約100人の若手フォトグラファーが“とき〜時〜”をテーマに各自の表現を展開する「art photo展 2019」

art photo展 2019「とき〜時〜」
2019年10月9日(水)から10月13日(日)まで、目黒美術館区民ギャラリーにて、art photo展 2019「とき〜時〜」が開催される。約100人の若手フォトグラファーの作品を展示する写真展。展覧会タイトルにもなっている「とき〜時〜」をテーマに、フォトグラファー各自の世界観が表現されている。入場無料で、時間は10:30〜17:30。
本展に出品しているのは、一般社団法人日本アート教育振興会が認定するプラクティカルフォト認定講座の準1級以上を取得し、撮影スキルやさまざまなアプローチ、表現方法などをしっかりと身につけた若手フォトグラファーたちだ。“art photo”とは、一般社団法人日本アート教育振興会が“フォトグラファーの伝えたいメッセージや主張が込められたコンセプトのある作品写真”と位置付けているもの。出品者には、既に受賞歴があったり、フリーランスで活躍していたりするフォトグラファーも含まれている。
本展では、同じテーマでフォトグラファーそれぞれが自分なりの表現を展開。同じスキルを身につけたが、1人1人違った表現やメッセージを作品にしている。会期中には、来場者投票やプロ、協賛企業による入賞者の選出を実施。なお、展示作品は会場でスタッフに声を掛けることで購入もでき、展覧会終了後に引き渡しが行われる。
■期間:
2019年10月9日(水)~10月13日(日)

■開催場所:
目黒美術館区民ギャラリー
東京都目黒区目黒2-4-36

■問い合わせ先:
一般社団法人日本アート教育振興会
url. https://jeara.jp/artophotoex-2019/

■関連記事
“ニベアクリーム”の缶をデコレーションした作品を募集する「フォーチュンデコ缶コンテスト」 (2019.10.9)
異色のファンタジー作品「はたらく細胞」の世界をより深く楽しめる原画展がスタート (2019.10.9)
コスチューム・アーティストのひびのこづえ氏の展覧会「みる・きる・つくる」 (2019.10.8)
次世代を担う若手の発掘を目的とした公募展“第21回写真「1_WALL」展” (2019.10.8)

約100人の若手フォトグラファーが“とき〜時〜”をテーマに各自の表現を展開する「art photo展 2019」