ドライバーの疲れを検知、空調など自動調節 近未来のクルマの運転席、三菱電機が開発

三菱電機が近未来の自動運転車の運転席を想定したコンセプトキャビン「EMIRAI S」を発表。最新のヒューマンセンシング技術と音声認識技術に対応し、ドライバーの体調に応じて車内環境を自動調整する機能などを持つ。デモを体験できるブースを東京モーターショーに出展する。

ドライバーの疲れを検知、空調など自動調節 近未来のクルマの運転席、三菱電機が開発