アーカイバルプリントでのデヴィッド・ダウントン氏の額装アートプリントを銀座 蔦屋書店が販売

David Downton「額装アートプリント」
ファッションイラストレーターのデヴィッド・ダウントン氏による額装アートプリントが、銀座 蔦屋書店(東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F)で発売された。過去の作品から本人がセレクトした5作品を、それぞれエディション5枚で制作。価格は各9万円(税抜)で、いずれも銀座 蔦屋書店オンラインショップでも送料無料で購入できる。
1959年生まれのデヴィッド・ダウントン氏はイギリス出身で、1984年にファッションイラストレーションのキャリアをスタートさせた。1996年からパリでオート・クチュールの描画を依頼されるようになり、これまでにヴォーグ、ハーパース・バザー、ヴァニティ・フェア、Vマガジンなどと仕事をし、シャネル、ディオール、サンローランなど数多くのメゾンをクライアントに持つ。
今回の額装アートプリントはA2判(420×594mm)の仕様で、印刷には「アーカイバルプリント」が採用された。この「アーカイバルプリント」は、顔料インクと特殊な紙を使用し、ダイレクトにインクを版画紙やキャンバスに吹き付ける技法。美術館などでも採用されているインクジェットと同様の印刷技法で、原画の再現性に優れている。
インクは、紫方向の色域にも良く対応し、特色および広色域のプリントが可能なため、高精細なプリントに使用されるUltraChrome HDXインク(10色)。用紙には、高品質なファインアートプリント用ペーパーの「ハーネミューレ フォトラグ」が用いられている。
銀座 蔦屋書店
URL:https://store.tsite.jp/ginza/
2019/10/09

■関連記事
キヤノンがエントリーモデルの大判プリンタ「imagePROGRAF TA」シリーズを発売 (2019.10.8)
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の蓄光プリントTシャツや箔プリントTシャツが通販サイト“AMNIBUS”に登場 (2019.10.7)
開閉がスムーズで書類を取り出しやすい!アドプリントの「封筒型ファイル差込み式」 (2019.10.4)

アーカイバルプリントでのデヴィッド・ダウントン氏の額装アートプリントを銀座 蔦屋書店が販売