キヤノン、簡単自撮りとSNS共有に優れるミラーレス「EOS M200」発売

ホワイト
キヤノン株式会社とキヤノンマーケティングジャパン株式会社は、ミラーレスカメラの新モデルとして「EOS M200」を10月18日に発売すると発表した。価格はオープンで店頭予想価格は8万5,500円(税別)。
本製品は、2017年10月に発売された「EOS M100」の後継モデル。有効画素数約2410万画素のAPS-Cサイズ CMOSセンサーと映像エンジンDIGIC 8を搭載。高画質な写真や動画を撮影、共有したいSNSユーザーやスマホユーザーむけのステップアップ機として開発された。

簡単に持ち歩いてどこでも撮影ができるように小型(約幅108.2×高さ67.1×35.1mm)、軽量(約299g)ボディを実現。

また、撮影モードの効果が写真やイラストで表示される「ビジュアルガイド」を搭載し、初心者が最初に持つミラーレスとしても使いやすいようになっている。

そのほか、上方向に約180°回転するチルト式液晶モニターを使って自分の姿をリアルタイムで確認しながら背景のぼかし具合や美肌効果などを調整できる自撮りに向いた機能や、スマートフォンとの連携、撮影した写真を簡単にSNSにシェアできるWi-Fi⁄Bluetooth対応といった機能も備える。
「EOS M200」
価格:8万5,500円円(税別)
URL:https://canon.jp/newsrelease/2019-10/pr-eos-m200.html
2019/10/08

■関連記事
エレコム、パソコン用FPSゲーム向けデバイス「ARMA」から計14アイテム発売 (2019.10.8)
DISCOVER、ナス型のエアピローAubergine Pillowを発売 (2019.10.8)
文字の中にかわいい犬が登場!印鑑はんこSHOPハンコズから、隠し絵風のはんこ「ひょっこりわん」 (2019.10.8)
インテリアショップ「KEYUCA」の日本製298円靴下に、秋冬らしいカラーなど新作33種が仲間入り (2019.10.8)

キヤノン、簡単自撮りとSNS共有に優れるミラーレス「EOS M200」発売