楽天のフリマアプリ「ラクマ」に脆弱性、JPCERT/CCが情報漏えいに注意喚起

投稿者: | 2019/11/08

ラクマイメージ
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、スマートフォンアプリ「ラクマ」に対して、認証に関する情報が漏えいする脆弱性があることを注意喚起している。
「ラクマ」は、楽天株式会社が運営するスマートフォン用のフリマアプリ。

今回発見された脆弱性は、ラクマユーザへの攻撃を目的として端末にインストールされた第三者アプリによって、当該製品に関する認証情報を取得される可能性があるというもの。

影響を受けるシステムは「Android アプリ「ラクマ」バージョン 7.15.0 およびそれ以前」「iOS アプリ「ラクマ」バージョン 7.16.4 およびそれ以前」とAndroidスマホ、iPhoneの両方が対象になっている。

対策方法はアップデートすることで、「ラクマ」アプリを最新版にアプデすれば対策完了となる。
発表資料
URL:https://jvn.jp/jp/JVN41566067/
2019/11/08

■関連記事
iOS最新版で早くも2度目のバグ修正アップデート「iOS 13.2.2」の配布開始 (2019.11.8)
「いきなり!ステーキ」を3Dスキャンで再現したカプセルトイが登場。わずか4cmでシズル感まで! (2019.11.8)
人気漫画『ONE PIECE』のアートプロジェクト『BUSTERCALL』。ロサンゼルス開催の「Complexcon」にて作品初披露 (2019.11.8)

楽天のフリマアプリ「ラクマ」に脆弱性、JPCERT/CCが情報漏えいに注意喚起