STAYER、USB給電も可能な防災ワンセグテレビラジオを発売

SH-GDTV-DC
株式会社STAYERホールディングスは、ワンセグテレビ「SH-GDTV-DC」を10月25日に発売すると発表した。
同製品は、2.0インチのカラー液晶と高感度のチューナーを搭載したワンセグテレビで、FM/AMラジオ、ワイドFMも受信できる。初期設定不要で「スキャン」ボタンを押すだけで簡単に設定可能。「画面 入/切」ボタンを使用することで、ワンセグテレビ視聴中の画面をオフにして、ラジオのように音声のみで地上デジタル放送を聴取できる。

アルカリ乾電池のほか、USB ACアダプターからの給電でも使用可能。アルカリ乾電池使用時の連続使用時間は、ワンセグテレビの場合で約14時間、テレビの映像をオフにして音声のみで聴取する場合は約20時間連続で使用できる。

サイズは65×120×20mm、重量は約85g。
株式会社STAYERホールディングス
価格:オープン
URL:https://stayer.co.jp
2019/10/08

■関連記事
SKT、E-inkパネルを搭載した13.3型Androidタブレット「Boox Max3」を発売 (2019.10.9)
座り作業と立ち作業を簡単に切り替えられる「パーソナル昇降デスク」発売 (2019.10.8)
インテリアショップ「KEYUCA」の日本製298円靴下に、秋冬らしいカラーなど新作33種が仲間入り (2019.10.8)

STAYER、USB給電も可能な防災ワンセグテレビラジオを発売