹介する「鏡花水月〜顕微鏡アートの世界」 (2019.11.9)
“鷹城”の別名を持つ高知城がアート空間に変わる「チームラボ 高知城 光の祭 2019-2020」 (2019.11.8)

最先端の科学と芸術を融合させた国際フェスティバル「科学と芸術の丘2019」