振動で置いたものをスピーカーに!しかも材質で音が変化する「振動スピーカー」

イメージ
EEYANは、置いたものを振動でスピーカーにできる「振動スピーカー」について、クラウドファンディングサイトMakuakeに出品している。本稿執筆時点での価格は11,560円~(税込)。発送は12月末までの予定。
本製品は直接ものを震わせて音を伝える骨伝導テクノロジーを使用した振動スピーカー。リビングのテーブル、床、冷蔵庫、キャビネット、身の回りの家具、ボンネット、サーフボード、ダンボールなどに置けば、置いたものから音が発せされる。
置いたもののサイズがそのまま口径になる置いたもののサイズがそのまま口径になる
しかも、木や金属、置くものの形状によって柔らかくなったり力強い重低音になったりと、音質の違いが楽しめる。

小型ながら10Wのパワフルサウンドが可能で、しかも振動で音を出すので重低音に強く、サブウーファー並みの重低音の40Hzを実現する。

Bluetooth5でスマートフォンやノートパソコンなどと接続が可能で、最大10mの通信距離で使用できる。

サイズは直径φ約54×63mm。フル充電からは最大6時間再生。カラーはスノーシルバー、スペースブラック、さくらピンク。
イメージイメージ
「振動スピーカー」
価格:11,560円~(税込)
URL:https://www.makuake.com/project/sound-alpha/
2019/10/09

■関連記事
ドリームチーム、デスクワークしながら「ゆらゆら運動」ができるスイング・スツールを発売 (2019.10.9)
STAYER、USB給電も可能な防災ワンセグテレビラジオを発売 (2019.10.9)
SKT、E-inkパネルを搭載した13.3型Androidタブレット「Boox Max3」を発売 (2019.10.9)

振動で置いたものをスピーカーに!しかも材質で音が変化する「振動スピーカー」