異色のファンタジー作品「はたらく細胞」の世界をより深く楽しめる原画展がスタート

©清水茜/講談社
2019年10月9日(水)から10月22日(火・祝)まで、松屋銀座 8Fのイベントスクエアにて「はたらく細胞原画展」が開催される。細胞を擬人化した異色のファンタジー作品である「はたらく細胞」の過去最大規模となる展覧会。漫画やカラーイラストの原画など貴重な約200点が展示され、作品の新たな魅力に迫る。
「はたらく細胞」は、株式会社講談社の「月刊少年シリウス」で連載中の漫画作品で、スピンオフ作品を含むシリーズ累計発行部数は350万部を突破した。人体を舞台とした斬新な切り口で体内細胞の活躍を描いた作品で、子どもから大人まで幅広く支持され、医療従事者からの評価も高い。2018年にはTVアニメ化も果たして、好評を博した。
本展は、健気に頑張る「はたらく細胞」たちを応援したくなるような、作品の魅力が詰まった内容。作者の清水茜氏によるラフスケッチや設定資料の公開、舞台衣装の展示、フォトスポットの設置など、作品世界をより深く楽しめる演出が予定されており、原画展ならではの商品や先行販売のグッズなどの販売も行われる。
時間は10:00〜20:00(10月14日と10月20日は19:30閉場/最終日は17:00閉場/入場は閉場30分前まで)で、当日券での入場料は一般1000円/高校生700円/中学生500円/小学生300円/グッズ付き1500円/音声ガイド付き1700円/グッズ+音声ガイド付き2200円。なお、本展は今回の東京会場のほかに、愛知会場での開催も決定している(詳細未発表)。
■期間:
2019年10月9日(水)~10月22日(火・祝)

■開催場所:
松屋銀座 8F イベントスクエア
東京都中央区銀座3-6-1

■問い合わせ先:
はたらく細胞原画展実行委員会
tel. 03-3567-1211(松屋銀座 大代表)
url. https://hatarakusaibou-ten.com/

■関連記事
“ニベアクリーム”の缶をデコレーションした作品を募集する「フォーチュンデコ缶コンテスト」 (2019.10.9)
約100人の若手フォトグラファーが“とき〜時〜”をテーマに各自の表現を展開する「art photo展 2019」 (2019.10.9)
コスチューム・アーティストのひびのこづえ氏の展覧会「みる・きる・つくる」 (2019.10.8)
次世代を担う若手の発掘を目的とした公募展“第21回写真「1_WALL」展” (2019.10.8)
イギリスのストリートアーティストのD*Face氏による個展「Social DIScontent」 (2019.10.8)

異色のファンタジー作品「はたらく細胞」の世界をより深く楽しめる原画展がスタート