Twitter、2要素認証用の個人データを誤って広告に使っていたと謝罪(停止済み)

Twitterが、2要素認証用に集めたユーザーのメールアドレスと電話番号を誤ってターゲティング広告に流用してしまっていたと報告し、謝罪した。影響を受けた人数は公表せず、謝罪して再発防止に務めると約束した。

Twitter、2要素認証用の個人データを誤って広告に使っていたと謝罪(停止済み)