[IT関連ニュース]ホームページ制作|名古屋・愛知|ファイナルフロンティア ファイナルフロンティアのIT関連ニュース一覧 https://www.final-frontier.jp/itnews/rss.cgi ja ファイナルフロンティア ディープフェイクのプーチン大統領にインタビュー─MITのカンファレンスで実演 https://japan.cnet.com/article/35142835/ マサチューセッツ工科大学(MIT)が、リアルタイムで利用できるディープフェイク技術を披露した。MIT Technology Review編集長が、ディープフェイクのプーチン大統領とのインタビューを実演した。 CNET Japan 最新情報 総合 Thu, 19 Sep 2019 10:51:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 Appleの広報担当副社長が退社 フィル・シラー氏が引き継ぎ https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/19/news070.html Appleの広報全般を統括するコミュニケーション担当副社長、スティーブ・ダウリング氏が10月末に退社する。後任はまだ決まらず、当面はワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏が業務を引き継ぐ。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 10:33:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 ソニーが未来の技術を一挙に公開─人の目を超えたイメージセンサーから5G時代の映像制作まで https://japan.cnet.com/article/35142830/ ソニーが未来の技術を一挙に公開した。9月18日に「Sony Technology Day」を開催。センシング技術やロボティクス技術、5G IP伝送関連技術などを「つなぐ」「解き放つ」「超える」の3つに分け、12の技術を紹介した。 CNET Japan 最新情報 総合 Thu, 19 Sep 2019 10:30:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 Amazon、高品質楽曲だけを揃えた音楽聴き放題サービス「Amazon Music HD」発表 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67930/ 発表資料 Amazonは、配信でもCD音質と同等以上の高品質楽曲を揃えた新しい音楽配信サービス「Amazon Music HD」を提供開始すると発表した。新規会員登録は月額1,780円、Amazon Music Unlimitedに登録済みのユーザーは現在の支払い料金に月額1,000円追加でアップグレードが可能(期間限定で、Amazon Music Unlimited既存会員は90日間、追加料金なしでAmazon Music HDにアップグレード可能。新規会員登録者は90日間の無料体験が可能)。 「Amazon Music HD」は、楽曲の音質にこだわった音楽配信サービス。J-POPからジャズ、クラシック、アニメ、ゲームのサウンドトラックなど、6,500万曲以上のHigh Definition (HD)楽曲、数百万曲のUltra High Definition(Ultra HD)楽曲が揃う。特にUltra High Definition(Ultra HD)は、CD音質よりも優れているビット深度24と最大192 kHzのサンプルレートで、配信サービスにおける現時点の最高音質を実現している。利用可能なデバイスはデスクトップパソコンやiOS/Androidのモバイル端末、一部のAmazon Echoシリーズ、Fire TV、Fireタブレットなどを含む、さまざまなデバイスとなっている。 発表資料URL:https://amazon-press.jp/2019/09/19 ■関連記事 ソニー、PlayStation VRが1万円引きになる「今が買いドキ! PS VR! キャンペーン」開催 (2019.9.19) 実はスマホ決済には連立陣営があった、メルペイ・LINE Pay・d払いにau PAYが加入 (2019.9.19) Amazon、店舗のロッカーやカウンターで荷物受け取り可能な「Amazon Hub」発表 (2019.9.19) MdN Design Interactive 最新記事 Thu, 19 Sep 2019 10:18:24 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 ソニー、PlayStation VRが1万円引きになる「今が買いドキ! PS VR! キャンペーン」開催 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67929/ 発表資料 ソニーは、PlayStation4用バーチャルリアリティシステム「PlayStation VR」について、キャンペーン対象店舗においてスペシャルセール「今が買いドキ! PS VR! キャンペーン」を実施すると発表した。 今回のキャンペーンでは、PS VR(CUH-ZVR2)とPS CameraにPS VR専用タイトル「PlayStation VR WORLDS」を同梱した「PlayStation VR "PlayStation VR WORLDS" 同梱版」が、通常希望小売価格(税抜)3万4980円から1万円引きとなる2万4980円(税抜)で販売される。実施期間は2019年9月19日(木)~9月30日(月)。同社では、この機会にPS VRを購入し「ASTRO BOT:RESCUE MISSION」「みんなのGOLF VR」といった魅力的なVRゲームの世界に触れてほしいとしている。また、新作の「マーベルアイアンマン VR」も予定している。 発表資料URL:https://www.jp.playstation.com/blog/detail/8914/20190917-psvr.html2019/09/19 ■関連記事 Amazon、高品質楽曲だけを揃えた音楽聴き放題サービス「Amazon Music HD」発表 (2019.9.19) 実はスマホ決済には連立陣営があった、メルペイ・LINE Pay・d払いにau PAYが加入 (2019.9.19) Amazon、店舗のロッカーやカウンターで荷物受け取り可能な「Amazon Hub」発表 (2019.9.19) ゆうちょPay、「使えるお店検索」「クーポン機能」といった新機能を導入 (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Thu, 19 Sep 2019 10:07:50 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 さまざまなジャンルの「カワイイ」作品が集まる約6年振りの企画展「原宿カワイイ展」 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67926/ 「原宿カワイイ展」 2019年9月22日(日)から9月28日(土)まで、Design Festa Galleryにて「原宿カワイイ展」が開催される。約6年振りの復活となる企画展。イラスト、ファッション、雑貨、フィギュアなど、さまざまなジャンルの「カワイイ」作品が集まる。時間は11:00~20:00(最終日は19:00まで)。 本展は、出展アーティストの公募の開始後に出展枠が即完売し、その後にさらに開催規模を拡大した注目の企画展だ。キャリアも年齢も性別もさまざまなアーティストやクリエイターが出展し、20組以上が登場予定。スペース内にはアーティストごとのブースが並び、SNE映えする「カワイイ」スポットの設置も予定されている。展示では、今や国際的に使われる用語にもなった日本の「カワイイ」文化の魅力を感じることが可能。1週間にわたり、会場が「カワイイ」で埋め尽くされる。 出展予定作家は、spinycream/おかぴーこ/伊藤萌果/T’s Style x Najewdael1/伴田康介/kuuai/Lolita Dichotomic/mineco/たまてばこ/ふたばせあた/凹ミ/田島浩司/横田紗礼/星宮みう/Vanity Kei/KawaiiEngineer/みみ/みしゃむーそ/振悶亭めこ/ろりぽっぷ・みく/ハードロマンチッカー/あまいけかな/百/青山マリー/Maisulley。 ■期間:2019年9月22日(日)~9月28日(土)■開催場所:DESIGN FESTA GALLERY EAST 101/AP東京都渋谷区神宮前3-20-2■問い合わせ先:デザインフェスタ有限会社url. https://designfestagallery.com/ ■関連記事 長年にわたり京都を撮り続けてきた甲斐扶佐義氏の写真展「京都詩情」が二条城で開催 (2019.9.19) 本物と見間違えるほど精巧なミニチュア作品が集まる「ミニチュア写真の世界展」が大阪で初開催 (2019.9.19) 塩ビ素材の特徴を生かした製品を公募して表彰する「PVC Award 2019」 (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Thu, 19 Sep 2019 09:45:00 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 長年にわたり京都を撮り続けてきた甲斐扶佐義氏の写真展「京都詩情」が二条城で開催 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67925/ シャボン玉と少女1991 2019年9月21日(土)から10月6日(日)まで、二条城にて、写真家の甲斐扶佐義氏の初の回顧展「京都詩情」が開催される。「ニュイ・ブランシュKYOTO 2019」のプログラムの1つとしての開催。同氏の作品を愛するフランス人のパスカル・ボース氏(フランス国立造形芸術センター/写真部門責任者)のキュレーションにより、これまで世界各国で紹介されてきた「Kai」の魅力を味わえる。 1949年大分県生まれの甲斐扶佐義氏は、2015年に火災で失われた喫茶店「ほんやら洞」や、今でもさまざまな文化人が集う「Bar八文字屋」の経営者としても知られている。そのほか、文筆家としても活動。1990年代には京都新聞紙上でフォト&エッセイを連載し、2001年からは連続的に欧米各地で招待個展を開催した。これまでに、「路地裏の京都」「Beautiful Women in Kyoto」「京都の子どもたち」など、40冊以上の写真集を出版している。 甲斐氏の作品は、芸術家の集う店、美女と猫、通りで遊ぶ子どもたち、夕立の中で買い物へ出るお婆さんなど、被写体へ向けられた眼差しの暖かさに満ちていることが特徴。本展では、1960年代から現在に至るまで、京都のさまざまな出来事をとらえ続けてきた独特の詩情が漂う同氏の作品を堪能できる。 会期中無休、開場時間は8:45~17:00(入城時間は16:00まで/9月は城自体の開場時間は8:00から)で、ニュイ・ブランシュ開催日の10月5日は18:00~22:00も開場(最終入城は21:45)。観覧料金は無料だが、別途に入場料(9月30日までは一般600円/10月1日からは一般620円)が必要で、18:00以降は写真展会場のみ公開であるため入城料は不要となる。 ■期間:2019年9月21日(土)~10月6日(日)■開催場所:世界遺産 元離宮二条城 二の丸御殿台所(重要文化財)京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541■問い合わせ先:MUZ ART PRODUCEtel. 075-205-5396url. https://muz-art.jp/kai-exhibition/ ■関連記事 さまざまなジャンルの「カワイイ」作品が集まる約6年振りの企画展「原宿カワイイ展」 (2019.9.19) 本物と見間違えるほど精巧なミニチュア作品が集まる「ミニチュア写真の世界展」が大阪で初開催 (2019.9.19) 塩ビ素材の特徴を生かした製品を公募して表彰する「PVC Award 2019」 (2019.9.18) 写真教室「ファッション系フォトグラファーが教えるスタジオライティング」が9月29日に開催 (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Thu, 19 Sep 2019 09:45:00 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 本物と見間違えるほど精巧なミニチュア作品が集まる「ミニチュア写真の世界展」が大阪で初開催 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67924/ 展示作品 2019年9月25日(水)から9月30日(月)まで、ルクア 9FのLUCUAホールにて「ミニチュア写真の世界展 in 大阪」が開催される。株式会社BACONが主催する人気の合同写真展&物販展で、大阪では初開催。大阪限定の新作展示に加え、会場でしか購入できない限定グッズも展開される。 本展では、本物かと見間違うほど精巧に作られたミニチュア作品が集合。りっこ氏や竹田文子氏らに加え、Instagramで人気のmeet氏や西美加子氏なども初出展し、計32組の出展が予定されている。展示作品数は150点で、物販総数は1000点超。大阪初登場のミニチュア作品として、K.C.Factory氏による「空飛ぶハロウィン」は、制作に100時間がかけられており、作品は会期中に休むことなく浮かび続ける。 この展覧会では、ミニチュア模型作品と同時に、各自が作り上げたミニチュアを撮影した写真も紹介することが特徴だ。写真作品と立体作品を同時に展示することで、来場者はミニチュアの世界に迷い込んだような感覚を味わえる。さらに、館内は全て撮影OK。さまざまな角度から撮影し、SNSへの投稿などを楽しめる。 開催時間は10:00〜21:00(最終日は18:00閉場)で、入場料は500円(3歳以下無料)。 展示作品 展示作品 展示作品 ■期間:2019年9月25日(水)~9月30日(月)■開催場所:LUCUAホール大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア 9F■問い合わせ先:株式会社BACONtel. 03-5809-3917url. http://tgs.jp.net/event/miniature-lucua ■関連記事 さまざまなジャンルの「カワイイ」作品が集まる約6年振りの企画展「原宿カワイイ展」 (2019.9.19) 長年にわたり京都を撮り続けてきた甲斐扶佐義氏の写真展「京都詩情」が二条城で開催 (2019.9.19) 塩ビ素材の特徴を生かした製品を公募して表彰する「PVC Award 2019」 (2019.9.18) 写真教室「ファッション系フォトグラファーが教えるスタジオライティング」が9月29日に開催 (2019.9.18) リコーデザインと大田区の町工場8社がコラボした「GOOD ENOUGH」の新作展示会がスタート (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Thu, 19 Sep 2019 09:45:00 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 実はスマホ決済には連立陣営があった、メルペイ・LINE Pay・d払いにau PAYが加入 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67928/ 発表資料 KDDI株式会社は、株式会社メルペイ・LINE Pay株式会社・株式会社NTTドコモとキャッシュレスの普及促進を目的とした業務提携に関する基本合意書を締結したと発表した。 スマホ決済サービスでは、まず最初にメルペイとLINE Payがモバイルペイメントにおける加盟店アライアンス「Mobile Payment Alliance(MoPA)」を設立。そこに6月にドコモのd払いが加入する形になっていた。さらに今回、au PAYを運営するKDDIが加わることにより日本国内のキャッシュレスの普及促進をめざすとしている。具体的な業務提携内容は、「メルペイ」「LINE Pay」「d払い」「au PAY」による他サービスのMPM方式のQRコード読み取り・決済に対応する。店舗事業者は、いずれか1つのサービスのQRコードを設置するだけで4つのサービスを取り扱い可能になる。また利用者にとっては、利用中のサービスで支払いできる店舗が拡がることになる。 発表資料URL:https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2019/09/18/4023.html2019/09/19 ■関連記事 Amazon、高品質楽曲だけを揃えた音楽聴き放題サービス「Amazon Music HD」発表 (2019.9.19) ソニー、PlayStation VRが1万円引きになる「今が買いドキ! PS VR! キャンペーン」開催 (2019.9.19) Amazon、店舗のロッカーやカウンターで荷物受け取り可能な「Amazon Hub」発表 (2019.9.19) ゆうちょPay、「使えるお店検索」「クーポン機能」といった新機能を導入 (2019.9.18) ドコモ、「5Gプレサービス」を9月20日から開始。スマホはソニー・サムスン・LGの3機種 (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Thu, 19 Sep 2019 09:42:56 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 Mediumに「後で読む」機能 プラットフォーム横断で続きが読める https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/19/news064.html ソーシャルブログメディアのMediumが、読みかけの記事を後で読むための新機能「Save to Medium」を発表した。デスクトップ、iOS、Android横断で利用できる。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 09:29:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 Amazon、店舗のロッカーやカウンターで荷物受け取り可能な「Amazon Hub」発表 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67927/ image Amazonは、日本での新しい荷物受け取りサービスとして「Amazon Hub」を導入すると発表した。 置き配の実証実験や当日お急ぎ便など、荷物受け取りで改革を進める同社。新しいサービスでは、ユーザーが選択した希望の場所で、商品を受け取ることができる。受け取れる場所は「Amazon Hub ロッカー」と「Amazon Hub カウンター」の2つ。「Amazon Hub ロッカー」では、店舗に設置したロッカーを配送先に希望すれば商品が届けられる。ロッカーへ配達が完了すると、ユーザーには受け取り準備完了の通知メールが送信される。メールに記載されている受取バーコードをロッカーのスキャナーでスキャンするとロッカーが開き、商品を受け取れる。(保管期間は3日以内)。また、「Amazon Hub カウンター」は店舗スタッフから直接商品を受け取りできるサービス。配送先としてAmazon Hubカウンターを指定して店舗へ配達が完了すると、ユーザーへ受け取り準備完了の通知メールが送信される。こちらもメールに記載された受取バーコードをスキャンしてもらって商品を受け取る(保管の期間は14日以内)。ロッカー、カウンターを提供するパートナー企業はファミリーマート、小田急電鉄、富士シティオ、昭和女子大学、東京海上日動火災保険、ecbo、りらく、大学生協事業連合などで200か所を超えるAmazon Hubが利用可能になる。まずは9月中に、東京と神奈川で数十か所のAmazon Hubを開放。年末までには東京、神奈川を中心に約200か所へ拡大を予定する。2020年以降には日本全国に順次拡大予定としている。 発表資料URL:https://amazon-press.jp/Top-Navi/Press-releases/Presselist/Press-release/amazon/jp/Ops/Logistics20190918/2019/09/19 ■関連記事 Amazon、高品質楽曲だけを揃えた音楽聴き放題サービス「Amazon Music HD」発表 (2019.9.19) ソニー、PlayStation VRが1万円引きになる「今が買いドキ! PS VR! キャンペーン」開催 (2019.9.19) 実はスマホ決済には連立陣営があった、メルペイ・LINE Pay・d払いにau PAYが加入 (2019.9.19) ゆうちょPay、「使えるお店検索」「クーポン機能」といった新機能を導入 (2019.9.18) ドコモ、「5Gプレサービス」を9月20日から開始。スマホはソニー・サムスン・LGの3機種 (2019.9.18) 給与前払いサービスがスマホアプリ「前払いできるくん公式アプリ」を配信開始 (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Thu, 19 Sep 2019 09:25:39 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 パナソニックと連携13社が吹田市にスマートタウン─2022年にまちびらき予定 https://japan.cnet.com/article/35142826/ パナソニックはパートナー企業13社と吹田市との共創によるまちづくり構想「Suita サスティナブル・スマートタウン(以下、Suita SST)」を策定したことを発表した。吹田市岸部のパナソニック工場跡地に、多世代居住・地域共生・健康をテーマにしたまちづくりを行うもので、異業種が相互に連携し、分野横断で様々な取り組みを進め、タウンデータを活用した新しいサービスづくりにも取り組む。 CNET Japan 最新情報 総合 Thu, 19 Sep 2019 08:30:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 Facebook、テレビで動画チャットもできる「Portal TV」(149ドル)など、新デバイス発表 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/19/news062.html Facebookが昨年立ち上げた動画チャット端末「Portal」のラインアップを拡充し、テレビのHDMI端子に接続して大画面での動画チャットを可能にする「Portal TV」などの新製品を発表した。北米の他、欧州などで発売する。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 08:25:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 福岡発のスタートアップに寄り添う伴走者に─F Ventures両角代表インタビュー https://japan.cnet.com/article/35142084/ 福岡から世界を変える起業家を生み出そうとしているのが、福岡市を拠点とするベンチャーキャピタル(VC)であるF Ventures代表パートナーの両角将太氏だ。なぜ、福岡で投資を続けるのか、福岡はマーケットとしてどのような可能性を秘めているのか、同氏に話を聞いた。 CNET Japan 最新情報 総合 Thu, 19 Sep 2019 08:00:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 NTTドコモが異ベンダー間での4G、5G基地局装置相互接続に成功 https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/18/news096.html NTTドコモは、異なるベンダーの4G、5G基地局装置の間で相互接続に成功したと発表した。O-RAN Alliance仕様に準拠した基地局装置を用いた。5Gプレサービスで運用する。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 08:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 シャドーIT、設定監査、情報漏えい対策─「クラウドセキュリティ」はどこまで見るべきか https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/19/news049.html 注目が集まる「クラウドセキュリティ」、しかしその定義は人によって異なるため、「どこまで対応すべきかがよく分からない」という企業も少なくないだろう。マカフィーは報道関係者向けにクラウドセキュリティに関する勉強会を開催し、CASBの視点からクラウドセキュリティの現状を語った。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 08:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Kubernetes 1.16がリリース、CRDはGAに、WindowsではサードパーティCSIプラグインサポート https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/19/news057.html Kubernetesプロジェクトは2019年9月18日(米国時間)、Kubernetes 1.16をリリースした。Kubernetesの拡張メカニズムであるCRDのAPIが一般提供(GA)に到達、WindowsサポートではサードパーティCSIプラグイン対応などを強化、エンドポイントリソース管理の拡張性を増す新たなAPIが登場した。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 08:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 IBM、53量子ビットの新型量子コンピュータを発表 https://japan.cnet.com/article/35142834/ IBMが同社にとって第14世代めとなる量子コンピュータを発表。同システムの心臓部には前世代に比べて2倍以上となる53個の量子ビットが搭載されている。 CNET Japan 最新情報 総合 Thu, 19 Sep 2019 07:57:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 遺跡の上、あえて建てた物流施設 Amazonも入居 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/19/news060.html 世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群のある大阪府藤井寺市で、遺跡の上に建てられた大型物流施設の取り組みが注目を集めている。企業側は立地の良さに着目。発掘調査の期間を含めた長めの工期をとって計画を立てた上に、展示スペースを設けて出土品を一般公開した。行政も評価する「遺跡に優しい開発」の実態とは。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 07:51:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 京アニ事件 青葉容疑者、命別条なくなる……逮捕に時間かかる見通し https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/19/news059.html 京アニスタジオで起きた放火殺人事件は、18日で発生から2カ月。京都府警が殺人などの容疑で逮捕状を取得した青葉真司容疑者(41)は、犯行時に重度のやけどを負い、ほぼ命に別条がない状態にまで回復したが、逮捕できる状態に回復するまではまだ時間がかかる見通しという。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 07:45:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 宇宙(そら)へ挑む「ガンプラ」 五輪応援に極限環境対応の工夫詰め込む https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/19/news058.html 2020年東京五輪・パラリンピックの期間中、「ガンダム」と「シャア専用ザク」の小型模型を宇宙に上げる計画が進行している。宇宙からガンダムがメッセージを送るのだ。宇宙は想像を超える過酷な環境で、「市販されているガンダムのプラモデル(ガンプラ)をロケットに載せればいい」とはいかない。4日にお披露目された両機の模型には、「地球連邦軍V作戦」並みの工夫が詰まっていた。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 07:34:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 メルペイ、ライバル各社と大胆に連携─ドコモ、LINEに続きKDDIも参画 https://japan.cnet.com/article/35142827/ メルペイは9月18日、メルペイカンファレンス「MERPAY CONFERENCE 2019 SEP」を開催。2019年は、「信用を軸にした新たなエコシステム(TRUST & OPENNESS)」をテーマに、新規パートナーや今後の戦略について披露した。 CNET Japan 最新情報 総合 Thu, 19 Sep 2019 07:00:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 400万ユーザー突破のメルペイ、次の成長のカギは「連携強化」 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/19/news053.html メルペイが「メルペイあと払い」での分割払い対応や、メルカリと連携した出品支援などの新サービスを発表。コード決済普及に向け、競合企業との連携も強化する。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 07:00:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 「Googleアシスタント」の声、日本でも赤(女性)とオレンジ(男性)の2択に https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/19/news056.html Googleのスマスピなどに搭載されている「Googleアシスタント」の声が、これまでの女性の声だけでなく、男性の声も選べるようになった。ジェンダーに配慮し、音声の名称は日本の場合、女性が赤、男性はオレンジだ。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 06:56:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 BLUEDOT、PD対応で60W出力が可能なモバイルバッテリーを発売 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67923/ BMB-PDH202 BLUEDOT株式会社は、容量20000mAhのモバイルバッテリー「BMB-PDH202」を10月下旬に発売すると発表した。 同製品は、USB PD(Power Delivery)による60W出力が可能なUSB TYpe-C端子を装備したモバイルバッテリー。QC(Quick Charge)3.0に対応したUSB Type-A端子も装備しており、最大18W出力が可能だ。過充電、過放電、過電圧、過電流、短絡、温度など各種保護回路を搭載。サイズは175×80×23mm、重量は約535g。 BLUEDOT株式会社価格:税込4980円(9月30日までは先割価格4480円で購入可能)URL:https://www.bluedot.co.jp/store/products/detail.php?product_id=5052019/09/19 ■関連記事 サードウェーブ、人気ゲーム「テイルズウィーバー」の動作確認済みPCを発売 (2019.9.19) 阪和、USBで充電できるポータブル加湿器を2モデル発売 (2019.9.18) センター商事、ハンドルと車輪付きで持ち運びが簡単なBluetoothスピーカーを発売 (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Thu, 19 Sep 2019 06:10:15 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 サードウェーブ、人気ゲーム「テイルズウィーバー」の動作確認済みPCを発売 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67922/ 「テイルズウィーバー」 © 2009 NEXON Korea Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved. 株式会社サードウェーブは、全国のドスパラ店舗およびドスパラ通販サイトにて、「GALLERIA テイルズウィーバー 動作確認済みパソコン」のラインアップを更新して発売した。 同製品は、人気PCゲーム「テイルズウィーバー」の要求スペックを満たすだけでなく、快適に動作することを確認したゲーミングPC。CPUはAMD Ryzen 5 3600、グラフィックスはNVIDIA GeForce GTX1660Ti 6GBを搭載する。マザーボードはAMD B350 チップセットのマイクロATXマザーボードを採用。メモリは8GB、ストレージは1TB HDDおよび240GB SSDを搭載する。電源は500Wの静音電源(80PLUS BRONZE)を採用する。 株式会社サードウェーブ価格:10万9980円(税抜)URL:https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=639&mc=8894&sn=02019/09/19 ■関連記事 BLUEDOT、PD対応で60W出力が可能なモバイルバッテリーを発売 (2019.9.19) CCC、iPhone11対応ショルダー付きケースCross Body Caseを発売 (2019.9.18) 阪和、USBで充電できるポータブル加湿器を2モデル発売 (2019.9.18) センター商事、ハンドルと車輪付きで持ち運びが簡単なBluetoothスピーカーを発売 (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Thu, 19 Sep 2019 06:05:31 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 マルウェア感染などから簡単に回復できるWindows 10の「新たに開始」機能を使う https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1711/07/news021.html マルウェアに感染してしまったり、設定がおかしくなってしまったりした場合など、Windows 10を初期化して、これらの不具合を解消したいこともあるだろう。初期化の方法には幾つかあるが、本Tech TIPSではWindows Defenderの「新たに開始」機能を使って初期化する方法を紹介しよう。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 05:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 アカネちゃん、JVNに謝辞が載る https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/19/news005.html 情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす! 」の@ITバージョン。第17列車は「もしも脆弱性を発見したら」です。※このマンガはフィクションです。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 05:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 【 pvremove 】コマンド─物理ボリュームを削除する https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/19/news022.html 本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、LVMの物理ボリュームを削除する「pvremove」コマンドです。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 05:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 第1回 初めてのニューラルネットワーク実装、まずは準備をしよう ― 仕組み理解×初実装(前編) https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/19/news026.html 機械学習の勉強はここから始めてみよう。ディープラーニングの基盤技術であるニューラルネットワーク(NN)を、知識ゼロの状態から概略を押さえつつ実装してみよう。まずはワークフローを概観して、データ回りの処理から始める。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Thu, 19 Sep 2019 05:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 阪和、USBで充電できるポータブル加湿器を2モデル発売 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67920/ PR-HF027/PR-HF028 株式会社阪和は、USBで充電可能なポータブル加湿器を2モデル発売した。 両製品は、リチウムイオン電池を内蔵したポータブル加湿器で、持ち運んでオフィスや旅先など好きな場所で使用できる。ラインアップはバッテリー容量が1200mAhでタンク容量が140mlの「PR-HF027 充電式ポータブル加湿器 short」と、バッテリー容量が2500mAhでタンク容量が350mlの「PR-HF028 充電式ポータブル加湿器 long」の2製品。いずれも加湿能力は約50ml/h(±20ml)で、オートオフ機能を搭載。オートオフとなる時間はPR-HF027が3時間、PR-HF028は1・3・5時間から選択できる。カラーは両製品ともにホワイト、スモーキーピンク、パウダーブルー、ブラウンの4色。 価格(税抜):PR-HF027 2400円PR-HF028 2900円株式会社阪和URL:https://www.b-grow.com/product/pr-hf027/URL:https://www.b-grow.com/product/pr-hf028/2019/09/18 ■関連記事 BLUEDOT、PD対応で60W出力が可能なモバイルバッテリーを発売 (2019.9.19) サードウェーブ、人気ゲーム「テイルズウィーバー」の動作確認済みPCを発売 (2019.9.19) THT、浮遊するクロム球で時刻を示す時計STORYを発売 (2019.9.18) センター商事、ハンドルと車輪付きで持ち運びが簡単なBluetoothスピーカーを発売 (2019.9.18) WAYLLY、壁につくiPhoneケースよりトイ・ストーリー柄が登場 (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Wed, 18 Sep 2019 20:40:56 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 「雑務減らして練習増やす」「社内メール使いません」─東大アメフト部とメルカリの「Slack」活用術 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news126.html チャットツール「Slack」を提供する米Slack Technologiesが、カンファレンス「Frontiers Tour Tokyo」を開催。講演には東京大学アメフト部やメルカリなど、Slackと外部ツールを連携させている顧客が登壇。業務効率化などに役立つ活用法を紹介した。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 20:20:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 センター商事、ハンドルと車輪付きで持ち運びが簡単なBluetoothスピーカーを発売 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67918/ CICONIAパーティースピーカーBTC-3090 株式会社センター商事は、Bluetoothスピーカー「CICONIAパーティースピーカーBTC-3090」を、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて先行発売した。 同製品は、サイズが525×333×319mm、重量が約13.2kgのBluetoothスピーカー。ハンドルおよび車輪が付いており、簡単に持ち運ぶことができる。IP67の防水・防塵仕様で、8インチのウーファーと3インチのツイーターを搭載。パワー重視のD-classアンプを搭載する。Bluetooth接続のほか、USBメモリ内の音楽データ再生やAUX入力、マイク入力も可能。また、ラジオ機能やハンズフリー・ボイスアシスタント機能も搭載する。バッテリー容量は7000mAhで、スマートフォンへの充電が可能。音量MAXでBluetooth接続した状態で約10時間使用できる。LEDイルミネーションも搭載しており、2台のスピーカーを無線接続してステレオサウンドを楽しめるTWSシステムにも対応している。 株式会社センター商事価格:66000円(税込)URL:https://www.makuake.com/project/partyspeaker/2019/09/18 ■関連記事 BLUEDOT、PD対応で60W出力が可能なモバイルバッテリーを発売 (2019.9.19) サードウェーブ、人気ゲーム「テイルズウィーバー」の動作確認済みPCを発売 (2019.9.19) 阪和、USBで充電できるポータブル加湿器を2モデル発売 (2019.9.18) WAYLLY、壁につくiPhoneケースよりトイ・ストーリー柄が登場 (2019.9.18) Hamee、耐衝撃性iPhoneケースReflectionの新色パステルカラーを発売 (2019.9.18) 左右同時伝送対応で安定接続・低遅延・音質向上を実現した「完全ワイヤレスイヤホン」 (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Wed, 18 Sep 2019 20:10:37 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 ハイプラス、iPhone 11/11Pro/11ProMax対応の耐衝撃TPUクリアケースを発売 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67917/ 耐衝撃TPUケース 株式会社ハイプラスは、「iPhone11」および「iPhone11 Pro」、「iPhone 11 ProMax」に対応した耐衝撃TPUケースを9月20日に発売すると発表した。初回出荷の500個限定で、クーポン適用により80円オフの1000円(税込)で購入できる。 同製品は、米軍MIL-STD 810G-516.7規格に準拠した耐衝撃TPUクリアケースで、四隅に落下時の衝撃を吸収するエアポケットを備えており、端末を落としてしまった場合でも、落下時の衝撃を最小限に抑えられる。ケースの四隅には液晶画面側0.6mm、背面側1.0mmの高低差を付けて、浮かせることで傷や摩擦からガードする。好きなストラップを付けられるストラップホールを装備する。また、原料は紫外線による変色が起こりにくいドイツBayer社製のものを採用し、高い透明度を長時間維持することができる。 株式会社ハイプラス価格:1080円(税込)URL:https://www.hyplus.jp/hy-tpu4iphone11/2019/09/18 ■関連記事 ロア、ニヒルな猫の表情が特徴的な「ネコマンジュウ」のiPhone11用ケースを発売 (2019.9.18) ドコモが新しいiPhoneでの国内最速ダウンロードスピード1388Mbpsと発表 (2019.9.18) ケンコー、スマホでマクロ撮影が可能になる「リアルプロクリップレンズ 超接写6倍」を発売 (2019.9.17) MdN Design Interactive 最新記事 Wed, 18 Sep 2019 20:05:33 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 スマホ不要、本体に直接話しかけて操作するLED照明 アイリスオーヤマ https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news124.html アイリスオーヤマが、本体に直接話しかけて操作できるLED照明を発売する。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 19:45:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 5Gでゴルフの遠隔レッスン、AIがフォームを解析 ドコモらが実証実験 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news122.html 日本プロゴルフ協会とNTTドコモが、遠隔でゴルフレッスンを受けられるシステムを開発。5Gで送った高精細な映像とAIの解析結果を基にプロが遠隔で指導する。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 19:01:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 実写とレイトレーシングで現実感アップ、ソニーが技術開発 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news116.html ソニー・インタラクティブエンタテインメントがレイトレーシング技術で作成したリアルなCGを実写映像とリアルタイムに組み合わせる技術を披露した。リアルなCGを使った映画やゲームの制作が容易になる。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 18:22:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 ビル・ゲイツ氏、テック大手の分割は「解決策とは思えない」 https://japan.cnet.com/article/35142808/ マイクロソフトの共同創設者のビル・ゲイツ氏はBloombergのインタビューで、大手企業の分割が「解決策とは思えない」と述べた。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 18:16:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 Oracle Database 20cが登場、一部機能を期限なく無料で試せる「Always Free」を開始 https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/18/news086.html Oracleは年次イベント「Oracle OpenWorld 2019」において、自律型データベースの機能拡充や「Exadata」ポートフォリオの拡大、Oracle Autonomous DatabaseとOracle Cloud Infrastructureの一部機能を期限なしで無料で試せる「Always Free」、顧客データの自動保護ソリューションを発表した。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 18:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 CCC、iPhone11対応ショルダー付きケースCross Body Caseを発売 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67921/ CCCフロンティア株式会社は9月18日、「Cross Body Case」よりiPhone11 / iPhone11 Pro対応モデルの発売を発表した。おしゃれなショルダー付きのiPhoneケース。9月20日より、「UNiCASE」オンラインストアなどにて、3,800円(税抜)で販売を開始する。 本製品は、肩掛けタイプのスマホケース「Cross Body Case」のiPhone11 / iPhone11 Pro対応モデル。女性向けアイテムなどを取り扱うブランド「MAELYS LOUNA(マエリスルーナ)」より登場する。肩に掛けて持ち運ぶことで、スマホを落としづらくなるだけでなく、両手を自由に使うことができるので、旅行などの場面で使用しやすい。 本製品のカラーバリエーションは、全4種類でgray、beige、pink、blackを取り扱う。背面にはICカードが1枚入るポケット、ミラーが付属。ショルダーは5段階調節でき、取り外しも可能だ。 製品ページ:https://unicase.jp/maelyslouna/#!page1CCCフロンティア株式会社URL:https://www.cccfrontier.co.jp/価格:3,800円(税抜)2019/9/18 ■関連記事 BLUEDOT、PD対応で60W出力が可能なモバイルバッテリーを発売 (2019.9.19) サードウェーブ、人気ゲーム「テイルズウィーバー」の動作確認済みPCを発売 (2019.9.19) THT、浮遊するクロム球で時刻を示す時計STORYを発売 (2019.9.18) WAYLLY、壁につくiPhoneケースよりトイ・ストーリー柄が登場 (2019.9.18) Hamee、耐衝撃性iPhoneケースReflectionの新色パステルカラーを発売 (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Wed, 18 Sep 2019 17:43:50 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 THT、浮遊するクロム球で時刻を示す時計STORYを発売 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67919/ 株式会社THT Japanは9月18日、FLYTE社の浮遊する時計「STORY」の発売を発表した。浮かぶクロム球で時刻を示し、スタイリッシュな空間を演出。9月下旬より98,000円(税別)で販売を開始する。 「STORY」は浮遊するクロム球で時刻を可視化する時計。専用アプリケーションと連動する3種類の機能がある。LED時刻表示機能を搭載しており、「クロックモード」では、24hour・12hour、AM/PM表示に対応する。「タイマーモード」では、設定時間に応じてクロム球が一周する。「ジャーニーモード」では、記念日など設定した日に向けてクロム球が一周して可視化。 「STORY」の本体サイズは直径26.5cm×高さ5.6cmで、重量は1.4kg。クロム球の直径は1.6cm。バックライトの色は専用アプリでカスタマイズでき、時針・分針・秒針の移動する光として設定することも可能だ。 株式会社THT JapanURL:http://www.tht-japan.com価格:98,000円(税別)2019/9/18 ■関連記事 サードウェーブ、人気ゲーム「テイルズウィーバー」の動作確認済みPCを発売 (2019.9.19) CCC、iPhone11対応ショルダー付きケースCross Body Caseを発売 (2019.9.18) 阪和、USBで充電できるポータブル加湿器を2モデル発売 (2019.9.18) WAYLLY、壁につくiPhoneケースよりトイ・ストーリー柄が登場 (2019.9.18) Hamee、耐衝撃性iPhoneケースReflectionの新色パステルカラーを発売 (2019.9.18) 左右同時伝送対応で安定接続・低遅延・音質向上を実現した「完全ワイヤレスイヤホン」 (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Wed, 18 Sep 2019 17:15:14 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 180度視野の小規模会議向けビデオカメラ「Jabra PanaCast」─9月20日発売 https://japan.cnet.com/article/35142815/ GNオーディオジャパンは9月18日、180度視野のスマートパノラマ4Kプラグアンドプレイ会議用ビデオカメラ「Jabra PanaCast」(ジャブラ パナキャスト)を9月20日に発売すると発表。ハドルルーム向けのウェブカメラで、3基のカメラを搭載。180度視野の映像として映し出すのを特徴としている。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 17:05:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 WAYLLY、壁につくiPhoneケースよりトイ・ストーリー柄が登場 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67916/ 株式会社ケースオクロックは9月18日、スマホケースブランド『WAYLLY』より「トイ・ストーリー」デザインの発売を発表した。壁にくっつくiPhoneケースより登場するウッディやバズ・ライトイヤーなどのキャラクター柄。WAYLLY楽天市場店などにて、3,500円(税抜)にて販売する。 本製品は、「WAYLLY」より新たに登場する「トイ・ストーリー」デザインモデル。ナノレベルの吸盤で、壁にくっつくことが特徴のスマホケースだ。全11種類のデザインとなっており、登場キャラクターは、ウッディ、バズ・ライトイヤー、ボー・ピープ、フォーキー、ジェシー、レックス、ハム、エイリアン、ダッキーアンドバニーとなっている。各キャラクターデザインが9種類、総柄が2種類の全11デザインだ。 本製品のケースサイズは5種類。iPhone6/6s/7/8兼用サイズ、iPhoneX/Xs兼用サイズ、iPhone6Plus/6sPlus/7Plus/8Plus兼用サイズ、iPhoneXRサイズ、iPhoneXsMAXサイズだ。 WAYLLYURL:https://waylly.com/価格:3,500円(税抜)2019/9/18 ■関連記事 CCC、iPhone11対応ショルダー付きケースCross Body Caseを発売 (2019.9.18) THT、浮遊するクロム球で時刻を示す時計STORYを発売 (2019.9.18) センター商事、ハンドルと車輪付きで持ち運びが簡単なBluetoothスピーカーを発売 (2019.9.18) Hamee、耐衝撃性iPhoneケースReflectionの新色パステルカラーを発売 (2019.9.18) 左右同時伝送対応で安定接続・低遅延・音質向上を実現した「完全ワイヤレスイヤホン」 (2019.9.18) エレコム、MacBookProやMacBookAir専用の新しいスリーブ型インナーケースを発売 (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Wed, 18 Sep 2019 16:30:34 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 Facebook、コンテンツを監督する独立委員会設置に向け詳細示す https://japan.cnet.com/article/35142789/ Facebookは、コンテンツの削除などを監督する独立組織を設ける計画の詳細を発表した。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 16:16:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 メルペイ、店舗向けの5%還元キャンペーン発表─決済手数料は2020年6月末まで0%に https://japan.cnet.com/article/35142811/ メルペイは9月18日、メルペイカンファレンス「MERPAY CONFERENCE 2019 SEP」を開催。同イベントにて、加盟店向けの還元キャンペーン施策を発表した。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 15:52:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 Hamee、耐衝撃性iPhoneケースReflectionの新色パステルカラーを発売 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67915/ Hamee株式会社は9月18日、「iFace Reflection(リフレクション)強化ガラス クリアケース」よりパステルカラー3色を発売した。強化ガラスが持つ透き通るデザイン性と耐衝撃性が特徴のiPhone XS/X/XR/8/7専用ケース。Hamee楽天市場店にて、3,400円(税抜)で先行予約販売を開始している。 本製品は、耐衝撃性と手に馴染むフィット感を備えたiPhoneケース。「ピンク」「ミント」「パープル」の3色が登場する。米軍用規格準拠(MIL-STD-810)の耐衝撃性となるTPUと強化ガラスを使用している。形状は同社の「First Class」シリーズのものを引き継いだSラインで握りやすい仕上がりだ。また、ガラス素材は表面硬度9Hなので、傷が付きにくく黄ばみづらい。 本製品のサイズは全3種類。iPhone 8・7用、iPhone XS・X用、iPhone XR用を取り扱う。主素材は、アルミノシリケートガラス、TPUとなっている。 製品ページ:https://item.rakuten.co.jp/keitai/41-914/Hamee株式会社URL:https://hamee.co.jp/価格:3,400円(税抜)2019/9/18 ■関連記事 CCC、iPhone11対応ショルダー付きケースCross Body Caseを発売 (2019.9.18) THT、浮遊するクロム球で時刻を示す時計STORYを発売 (2019.9.18) WAYLLY、壁につくiPhoneケースよりトイ・ストーリー柄が登場 (2019.9.18) 左右同時伝送対応で安定接続・低遅延・音質向上を実現した「完全ワイヤレスイヤホン」 (2019.9.18) エレコム、MacBookProやMacBookAir専用の新しいスリーブ型インナーケースを発売 (2019.9.18) ユニクロ、河村康輔氏のコラージュも採用されたグラフィックTシャツ「ドラゴンボールUT」を発売 (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Wed, 18 Sep 2019 15:51:46 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 アマゾン、独自の宅配ロッカー発表 対人のカウンターも 年内に約200カ所設置へ https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news100.html アマゾンジャパンが、駅やコンビニなどに商品を届ける配送サービス「Amazon Hub」を発表。「Amazon Hub ロッカー」と、スタッフが荷物を受け渡す「Amazon Hub カウンター」を展開する。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 15:42:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 エクアドルでほぼ全国民の個人情報流出の恐れ─捜査や対策進む https://japan.cnet.com/article/35142799/ エクアドルで国民2000万人超の情報が流出したとされる。政府による捜査や、個人情報保護に向けた対策が進められている。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 15:06:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 「PlayStation Now」、対象年齢を18歳以上に変更 CERO Zタイトルを追加 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news092.html 定額制のストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」の対象年齢が18歳以上に変更。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 14:33:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 オンライン動画学習「Schoo」がKDDIと提携─遠隔教育プラットフォームを開発へ https://japan.cnet.com/article/35142390/ 生放送のオンライン動画学習サービス「Schoo」を運営するSchooは9月18日、KDDI Regional Initiatives Fund 1号から資金を調達したと発表した。あわせて、KDDIとの業務提携契約を締結した。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 14:00:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 グーグル、「Nest Wifi」を発表予定か─「Googleアシスタント」スピーカー機能も搭載 https://japan.cnet.com/article/35142802/ グーグルが「Nest」ブランドで刷新したWi-Fiルーターを、10月に開催するイベントで発表する可能性があるという。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 13:34:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 ドコモ、5Gプレサービスをスタート ドコモショップに体験コーナー https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news084.html ドコモが5G通信のプレサービスを始める。一部ドコモショップに5G体験コーナーを設置する他、法人向けの5Gサービス検証環境を強化する。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 13:26:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 ゆうちょPay、「使えるお店検索」「クーポン機能」といった新機能を導入 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67914/ クーポン機能イメージ 株式会社ゆうちょ銀行は、同社が運営する決済サービスゆうちょPayに複数の新機能を導入すると発表した。 ゆうちょPayは、支払いの際にゆうちょ銀行の口座から直接引き落としで決済ができるスマホ決済サービス。今回追加されるのは3つの追加機能。ひとつはゆうちょ Payが使えるお店等を検索できる「使えるお店検索機能」。ふたつめは、アプリ内で取得したクーポンをゆうちょ Pay が使えるお店で利用できる「クーポン機能」、みっつめは店頭に掲示してあるQRコードをユーザーが読み取り、金額等を入力して支払いを完了できる「ユーザー入力型静的 QRコード決済機能」となっている。どの機能も、複数あるスマホ決済サービスではすでに導入済みの機能であり、ゆうちょPayも他サービスに並ぶ機能を導入し、乱立するスマホ決済サービスにおいて存在感を高める狙いがある。 発表資料URL:https://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/press/2019/pdf/pr190917.pdf2019/09/18 ■関連記事 ソニー、PlayStation VRが1万円引きになる「今が買いドキ! PS VR! キャンペーン」開催 (2019.9.19) 実はスマホ決済には連立陣営があった、メルペイ・LINE Pay・d払いにau PAYが加入 (2019.9.19) Amazon、店舗のロッカーやカウンターで荷物受け取り可能な「Amazon Hub」発表 (2019.9.19) ドコモ、「5Gプレサービス」を9月20日から開始。スマホはソニー・サムスン・LGの3機種 (2019.9.18) 給与前払いサービスがスマホアプリ「前払いできるくん公式アプリ」を配信開始 (2019.9.18) Appleの新しいゲームサービス「Apple Arcade」、正式版より早く遊べるように (2019.9.17) MdN Design Interactive 最新記事 Wed, 18 Sep 2019 12:54:56 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 Facebook、ARメガネ開発でレイバンなど展開のLuxotticaと提携か https://japan.cnet.com/article/35142787/ FacebookがARメガネの開発で、サングラスブランド「Ray-Ban」や「Oakley」などのサングラスブランドを傘下に持つLuxotticaと提携していると報じられている。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 12:47:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 左右同時伝送対応で安定接続・低遅延・音質向上を実現した「完全ワイヤレスイヤホン」 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67913/ 「SoundLiberty 77」 株式会社SUNVALLEY JAPANは、オーディオ・家電ブランドTaoTronicsの完全ワイヤレスイヤホン「SoundLiberty 77」を9月18日(水)より発売すると発表した。市場想定価格は7,000円前後。 これまでの、完全ワイヤレスイヤホンでは片方のイヤホンが親機となりもう片方のイヤホン(子機)に信号を送りステレオ再生を可能にしていた。しかし日本の都市部など人口や電波が多い環境では干渉を受けることが多く、再生中に音が途切れたりするなど接続に不安定な面があるのが問題となっていた。本製品は、Airoha社のMCSync テクノロジーで左右同時伝送を実現。一般的な完全ワイヤレスイヤホンよりも途切れにくく、接続性能やラグを感じにくい低遅延仕様となっている。機能面では、快適な使用感を実現する"オートペアリング"や"タッチコントロール"、完全防水性能やHi-Fi仕様のオーディオ設計といったハイスペックな仕様も採用している。 「SoundLiberty 77」市場想定価格:7000円前後URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B07W1F17WF2019/09/18 ■関連記事 THT、浮遊するクロム球で時刻を示す時計STORYを発売 (2019.9.18) WAYLLY、壁につくiPhoneケースよりトイ・ストーリー柄が登場 (2019.9.18) Hamee、耐衝撃性iPhoneケースReflectionの新色パステルカラーを発売 (2019.9.18) エレコム、MacBookProやMacBookAir専用の新しいスリーブ型インナーケースを発売 (2019.9.18) ユニクロ、河村康輔氏のコラージュも採用されたグラフィックTシャツ「ドラゴンボールUT」を発売 (2019.9.18) HTC、解像度が向上した新型ヘッドマウントディスプレイ「VIVE COSMOS」を発売 (2019.9.18) MdN Design Interactive 最新記事 Wed, 18 Sep 2019 12:41:47 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 ドコモ、「5Gプレサービス」を9月20日から開始。スマホはソニー・サムスン・LGの3機種 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67912/ 発表資料 株式会社NTTドコモは、第5世代移動通信方式(5G)として割り当てられた周波数帯および商用装置を用いた「5Gプレサービス」を9月20日(金曜)より開始すると発表した。 プレサービスでは、2020年春に開始する5G商用サービスと同じ5G無線基地局、ネットワーク装置や同じ周波数帯を利用。ビジネス創出を本格的に開始することに加え、5G商用サービスと同環境を体験することができる。体験用に提供される端末は、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社、サムスン電子株式会社、LG Electronics Inc.のスマホ3機種。シャープ株式会社のデータ通信端末1機種。体験できる場所は、ドコモショップなどでの5G体験コーナー、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」、第32回東京国際映画祭「Virtual×Real×Techライブ~featuring 直感×アルゴリズム♪~」となっている。 発表資料URL:https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/09/18_00.html2019/09/18 ■関連記事 実はスマホ決済には連立陣営があった、メルペイ・LINE Pay・d払いにau PAYが加入 (2019.9.19) Amazon、店舗のロッカーやカウンターで荷物受け取り可能な「Amazon Hub」発表 (2019.9.19) ゆうちょPay、「使えるお店検索」「クーポン機能」といった新機能を導入 (2019.9.18) 給与前払いサービスがスマホアプリ「前払いできるくん公式アプリ」を配信開始 (2019.9.18) Appleの新しいゲームサービス「Apple Arcade」、正式版より早く遊べるように (2019.9.17) Googleの最新スマホ「Pixel 4」を発表する「Made by Google」が10月15日に開催 (2019.9.17) MdN Design Interactive 最新記事 Wed, 18 Sep 2019 12:22:55 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 オラクル、来年にはリージョン数でAWSを抜くと宣言 現在の16から倍以上の36へ https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news080.html 米Oracleが年次イベント「Oracle OpenWorld 2019」を開催。その基調講演で会長兼CTOのラリー・エリソン氏が、来年にはリージョン数でAWSを抜くと宣言した。現時点でグローバルに16のリージョンを展開しているが、来年中に36へと倍以上になる。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 12:22:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 池袋のジュンク堂書店、デジタルサイネージ搭載の本棚導入 動画広告で本をPR、センサーで客の行動を計測 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news078.html 丸善ジュンク堂書店と大日本印刷が、「ジュンク堂書店 池袋店」の売り場にデジタルサイネージを備えた本棚を設置。書籍の動画広告や書店員のおすすめ情報を配信する。センサーで顧客の行動なども計測し、広告効果を可視化するとしている。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 12:19:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 リコーのステルス印刷技術を活用した商品コンセプト・デザインを「TRINUS」で募集 https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/67905/ ものづくりコミュニティ「TRINUS」での募集 ものづくりコミュニティ「TRINUS」で、株式会社リコーの技術をベースにした商品コンセプト・デザインの公募が開始された(https://trinus.jp/projects/38)。今回のテーマは、紙幣の偽造防止に活用され、各種証明書や機密書類の管理などへの応用が期待されている「ステルス印刷(IRプリント)」の技術。この技術を活用することで「どのような客の」「どのようなニーズを」「どのように満たすのか」というビジネスデザイン(用途アイデア/ビジネスモデルなど)を募集している。応募期限は2019年11月25日(月)まで。 この「TRINUS」での共創プロジェクトでは、デザイナーから商品コンセプトやデザインを募り、客の意見も受け付けながらオープンに商品開発を進める。投稿された商品企画から優れたものを選抜し、共同で試作・開発。試作が完了した段階で「TRINUS」上のクラウドファンディング機能による受注販売をエンドユーザー向けに実施し、量産前の段階でキャッチコピーやターゲットなどを検証して、支持を得られることを確認したうえで実際に製品化していく。 今回の商品開発の対象技術とされている「IR(Infra-Red)プリント」は、赤外線に反応する特殊なトナーを使ったもの。通常は人の目には見えないが、この性質を利用した無色透明の「IRクリアトナー」を使う「IRプリント」技術で、白い紙はもちろんカラー写真やイラストの上にも印刷できる。このトナーで印刷された文字や図形は、赤外線を読み取るための専用のリーダーを通さなければ認識できず、ブラックライトなどを当てても目視できないことがUV(紫外線)方式のプリントと異なるポイントだ。今回の公募での対象となるIRプリンタは、最大でA4の出力に対応している(手差しで1260mmまでの長尺プリントも可能)。 なお、今回の公募に際して、株式会社リコーの研究員からのクリエイター向けの説明会も実施。2019年9月26日(木)の19:00から、渋谷エリアにて実施される(https://ricoh-trinus3.peatix.com/)。公募の賞金総額は50万円(商品化プロジェクトに参画する場合は20万円・任意)。 「IRプリント」技術 株式会社リコー/株式会社TRINUSURL:https://www.ricoh.co.jp/URL:https://trinus.jp/2019/09/18 ■関連記事 キヤノンが制作物の企業内印刷を促進するプロダクションプリンタ「imagePRESS C165」を発売 (2019.9.17) アドプリントが「オリジナルレザーコースター」を新発売! 丸型と角丸型とハート型の3種類をラインナップ (2019.9.13) キヤノンが貴重な文化財の高精細複製品を制作する「綴プロジェクト」の技術紹介動画を公開 (2019.9.12) MdN Design Interactive 最新記事 Wed, 18 Sep 2019 12:15:00 +0900 https://www.mdn.co.jp/di/ MdN Design Interactive 最新記事 コンピュータ同士がだまし合う 「ターミネーター2」に隠された認証シーン https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news031.html 小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第20回のテーマは「ターミネーター2の認証」。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 12:00:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 アップル、「iPhone」などのガラス製造のコーニングに約270億円を追加投資 https://japan.cnet.com/article/35142788/ アップルは、最新の「iPhone」にも採用されているガラス製造大手のコーニングに、2億5000万ドル(約270億円)を追加投資する。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 11:59:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 ドコモ、「5G」プレサービスを9月20日に本格始動─新感覚の音楽ライブや観光体験 https://japan.cnet.com/article/35142790/ NTTドコモは9月18日、次世代通信規格5Gの2020年春の商用サービス開始に向けて、9月20日からプレサービスを開始することを発表。一部のドコモショップやスタジアム、駅、空港などで消費者が5Gを体験できる機会を設けていく。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 11:57:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 Java SE 13(JDK 13)の一般提供を開始、パフォーマンスや安定性を向上 http://codezine.jp/article/detail/11731 米Oracleは、サンフランシスコで開催中の年次イベント「ORACLE OPENWORLD 2019」において、「Java SE 13(JDK 13)」の一般提供を9月16日(現地時間)に発表した。 CodeZine:新着一覧 Wed, 18 Sep 2019 11:45:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 Oracle、Oracle Cloudが無期限無料で利用できる「Always Free」プログラムを発表 http://codezine.jp/article/detail/11730 米Oracleは、サンフランシスコで開催中の年次イベント「ORACLE OPENWORLD 2019」において、Oracle Cloudを無期限に無料で利用できる「Always Free」と、さらに追加のサービスなどを試すためにの30日間300ドルのクレジットを提供する無料トライアルの2つのプログラムが含まれる「Oracle Cloud Free Tier」を9月16日(現地時間)に発表した。 CodeZine:新着一覧 Wed, 18 Sep 2019 11:40:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 アマゾン、24時間自由に商品が受け取れる「Amazon Hub」発表─ロッカーと店舗の2種類 https://japan.cnet.com/article/35142795/ アマゾンジャパンは9月18日、24時間自由なタイミングで商品を受け取ることができる新しい商品受け取りサービス「Amazon Hub」を導入すると発表した。ロッカー型のセルフタイプ「Amazon Hub ロッカー」と、店舗スタッフの受け渡しによる「Amazon Hub カウンター」の2種類がある。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 11:23:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 「Pixel 4」のCoral(オレンジ)モデル、Googleが看板広告でリーク https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news073.html Googleがニューヨークのタイムズスクエアに掲げた「Made by Google」の広告で、「Pixel 4」のオレンジ色のモデルを初公開した。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 11:20:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 Facebook、英警察と連携─テロ動画などライブ配信防止に向けAI訓練強化 https://japan.cnet.com/article/35142782/ Facebookは、同社のライブ配信サービスで暴力的な動画が拡散される問題に長く苦闘している。そうした中、警察から提供された射撃の映像を、動画の中で銃による暴力を検出する人工知能(AI)のトレーニングに役立てようとしている。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 11:16:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 ドラマ「ダウントン・アビー」のお城に1泊プラン、Airbnbで1組限定で https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news070.html 日本でも人気のあったドラマシリーズ「ダウントン・アビー」の舞台となった英国の貴族の館に1泊だけ泊まれるプランがAirbnbで公開された。予約は10月1日開始で先着1組が利用できる。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 10:48:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 ヘルスケア×フードテックのMiL、プレシリーズAで総額1.15億円の資金調達 https://japan.cnet.com/article/35142634/ ベビーフードサービス「Mi+(ミタス)」を展開するMiLは9月18日、プレシリーズAラウンドとして、MTG Venturesやみずほキャピタル、個人投資家などから累計1.15億円の資金調達を実施したと発表した。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 10:00:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 「Google Wifi」あらため「Nest Wifi」も発表か Amazon.comのEero似のデザインに https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news064.html Googleが10月15日の「Pixel 4」発表イベントで、無線ルーター「Google Wifi」の次世代モデル「Nest Wifi」も発表すると9TO5Googleが報じた。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 09:12:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 ローランド、DAWに再参入 米企業買収でiOS、AndroidからMac、PCまで対応するZenbeats投入 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news065.html 基本無料の音楽制作アプリをローランドが公開。4つのOSに対応する。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 09:10:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 スタディプラス、電子参考書サブスク「ポルト」公開─月額980円で出版12社が読み放題 https://japan.cnet.com/article/35142605/ スタディプラスは9月18日、日本初(同社調べ)となる大学受験生向け電子参考書のサブスクリプションサービス「ポルト」を9月17日に公開したと発表した。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 09:00:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 Facebook、Ray-BanメーカーとARメガネ「Orion」共同開発中─CNBC報道 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news063.html ザッカーバーグCEOが2016年のF8で披露したARメガネ構想で、FacebookがRay-Banブランドを持つLuxotticaと提携しているとCNBCが報じた。2023~2025年発売をめざしている。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 08:20:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 渋谷をニューヨークにも負けない「強い都市」に─行政を劇的にデジタル化した立役者 https://japan.cnet.com/article/35142083/ 数多くのベンチャーやスタートアップ、IT企業が続々と集まり、日本の最新トレンドが生まれ、さらには若者カルチャーの発信基地ともなっている東京・渋谷。強烈なダイナミズムが常に感じられるそんな街を、ある意味制御する役割を担うのが渋谷区役所だ。2015年に渋谷区の副区長に就任し、行政を劇的に変えた立役者である澤田伸氏に話を聞いた。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 08:00:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 オンプレミスからクラウドまでのデータを保護 メインフレーム「IBM z15」を発表 https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/18/news038.html IBMのメインフレームの最新機種「IBM z15」は、企業のハイブリッドクラウド全体にわたって「全方位型暗号化技術」を拡張する。IBMが「あらゆる場所にあるデータを暗号化してデータのプライバシーを確保する」と説明する機能「Data Privacy Passports」を備えた。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 08:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 アップル、EUの追徴課税140億ドルを「非現実的」と批判 https://japan.cnet.com/article/35142779/ アップルが、欧州委員会(EC)から課されていた130億ユーロ(144億ドル、1兆5600億円)の追徴課税をめぐって、欧州連合の法廷での戦いに臨もうとしている。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 07:59:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 アマゾン、ハイレゾ音楽配信サービス「Amazon Music HD」を発表 https://japan.cnet.com/article/35142778/ アマゾンが「Amazon Music HD」というハイレゾ音楽配信サービスを発表。料金は米国の場合月額12.99ドル(プライム会員向け)から、日本では同1780円から。 CNET Japan 最新情報 総合 Wed, 18 Sep 2019 07:34:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 ドコモ、5G端末調達でHuawei外し https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news062.html ドコモが来春本格運用する5G移動通信システムで、Huaweiの対応スマートフォンを採用しない方針であることが17日、分かった。米政府のHuaweiに対する事実上の禁輸措置が長期化する中で、新機種に米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」関連ソフトを搭載できなくなるため、顧客サービスを維持できないと判断した。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 07:09:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 Google検索結果、動画の「重要なポイント」を表示 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news061.html Google検索の結果に動画が表示される場合、例えばハウツー動画では、各ステップのポイントに直接飛べるようになる。まずは英語での検索で開始する。動画制作者側が対応している必要がある。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 07:06:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 高市総務相「携帯SIMロック、速やかにルール見直し」 近く指針を改定へ https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news060.html 高市早苗総務相は17日、産経新聞などのインタビューに応じ、携帯電話会社が一定期間、自社回線しか使えないように、スマートフォンなど端末に制限を加える「SIMロック」について「速やかにルールの見直しを進めていきたい」との見解を示した。総務省はいつでも解除できるように近く指針を改定する方針だ。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 07:04:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 息子を失ったある家族の出来事 亡くなった家族のApple IDやGoogleアカウントは引き継げるか https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news015.html 「亡くなった息子のiCloudにアクセスしたいのですが……」─息子を失った夫婦が、クラウドに遺された生きた証を取り戻すために動いた。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 07:00:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 京アニ放火 警察の遺族意向確認に疑問も 事件2カ月 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news034.html 京アニの第1スタジオで35人が命を落とした放火殺人事件から18日で2カ月となる。この間、京都府警は、犠牲者の実名を公表する一方、取材可否など遺族の意向確認を取り仕切った。府警の発表と実際の遺族の意向が食い違うケースもあり、専門家は府警の対応に不手際があったか検証する上で取材の意向確認は問題があると指摘している。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 06:30:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 「紙の本なくならない」ページめくる動作にカギ https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news035.html 電子書籍の市場拡大が見込まれる中、「紙の本はなくならない」と明言するのが、龍谷大社会学部の松島恵介教授(51)だ。生態心理学の観点から記憶について研究している松島教授は「記憶の仕組みを考えた場合、紙の本には電子書籍にない優位性がある」と強調する。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 06:30:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 一目で分かる、Internet Explorer(IE)のサポート終了時期 https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1503/11/news134.html Windows OSに標準装備されているInternet Explorer(IE)。Windows OSごとにIEの各バージョンの終了時期を整理して、分かりやすく図示してみた。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 05:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 誤解しているのは中の人? Windowsの「曜日」の話 ~その2~ https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/18/news007.html Windowsの「タスクスケジューラ」における曜日指定のスケジュールされたタスクは、利用者側の誤解やソフトウェアのバグが原因で、意図しないタイミングで実行される場合があります。また1つ、謎のバグが存在する可能性が明らかになりました。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 05:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 PL/SQLの例外処理(後編) https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/18/news008.html 本連載は、「PL/SQL(Procedure Language/Structured Query Language)」を理解し、活用するための実践講座です。前回に引き続き「例外処理」について解説します。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 05:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 原因追求型のフィードバックをされると、気がめいる https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/18/news009.html 部下や同僚にネガティブなフィードバックをしなければならないことがありますが、伝え方に気を付けないと、相手のやる気を削いだり人間関係を崩したりします。本来、どのようなコミュニケーションをとるべきなのかをエンジニア視点で考えてみました。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 05:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 ハイレゾ音楽ストリーミング「Amazon Music HD」がスタート 月額1980円から https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/18/news056.html 90日間無料のキャンペーンも始まった。ただし、Amazon Music Unlimited新規登録者のみ。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Wed, 18 Sep 2019 00:00:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 PASMOのポイント還元キャンペーン、会員登録の受付開始 利用には登録が必須 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news146.html パスモが、ポイント還元キャンペーンの会員登録の受付を始めた。受付期間は2020年6月30日まで。経済産業省が推進する「キャッシュレス・消費者還元事業」の一環で、利用には会員登録が必須となっている。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 22:12:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 新作ステージなどが大盛況、eスポーツ観戦も浸透─写真でみるTGS2019一般公開日 https://japan.cnet.com/article/35142708/ 9月12日から幕張メッセで開催された大型ゲームイベント「東京ゲームショウ2019」(TGS2019)が、15日に閉幕。14日と15日は一般公開日として、大勢の人が詰めかけた。その模様を写真とともにお届けする。 CNET Japan 最新情報 総合 Tue, 17 Sep 2019 20:06:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 LINE、日本でも仮想通貨取引所 「BITMAX」開始 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news139.html LINEと子会社のLVCが、仮想通貨取引サービス「BITMAX」の提供をAndroid版のLINEアプリで始めた。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 20:02:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 前澤友作氏、「資金難で潜水艦購入を断念」報道を否定 「購入なんて検討してません」「適当なこと書きすぎ」 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news140.html 週刊誌「FLASH」が、「前澤友作氏が潜水艦の購入を試みたが、資金難のため断念した」と報道。これを受けた同氏は、Twitterで「潜水艦の購入なんて検討してません」「適当なこと書きすぎ」と否定した。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 20:00:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 「ブロックチェーンビジネスのハイプサイクル」を発表、Gartner https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/17/news131.html Gartnerはブロックチェーンに関する最新レポートを発表した。ブロックチェーン技術は今後5~10年間にほとんどの業種において、ビジネスを変えるような影響を与えるとの見通しを示した。特に銀行と投資サービス、ゲーム、小売業界の動向をまとめている。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 19:30:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 選ぶならiPhone 11かProシリーズか─カメラ機能の進化【松村太郎の先行レビュー】 https://japan.cnet.com/article/35142771/ Appleが2019年9月20日に発売するiPhone 11/iPhone 11 Proシリーズの先行レビューをお届けする。筆者は今回、iPhone 11 パープル、iPhone 11 Pro Max ミッドナイトグリーンの2台を試した。 CNET Japan 最新情報 総合 Tue, 17 Sep 2019 19:23:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 トヨタ、新型「カローラ」発表─LINEカーナビやApple CarPlayなどスマホ連携を強化 https://japan.cnet.com/article/35142762/ トヨタ自動車は9月17日、12代目となる新型「カローラ」と、「カローラツーリング」を発表。あわせて、「カローラスポーツ」の一部改良も発表した。 CNET Japan 最新情報 総合 Tue, 17 Sep 2019 18:51:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 リチャード・ストールマン氏がフリーソフトウェア財団とMITの役職辞任─疑惑の投資家関連コメント巡り https://japan.cnet.com/article/35142760/ コンピューター科学者でフリーソフトウェア提唱者のリチャード・ストールマン氏が、マサチューセッツ工科大学(MIT)CSAILの役職とフリーソフトウェア財団のプレジデントを辞任すると発表した。 CNET Japan 最新情報 総合 Tue, 17 Sep 2019 18:07:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 Apple Arcade:プレイの時刻は間もなく https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/09/apple-arcade-its-time-to-play/ Apple Arcade:プレイの時刻は間もなく来たる9月20日、App Store 内で Apple Arcade が始まる時、世界中のプレイヤーの皆さんは、何年もの歳月をかけて作られたゲームの数々を実際に自分で体験してみることになります。それらを制作したゲーム開発者たちは、技巧を尽くし、好奇心を刺激し、そして何よりも沢山の愛情を注ぎ込んで、Apple Arcade だから可能な、多彩で新鮮味のある、選りすぐりのゲームを作り上げました。ここでは、そうしたストーリーのいくつかをご紹介しましょう。 「The Enchanted World」 「The Enchanted World」では、プレイヤーはパズルやチャレンジを使う妖精となり、ピースを集めて壊れゆく世界を元に戻すという役割を担います。共にクリエイターで友人同士でもあるIvan RamadanとAmar Zubcevicはどちらも33歳ですが、彼らにとって、このゲームはそれ以上の意味を持ちます。これは、戦時中に成長していく子どもの姿を隠喩しているのです。RamadanとZubcevicはどちらも、1990年代のバルカン諸国での紛争期にサラエボで育ちましたが、彼らの両親は創造力を発揮して、子どもたちを取り巻く暴力と危険から彼らを守ってくれたのです。 「サラエボは4年間も軍に包囲されていました。電気はなく、水道もなかったので、井戸まで水汲みに行かねばなりませんでした。そうして両親と一緒に外に出て、水を入れた容器を家に持ち帰る手伝いをしたものです。親の手伝いをするのは、自分たちにとって一種のゲームでした」と、Zubcevicは言います。 そうした子供時代の思い出から、「The Enchanted World」は生まれました。このゲームはゲーム開発企業 Noodlecake の協力の下でリリースされ、バルカン諸国の音楽や伝統を特色としています。 「僕たちのゲームは、どんなに最悪の状況の中にいても、忍耐力と想像力をもって、自分と自分の友達のために魔法のような世界を作り上げることができるすべての子供たちをテーマにしています。だからこそ、彼らの世界は神秘的で、だからこそ僕たちは常に、これまでよりも少しだけ成長できるのだと考えています」と、Zubcevicは言います。 「僕たちが目指したのは、この作品を平和にあふれたおとぎ話のようなゲームにすることでした。子どもたちとその親御さんが一緒になって楽しんでもらえたらと思います」と、Ramadanは言います。 「パターン合わせ」 Borderleapの 「パターン合わせ」では、プレイヤーは入り組んだパズルのピースに色を付け、それを並べ替えて、正しい色と構図のキャンバスを完成させることを目指します。Nate Dickenは、バージニア州ブラックスバーグを拠点に個人で活動している43歳のアプリケーション開発者で、このゲームは、心の平穏を見つける手段として開発しました。多種多様なパターンは、世界中で活動中の15人のアーティスト(その内の14人は女性)の作品を題材にしています。ネイトは、Apple Arcade のためだけに 「パターン合わせ」を制作しました。 過去7年間に優に10本を超えるiOSゲームを開発してきたDickenは「App Store のおかげで、私は自分が目指していることを実現できるプラットフォームを持つことができました。Apple Arcadeのためでなければ、このゲームを開発することはなかったでしょう」と語ります。 「オーバーランド」 「オーバーランド」は、Adam SaltsmanとBekah Saltsman(それぞれ37歳、38歳)夫婦が共同で創業した Finji がリリースした、大惨事が起きた後のロードトリップ形式アドベンチャーゲームです。このカップルは、ミシガン州グランドラピッズで2人の息子と共に暮らしながら、夫婦で愛好してきた古典的なボードゲーム、書籍、映画を寄せ集めたような格好で 「オーバーランド」をデザインしました。プレイヤーは、急速に状況が悪化するアメリカ合衆国内を西に向かってドライブし、生存者を救助したり、生活物資を集めたり、時には野良犬を拾って一緒にドライブを続けたりします。 Finjiの二人の創造力をかきたてるものは何か。AdamとBekahは同社の約束事として、クオリティ·オブ·ライフを掲げています。 「私は、人々に人生を全うしてほしいと思うし、人生を楽しんでほしいと思っています。そのために私たちがする必要があることは、すべてしようと思います。チームのメンバーが子どもを持ちたいと思えば、そこに必要な時間はどのくらいか、と考えるのです。私は友達と協力して、彼らと一緒に素晴らしいことをしたいと思っています」と、Bekahは言います。 「Card of Darkness」 「Card of Darkness」では、プレイヤーはユーモアのセンスを駆使して手描きされたキャラクターを配したカードを使った挑戦を受けて立つことになります。このゲームは、アプリケーション開発に個人で取り組んでいるZach Gage(34歳)が、著名アニメーターのPendleton Wardとチームを組むことにより実現しました。 Gageは自らの人生をビデオゲームとアートに捧げてきましたが、最初のiPhoneが発売された時、彼にはチャンスが見えたそうです。 「iPhoneをじっくり眺めてみて悟りました、これはアートのプラットフォームになるぞ」と、Gageは言います。そして自身の最初のゲームをデザインして発表しましたが、それが2008年秋にリリースされた 「SynthPond」で、この作品は App Store にお目見えした最初のゲームの1本でした。以来、Gageは優に10本を超えるiOSゲームをデザインしてきました。 「人々がゲームを書籍や映画を語るようなポジションに、ゲームを引き上げたいと考えています。このゲームの中にどのように広告をうまく配置するか、そんなことを考えるのに時間を費やす必要はありませんでした。僕がやったことは素晴らしいアーティストと協力して素晴らしいアートを作り出すことだけ。それを可能にしてくれたのが Apple Arcade なのです」と語るGageは、Apple Arcade のビジネスモデルがゲーム開発者を解放してくれると考えています。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先: Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Tue, 17 Sep 2019 17:54:44 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom トヨタ、ネットにつながる新型「カローラ」シリーズ発売 ナビの音声操作も可能に https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news124.html トヨタ自動車が、フルモデルチェンジした「カローラ」「カローラ ツーリング」と一部改良した「カローラ スポーツ」を発売。いずれも車載通信機の他、スマートフォンと連携するディスプレイオーディオを標準装備する。「T-Connect」と「SmartDeviceLink」を利用できる。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 17:42:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 ドコモ、「2年縛り」の違約金を1000円に値下げ 3大キャリアの対応出そろう https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news121.html NTTドコモが、2年定期契約を途中解約した場合の違約金や、契約期間なしのプランの利用料を値下げすると発表した。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 17:40:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 LINEアプリで仮想通貨が買えるように─LINEが日本で取引サービス開始 https://japan.cnet.com/article/35142755/ LINEのグループ会社であり、仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を手がけるLVCは9月17日、国内向け仮想通貨取引サービス「BITMAX」を同日より提供開始したと発表した。Android版から先行してローンチする。 CNET Japan 最新情報 総合 Tue, 17 Sep 2019 17:10:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 知らない単語でも意味を推定するAI、東芝が開発 「専門用語を理解できない」解消へ https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news117.html 東芝が、システムに登録されていない未知の単語でも、単語の特徴や文脈から意味を推定して学習できるAIを開発したと発表した。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 16:51:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 研究者の課題を解決する「LabTech」のPOL、10億円を調達─理系学生採用サービスなど https://japan.cnet.com/article/35142724/ 研究者の課題をテクノロジーで解決する「LabTech」事業を手がけるPOLは9月17日、Spiral Ventures Japan、サイバーエージェント、Beyond Next Ventures、BEENEXT、PKSHA Technologyを引受先とする第三者割当増資により、10億円の資金調達を実施したと発表した。 CNET Japan 最新情報 総合 Tue, 17 Sep 2019 15:30:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 「Prime Now」エリア縮小 都内10区だけに https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news106.html 「Prime Now」の対象エリアが縮小。これまで、東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県の一部エリアが対象だったが、順次縮小し、11月1日からは東京都内10区でしか利用できなくなる。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 15:15:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 GAテクノロジーズがスタートアップを支援─デジタルベースキャピタルのファンドに出資 https://japan.cnet.com/article/35142622/ 不動産テック事業を手掛けるスタートアップの支援にGAテクノロジーズが乗り出した。9月17日、デジタルベースキャピタルが組成する第1号ファンドへの出資を発表。自らの経験を元に、具体的かつ現実的なサポートを提供する。 CNET Japan 最新情報 総合 Tue, 17 Sep 2019 15:00:00 +0900 https://japan.cnet.com CNET Japan 最新情報 総合 ポケGOに第5世代ポケモン登場 一部で仕様変更も https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news101.html 「Pokemon GO」で9月17日朝から第5世代(イッシュ地方)のポケモンたちが登場。「ミュウツー」の復刻レイドも始まった。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 14:33:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 クルマの試乗中にAIが接客、ルート案内など 電通が車載アプリ提供 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news100.html 自動車販売店での試乗をAIがサポートするサービスを電通が提供。車載スマホに搭載したAIが試乗ルートやクルマのセールスポイントを案内する。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 14:29:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 入場料のある本屋「文喫」に「定期券」 月1万円で平日入り放題 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news097.html 入場料1500円を支払えば、一日中、本に浸れる書店「文喫」の「定期券」が登場した。専用スマートフォンアプリ「文喫アプリ」で、月額1万円の「文喫定期券」を提供。定期券を提示すれば、平日なら毎日利用できる。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 13:23:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 千葉県沖に船舶型基地局、KDDIが導入 沿岸部の通信障害を解消 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news093.html KDDIが、台風15号の影響により復旧が遅れている千葉県沿岸部で携帯電話サービスを提供するため、館山市沿岸に電話基地局を積んだ船を停泊させている。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 12:38:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 「Amazonフレッシュ」4000円以上の注文が必須に プライム会員なら追加料金なしで利用OK https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news089.html 「Amazonフレッシュ」の料金体系が変更。プライム会員なら追加料金なしで使えるようになった一方、最低利用金額が設定され、1回当たり4000円以上の注文が必須になった。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 12:17:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 リチャード・ストールマン氏、MITの役職とFSF総裁を辞任 エプスタイン関連コメントへの批判で https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news081.html フリーソフトウェアの擁護者として知られるリチャード・ストールマン氏が、マサチューセッツ工科大学人工知能研究所の役職と、自身で創設したフリーソフトウェア財団の総裁職を辞任した。「エプスタイン騒動」で故マービン・ミンスキー氏を擁護しようとした発言が誤解を招いたためとしている。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 11:22:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 LEGOでプログラミングの世界を楽しもう~製品の基本と始め方 http://codezine.jp/article/detail/11721 今、LEGOは教育の現場で使われるだけでなく、IoTに挑戦したいプロのプログラマでも楽しめ、非常に幅広いニーズに応えられるようになっています。その中で、今回紹介するLEGO MINDSTORMSという商品は、想像力の育成だけでなく、論理的思考の習得も実現できるものになっています。特に、自分で作ったロボットを操作しながら学ぶスタイルはプログラムというものにこれまでと違った魅力を感じることと思います。本連載では、筆者が小学生の娘と一緒に実際にLEGO MINDSTORMSを動かしてみた体験とともに、どんな楽しみ方があるのか紹介します。 CodeZine:新着一覧 Tue, 17 Sep 2019 11:00:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 「タイムゾーン」 ~マンガでプログラミング用語解説 http://codezine.jp/article/detail/11658 この連載は、マンガで分かるプログラミング用語辞典です。気軽に読み流せるマンガと、テキストによる詳しい解説で、プログラミング未経験者がつまづきがちな専門用語・概念をやさしく読み解き、よりスムーズな学習を手助けします。市販のプログラミング入門書の副教材としてもぜひご活用ください。今回解説するのは、同じ標準時を利用する地域を表す「タイムゾーン」です。 CodeZine:新着一覧 Tue, 17 Sep 2019 11:00:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 交友関係まで調べられる? 米入国のSNS審査厳格化、留学生足止めも https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news079.html SNSでつながっている「友人」の発言で入学できない。そんなことが起きている。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 10:57:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 Oracle Cloudを期限なく無料で使える「Always Free」発表 1GBのVM2つ、Autonomous DB2つなど提供 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news076.html 米Oracleの年次イベント「Oracle OpenWorld 2019」が開幕。ラリー・エリソン会長が、Oracle Cloudの無料トライアル「Oracle Cloud Free Tier」に、期限なしで利用可能な「Always Free」を追加すると発表した。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 10:37:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 Amazonが収益性の高い製品ランクを上げるアルゴリズム変更か─Wall Street Journal報道 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news070.html Amazon.comが、サービス内の検索アルゴリズムに、顧客のための関連性よりも自社の収益性を優先する変更を加えたとWall Street Jouralが報じた。Amazonは否定している。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 10:21:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 「Wi-Fi 6」認証プログラム開始 「Galaxy S10」や「iPhone 11」がサポート https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news068.html 無線LAN標準化団体のWi-Fi Allianceが、「Wi-Fi 6」(「IEEE 802.11ax」の一般向け名称)の認証プログラムを開始した。最初に認定を受けるスマートフォンは韓国Samsung Electronicsの「Galaxy S10」だ。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 08:11:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 Python認定インテグレーター制度が11月開始、Pythonエンジニアの育成企業を認定 https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/17/news036.html Pythonエンジニア育成推進協会はPython認定インテグレーター制度を開始する。「Python3エンジニア認定基礎試験」の合格者を育成している企業を認定する制度で、Pythonに関する技術支援やマーケティング支援を実施する。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 08:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 サービスメッシュのIstio、バージョン1.3がリリース https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/17/news062.html Istioプロジェクトは2019年9月12日(米国時間)、Istio 1.3のリリースを発表した。「Istioチームは数リリースごとに、ユーザビリティ、API、全般的なシステムパフォーマンスに関する劇的な改善を提供している。Istio 1.3はこうしたリリースの一つだ」と表現している。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 08:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Kongがサービスメッシュの「Kuma」をオープンソースで提供開始 https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/17/news063.html Kong(旧社名Mashape)は2019年9月10日(米国時間)、サービスメッシュのためのコントロールプレーン「Kuma」をオープンソースで提供開始した。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 08:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 IoT家電を使うだけで仮想通貨が稼げる そんな世の中は夢物語ではないかも https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news029.html ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 07:00:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 2000万部超えも 中国発「華文SF」がウケるわけ https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news053.html SF小説の分野で、欧米や国内作家の作品に加えて中国発の「華文SF」の存在感が高まっている。世界的なヒットを記録した劉慈欣(リウツーシン)さんの大作『三体』の日本語版が7月に刊行され、若手作家らの短編も相次ぎ邦訳されている。隆盛の背景には何があるのか。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 06:30:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 独仏、Libra使用認めず「リスク対応できない」 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news054.html フランス、ドイツ両政府は13日、米交流サイト大手フェイスブックの暗号資産(仮想通貨)「Libra」について共同声明を発表し、リスク対応が不十分だとして使用を認めない方針を示した。 ITmedia NEWS 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 06:30:00 +0900 https://www.itmedia.co.jp/news/ ITmedia NEWS 最新記事一覧 カブドットコム証券がAWSでネットワークコストを40%強削減できる理由 https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/17/news011.html 多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。カブドットコム証券の事例では、オンライン証券取引における課題とネットワーク機能の移行ポイントを中心にお届けする。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 05:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Windows 10 バージョン1903のWindows Defender新機能─改ざん防止 https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/17/news021.html Windows 10の最新バージョンでは、「Windows Defenderウイルス対策」に「改ざん防止」という新機能が追加されました。「改ざん防止」とはどのようなセキュリティ機能なのか、どういう利点があるのかを紹介します。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 05:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 [Python入門] ファイル操作の基本 https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/17/news030.html テキストファイルを例に、ファイルのオープン、ファイルに対する読み込みや書き込み、ファイルのクローズなど、ファイル操作の基本を取り上げる。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Tue, 17 Sep 2019 05:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 「Rust」言語はCよりも遅いのか、研究者がベンチマーク結果を解説 https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/13/news133.html ミュンヘン工科大学の研究チームのメンバーはRust言語で開発したネットワークデバイスドライバの処理速度をC言語のものと比較した。その結果、Rust版の速度低下は最大でも数%にとどまっていた。なぜ処理性能がわずかに遅くなるのか、その理由も説明した。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Fri, 13 Sep 2019 20:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 【新刊紹介】『速習 Laravel 6』、Laravelを始める際に目を通しておきたい一冊 http://codezine.jp/article/detail/11729 CodeZineに寄稿いただいている執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表の山田祥寛さんのKindle本『速習 Laravel 6』が9月4日に刊行されました。サクッと短時間で学べるLaravelの解説書です。 CodeZine:新着一覧 Fri, 13 Sep 2019 14:15:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 SREのノウハウが集まるカンファレンス「SRE NEXT」2020年1月25日開催 http://codezine.jp/article/detail/11727 SREのためのカンファレンス「SRE NEXT」が2020年1月25日にヤフー株式会社(東京・千代田区)にて開催される。 CodeZine:新着一覧 Fri, 13 Sep 2019 12:45:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 「Windows 7の延長サポート終了」が国内PC資産管理市場をけん引─ITR予測 https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/13/news042.html ITRが発表した国内PC資産管理市場規模の予測によると、2018年度の市場規模は、対前年度比6.8%増の94億円。2018~2023年度の年間平均成長率は5.1%で、2023年度の市場規模は121億円の見込みだ。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Fri, 13 Sep 2019 08:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 データベースから理解するITインフラの仕組み『絵で見てわかるOS/ストレージ/ネットワーク 新装版』 http://codezine.jp/article/detail/11696 翔泳社では、9月13日(金)に『絵で見てわかるOS/ストレージ/ネットワーク 新装版』を発売しました。本書はデータベースから見たITインフラ技術について解説し、ブラックボックスになりがちな技術領域について確かなイメージをもって理解できるようになる1冊です。特にデータベース管理やアプリケーション開発に携わって数年の若手エンジニアにおすすめです。 CodeZine:新着一覧 Fri, 13 Sep 2019 07:00:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 「マイクロサービスに出遅れた」ところは、先人から何を学べるか https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/13/news012.html これまでマイクロサービスアーキテクチャに取り組んだ組織の多くは、試行錯誤を重ねて、自らの組織における最適解を見いだしている。いま、マイクロサービスを考える人たちは、先人から何を学べばいいのだろうか。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Fri, 13 Sep 2019 05:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 【 lvcreate 】コマンド─論理ボリュームを作成する https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/13/news019.html 本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、LVM環境用に論理ボリュームを作成する「lvcreate」コマンドです。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Fri, 13 Sep 2019 05:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 【Windows 10】前回開いていたフォルダを再起動後に自動的に開く https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1909/13/news023.html 再起動すると、開いていたフォルダが閉じられてしまうため、作業を継続するには手動でフォルダを開いていかなければならず、少々面倒だ。しかし、[フォルダーオプション] で設定を変更することで、自動的に再起動前に開いていたフォルダを再現することができる。その設定方法を紹介しよう。 @IT 全フォーラム 最新記事一覧 Fri, 13 Sep 2019 05:00:00 +0900 https://www.atmarkit.co.jp/ @IT 全フォーラム 最新記事一覧 PyCon JP、Python初心者向けチュートリアル「Python Boot Camp in 高知/群馬」を10月・11月に開催 http://codezine.jp/article/detail/11723 Pythonの普及・開発支援を行う一般社団法人PyCon JPは、初心者向けのチュートリアル講座「Python Boot Camp in 高知」を10月26日に、「Python Boot Camp in 群馬」を11月2日に開催する。 CodeZine:新着一覧 Thu, 12 Sep 2019 14:55:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 売り上げ5000億円を支えるシステムを目指して─レガシーECサイトが挑むモダナイゼーション【デブサミ2019夏】 http://codezine.jp/article/detail/11630 株式会社MonotaROは、1800万点以上(2019年5月時点)の間接資材を取り扱うBtoB向けオンラインストア「モノタロウ」を運営している。2019年度の売り上げは1300億円以上を計画。この数字は毎年増え続けているというから驚きだ。成長する事業を今後も支え続けるため、同社ではECプラットフォームのモダナイゼーションを進めている。長きにわたり開発・運用が続いてきたシステムを刷新するノウハウを、金谷敦志氏が語った。 CodeZine:新着一覧 Thu, 12 Sep 2019 12:00:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 Appleの基調講演イベントからのハイライトシーン https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/09/highlights-from-apples-keynote-event/ Appleの基調講演イベントからのハイライトシーンSteve Jobs Theater からの記念ショット 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Thu, 12 Sep 2019 01:21:19 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom Apple、健康に関する3つの革新的な研究分野を発表 https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/09/apple-announces-three-groundbreaking-health-studies/ Apple、健康に関する3つの革新的な研究分野を発表Apple、主要な医療機関との提携を通じて、聴覚、女性の健康、身体機能と心臓の健康の研究に着手 Appleは本日、主要な学術研究機関との提携を通じた、まったく新しい3つの医学研究分野を発表しました。この研究では、かつてない規模の幅広い被験者にアプローチすることができます。これらの研究は、新しいResearchアプリケーション1で提供され、大学病院、医療機関、およびすでにお客様にとって毎日の生活の一部となっているApple製品を組み合わせることで実現し、医学研究の実施方法を大きく民主化します。被験者は、医学的な発見の可能性と健康促進のための次世代の革新的な製品の開発に貢献することができます。Researchアプリケーションは年内にApp Storeから無料でダウンロードできるようになる予定です。 「Apple Heart Studyを通して、現在の患者さんたちを支援し、未来の世代の健康に貢献できる形で、Appleが医学研究に寄与できるということがわかりました。本日の発表は、かつてない規模の被験者へのアプローチを可能にするもので、健康に関するAppleの取り組みをさらに押し進めるものです」と、Appleのチーフオペレーティングオフィサー、ジェフ·ウィリアムズは述べています。 これらの研究には以下が含まれます。 Apple Women’s Health Study:Appleとハーバード大学T.H.Chan公衆衛生大学院および国立衛生研究所(NIEHS)との提携による、女性の月経周期と婦人科疾患に焦点を当てた初の大規模な長期研究です。この研究によって、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、不妊症、骨粗しょう症、妊娠、更年期などのスクリーニングや危険性評価に役立つ情報を得ることができます。 Apple Heart and Movement Study:Appleとブリガム·アンド·ウイメンズ病院およびアメリカ心臓協会との提携による、心拍数および身体機能の兆候(歩行速度、飛行中または階段昇降など)と入院、転倒、心臓の健康、生活の質などとの関連性に関する総合的な研究で、健康的な運動の促進と心臓血管の健康改善を目標としています。 Apple Hearing Study:Appleとミシガン大学との提携による、聴覚の健康に影響を及ぼす要因の研究です。Apple Hearing Health Studyは、長期的なデータ収集を通じて、日々の騒音が聴覚にどのような影響を与える可能性があるか把握するという世界初の研究です。この研究データは、「Make Listening Safe」の取り組みへの貢献として、世界保健機関(WHO)とも共有されます。 医学研究団体へのAppleの支援は、ResearchKitとCareKitの発表に遡ります。これらにより、ヘルスケアの研究と提供が促進され、規模も拡大されました。Apple Heart StudyはResearchKitを活用して開発されたものです。これは心臓研究に関する最大規模の研究であり、心房細動がApple Watchの不規則な心拍の通知機能で検証できることを確かめることにより、大規模なバーチャル研究が医学研究に及ぼしうる影響を示しています。  「女性は世界人口の半数を占めているにもかかわらず、今日でさえ、女性特有の健康に関するニーズの研究は限られています。この研究は、かつてない規模であり、女性の健康に関する生物学的·社会的決定要因への理解を大きく推し進め、よりよい健康の促進に役立つことでしょう」と、ハーバード大学T.H.Chan公衆衛生大学院の疫学部代表であり部局長であるMichelle A. Williams氏は述べています。 「これはNIEHSの研究者にとってすばらしい機会です。研究デザインに貢献し、研究データに基づいて、出産年齢の女性だけではなく、すべての年齢層の女性にとって重要な新しい問いを究明することができます」と、NIEHSの疫学部門の責任者であるDale Sandler博士は述べています。 「あらゆる被験者の方々およびAppleとの協力を通じて、さまざまな健康状態や慢性疾患につながる人体生理学の複雑な特徴を解明し、この情報を活用して個人がそれぞれの健康を改善できるよう手助けできるのは大変喜ばしいことです」と、ブリガム·アンド·ウイメンズ病院内科サイエンティフィック·イノベーションのバイスプレジデントであり、ハーバード大学医科大学院の准教授であるCalum MacRae氏は述べています。 「アメリカ心臓協会は、より健康で長生きできる世界を実現するため、絶え間ない努力を行っています。私たちは、心臓の健康と全般的な健康に関するあらゆる事柄について人々が積極的に取り組めるよう、役立つ情報を提供し支援しています。健康に関するより詳しい情報を提供する新しいテクノロジーに基づいたソリューションによって、私たちの目標が達成できることを信じています。アメリカ心臓協会はAppleおよびブリガム·アンド·ウイメンズ病院と共同でApple Heart and Movement Studyに取り組み、広範囲な身体活動と個人の全般的な心臓の健康との関連性を究明することにより、健康へのリスクを突き止め、健康改善のために必要な介入について理解することを目指しています」と、アメリカ心臓協会のCEOであるNancy Brown氏は述べています。 「Appleおよび世界保健機関と共同で日々の活動が聴覚に及ぼす影響を解明するという、このような特別な機会に恵まれたことを大変喜ばしく思っています。この提携を通じて、米国の公衆衛生上、聴覚低下につながるさまざまな騒音の影響を解明するために非常に貴重な情報を得ることができます」と、ミシガン大学公衆衛生大学院の学部長であるDuBois Bowman氏は述べています。 「世界保健機関(WHO)では、Apple Hearing Studyの開始によってユーザーの聴く行為とパターンに関する理解が深まることを大変喜ばしく思っています。WHOでは、10億人以上の若者が危険な音量で聴く習慣を持っており、聴覚を低下させるおそれがあると推定しています。この研究を通じて収集されたデータを受け取ることに期待しています。研究によって得た知識をこの分野における公衆衛生の今後の行動に役立てていきます」と、世界保健機関「難聴および聴力低下の予防のためのプログラム」技術責任者であるShelly Chadha博士は述べています。 1 米国でのみ提供されます。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先: Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Wed, 11 Sep 2019 15:18:36 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom DioDocsとAzure Functionsで帳票生成サービスを作ろう! http://codezine.jp/article/detail/11704 グレープシティ社からリリースされた.NET向けExcel・PDF操作ライブラリ「DioDocs」。以前の記事ではその魅力と利用方法をお伝えしました。今回は、実際のアプリケーションの中でDioDocsをどう組み込むか。その方法をひとつ紹介します。 CodeZine:新着一覧 Wed, 11 Sep 2019 12:00:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 Apple TV+が、世界最高の才能たちが手がけるオリジナル作品を携えて11月1日にサービスの提供を開始 https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/09/apple-tv-launches-november-1-featuring-originals-from-the-worlds-greatest-storytellers/ Apple TV+が、世界最高の才能たちが手がけるオリジナル作品を携えて11月1日にサービスの提供を開始Apple TV+は、世界中どこでも、Apple TVアプリケーションを使って月額600円で視聴できます。 Appleは本日、Apple TV+の提供を100以上の国と地域で11月1日に開始することを発表しました。Apple TV+は、世界で最も想像力の豊かな才能たちが手がけた作品を集めたビデオサブスクリプションサービスで、提供するコンテンツがすべてオリジナル作品という世界初のサービスです。Apple TV+では、「ザ·モーニングショー」「ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~」「See ~暗闇の世界~」「フォー·オール·マンカインド」「ゾウの女王:偉大な母の物語」など、パワフルでインスピレーションにあふれるオリジナル作品が勢揃いしています。本サービスは、 iPhone、iPad、Apple TV、iPod touch、Macで動作するApple TVアプリケーションや、インターネット上のtv.apple.comを含む他のプラットフォームで月額600円にて提供され、7日間の無料トライアルをお試しいただくこともできます。本日以降にiPhone、iPad、Apple TV、Mac、iPod touchをお買い上げいただいたお客様は、Apple TV+を1年間無料でお楽しみいただけます。ファミリー共有をご利用の場合は、最大6人までのファミリーメンバーが1つのApple TV+サブスクリプションを共有できます。 「Apple TV+では、世界最高のクリエイティブな才能たちが手がける完全オリジナル作品を用意しているので、視聴者はお気に入りの番組や映画をきっと発見できるはずです。Apple TV+のオリジナル作品には、独創的なストーリーや、新しい視点、パワフルなメッセージが詰まっています。そうしたものすべてに、人々を楽しませ、つながりを生み、文化的な会話が弾むようにという思いが込められています」とAppleのワールドワイドビデオ部門を率いるザック·ヴァン·アンバーグは述べています。 「Apple TV+は、オリジナル作品だけを提供するという前例のないグローバルな動画配信サービスです。視聴者のみなさんが、どこでも、自分の好きな画面で、心ゆくまで感動的なストーリーを楽しんでいただける機会をお届けしていくことを今から心待ちにしています」とAppleのワールドワイドビデオ部門を率いるジェイミー·アーリックは述べています。 まったく新しい、Apple TV+のオリジナル作品 世界で最もクリエイティブな巨匠たちが手がけたApple TV+のオリジナル作品は、Apple TVアプリケーション上で11月1日公開です。 ジェイソン·モモアとアルフレ·ウッダードが出演する「See ~暗闇の世界~」は、600年後の未来を舞台にした映画で、ウィルスで人類の10分の1が死滅し、残された人々も盲目になってしまった後の世界を描いています。全人類が視覚を失った今、人類には新しい生存の方法を見つけて適応する道しか残されていません。 「ザ·モーニングショー」は、リース·ウィザースプーンとジェニファー·アニストンが出演、製作総指揮を務め、スティーブ·カレルが出演するドラマで、激しい争いが繰り広げられる朝のニュース番組の舞台裏をお見せします。アメリカ国民にさわやかな朝をお届けするニュース番組の背後でうずまく、人間のエゴ、野心、権力闘争の世界を描きます。 「ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~」は、成人向けのブラックコメディ。人々が社会、性別、家族の中で受ける様々な制約を、反骨心のある若い詩人、エミリー·ディキンスンの目線を通して眺めます。 ロナルド·R·ムーアの新シリーズ「フォー·オール·マンカインド」は、世界に広がる宇宙開発競争が止まらなかったらどうなるかを想像力豊かに描いた作品です。宇宙開発計画は、アメリカの希望と夢の中心にある文化として生き続けています。 「Helpsters ~お助けモンスターズ~」は「セサミストリート」の製作者が手がけた子ども向けシリーズで、コーディと元気いっぱいの問題解決が大好きなモンスターたちが登場します。この物語のすべては、1つの計画から始まります。 「スヌーピー 宇宙への道」は、ピーナッツ·ワールドワイドとDHXメディアが製作したオリジナルの新作で、宇宙飛行士になるという夢を追いかけるスヌーピーと一緒に冒険の旅に出かけます。スヌーピー、チャーリー·ブラウンと仲間たちが一緒に国際宇宙ステーションに乗り込み、月とその向こうにある世界を探検します。 「ゴーストライター」は人々に愛されたオリジナルシリーズのリメイク版で、近所の本屋にいる不思議な幽霊に集められた4人の子どもたちが、力を合わせて本の中に登場する空想上のキャラクターを解放しようとする物語です。 「ゾウの女王:偉大な母の物語」は高い評価を得ているドキュメンタリー映画で、映画という形での絶滅危惧種へのラブレターです。この映画は、群れを率いて長旅に出かけたメスのボス象を追いかけた、命と喪失、帰郷の物語です。 オプラ·ウィンフリーが、人々の心をつかんで離さない世界の作家たちと会話をする中で、世界に広がるブッククラブなどの活気あふれるプロジェクトをつくり上げることを通して、世界中の人々を結びつけ、前向きな変化を生み出す方法を紹介します。 Apple TV+のオリジナル作品は、Apple TVアプリケーションに毎月続々と追加されます。次のような作品が予定されています。 「サーヴァント ~ターナー家の子守~」は、M·ナイト·シャマラン監督によるサイコスリラーの新作で、言葉では言い尽くせない悲劇に見舞われ、悲しみの底に沈むフィラデルフィア在住の夫婦の間に生じた亀裂のために、二人の家に不思議な力が入り込む扉を開いてしまう物語です。 「真相 - Truth Be Told」は、アカデミー賞を受賞したオクタビア·スペンサーとエミー賞を受賞したアーロン·ポールが出演する、手に汗を握る新作シリーズで、アメリカ国民が熱狂する犯罪の真相を追求するPodcastの舞台裏を探り、プライバシー、メディア、人種をめぐる緊急課題を取り上げています。 「リトル·アメリカ」は、雑誌「Epic Magazine」に掲載された実話を元に作られた作品で、アメリカの移民たちの笑い話、ロマンチックで、心温まる話、インスピレーションにあふれ、驚くような体験談をいきいきと伝えています。 「The Banker(銀行家)」は実話に基づく長編映画で、アンソニー·マッキーとサミュエル·L·ジャクソンが演じる2人のアフリカ系アメリカ人の起業家が、人種差別法がはびこる1950年代のテキサス州で、人種的な制約を迂回してアフリカ系アメリカ人のコミュニティに住宅ローンをひそかに提供しようとするドラマを描いています。そのほかの出演者には、二ア·ロングとニコラス·ホルトがいます。 「ハラ」は、2019年サンダンス映画祭と2019年トロント国際映画祭に正式招待された長編映画で、都会で暮らすティーンエイジャーとしての自分と、伝統的なイスラム教徒として育てられた自分の間で葛藤する高校3年生を描いています。 Apple TV+登録者は、Apple TV+のオリジナル作品をオンラインでも、オフラインでも広告なしでいつでもApple TVアプリケーション上で観ることができます。Apple TVアプリケーションは、iPhone、iPad、Apple TV、iPod touchに最初から内蔵されており、macOS Catalinaを搭載したMacにも登場する予定です。Apple TVアプリケーションは、一部のSamsungのスマートテレビでも利用可能で、Amazon Fire TV、LG、Roku、Sony、VIZIOの各プラットフォームにも今後対応する予定です。Apple TV+の登録とオリジナル作品の視聴は、ウェブ上のtv.apple.comでも行うことができます。 本日より、Apple TV+のシリーズ作品および映画の予告編を観て、Apple TVアプリケーションの「次に観る」に追加できるようになりました。追加しておくと、最初のエピソードが配信されると通知が届きます。Apple TV+のサービス開始時には、ほとんどのシリーズ作品が3回分のエピソードと共に登場し、エピソードが毎週1話ずつ追加されていきます。一部の作品は、フルシーズンの作品が一挙に公開されます。 Apple TV+のオリジナル作品は、全世界の視聴者が楽しめるよう字幕や吹き替え版を用意し、40近い言語に対応しています。その中には、聴覚に障がいがある方向けのSDH(Subtitles for the Deaf and Hard-of-Hearing)またはクローズドキャプションと呼ばれる字幕も含まれます。Apple TV+のシリーズ作品と映画は、オーディオ説明も8つの言語で利用できます。 Apple TV+は、Apple Arcadeに次いで、Appleが提供する最新のサービスです。世界初のゲームのサブスクリプションサービスで、100以上のここでだけ遊べる新しいゲームが楽しめるApple Arcade、300以上の雑誌、新聞、デジタル出版物をApple Newsアプリケーションで読めるApple News+、5000万以上の曲や、数万のプレイリスト、世界の音楽のエキスパートたちが厳選して毎日公開する曲のセレクションが見つかるApple Music、Appleが作った新しいタイプのクレジットカードで、金銭的に健全な生活を送ることができるように考えられているApple Card、世界で最も利用されている非接触型モバイル決済システムで、簡単、安全に、プライバシーを保護しながらAppleデバイスを使って決済ができるApple Pay、App Store、iCloudなどのサービスに、今後Apple TV+が加わることになります。 【価格と販売について】 Apple TV+は、Apple TVアプリケーションを使って月額600円で視聴できるサービスで7日間の無料トライアルが可能です。iPhone、iPad、Apple TV 4K、Apple TV HD、Apple TV(第3世代)、iPod touch、Macで11月1日にサービスの提供が開始されます。Apple TV+に登録するには、iOS 12.3以降、tvOS 12.3以降、またはmacOS Catalinaにデバイスをアップデートする必要があります。サブスクリプションは、7日間の無料トライアルが終了すると月額600円で自動更新されます。 Apple TV+は、2018年型以降のSamsungのスマートテレビの一部で動作するApple TVアプリケーションにも対応し、Amazon Fire TV、LG、Roku、Sony、VIZIOの各プラットフォームにも今後対応していく予定です。 Apple TV+の登録とオリジナル作品の視聴は、ウェブ上のtv.apple.comでも行うことができます。 AirPlay 2対応のSamsung、LG、VIZIOのスマートテレビをお持ちのお客様が、Apple TV+のオリジナル作品をスマートテレビ上で直接再生またはミラーリングするには、Apple TVアプリケーションを利用しているiPhone、iPad、iPod touch、MacをiOS 12.3以降またはmacOS Catalinaにアップデートする必要があります。Sonyスマートテレビの対象機種をお持ちのお客様も、年内にAirPlay 2をご利用いただけるようになる予定です。 9月10日以降に新品のiPhone、iPad、Apple TV、Mac、iPod touchをお買い上げいただいたお客様は、Apple TV+を1年間無料でお楽しみいただけます。1年間の無料視聴は、最新のソフトウェアに更新したデバイスのApple TVアプリケーション上で、11月1日から利用を開始できます。お客様は、デバイスをアクティベートして3か月以内は無料視聴提供の請求ができます。Apple TV+のサービス開始以前にデバイスの購入とアクティベーションを行った場合は、11月1日から3か月以内は提供の請求ができます。サブスクリプションは、7日間の無料トライアルが終了すると月額600円で自動更新されます。お客様は、毎月の更新日の前日までに、「設定」でいつでもキャンセルすることができます。無料期間中にキャンセルを行ったお客様は、無料提供の残り期間に利用する権利を失います。この期間限定の無料提供は、iPhone Upgrade Programで提供されたデバイスを含め、新品および整備済製品をお買い上げいただいたお客様の両方に適用され、特定の販売チャネル(例:Apple Store、Apple製品取扱店)に限定されません。無料提供は、Apple TV+の提供が開始されるすべての国と地域でご利用いただけます。Apple TV+のサブスクリプションは、最大6人までのファミリーメンバーが共有でき、各ユーザーのApple IDとパスワードを使って視聴できます。1年間の無料視聴は、購入したデバイスの数に関係なく、家族単位で1つの無料提供となります。 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム─iOS、macOS、watchOS、tvOS─はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人以上の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Wed, 11 Sep 2019 10:39:44 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom Apple、デュアルカメラ搭載のiPhone 11を発表 https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/09/apple-introduces-dual-camera-iphone-11/ Apple、デュアルカメラ搭載のiPhone 11を発表これまでのスマートフォンの中で最も速く、最もパワフルなチップを搭載、さらにまったく新しいデュアルカメラシステムと一日中持続するバッテリーAppleは本日、世界でもっとも人気のあるスマートフォン1をさらにパワフルにし、一日を通じて最もよく使う機能を今まで以上に使いやすくする技術革新を搭載したiPhone 11を発表しました。iPhone 11はパワフルなデュアルカメラシステムを搭載し、スマートフォンの中で最も品質の高いビデオや写真のナイトモードで直感的なカメラの体験を提供します。iPhone 11はA13 Bionicチップの搭載で最も要求の厳しい処理をこなす一方、一回の充電で一日中使うことができ、さらに耐水性能も向上した設計となっています。 iPhone 11は鮮やかな6つの新色が用意され、9月13日(金)から予約注文の受け付けが始まり、9月20日(金)から店頭販売が始まります。価格は74,800円(税別)からです。 「iPhone 11は次世代のiPhoneです。鮮やかなビデオや写真が撮れる新しい超広角そして広角カメラ、パワフルで使いやすいiOS 13、そして毎日よく使う処理を素早くこなすスマートフォン史上最速のチップであるA13 Bionicといった素晴らしい新機能が美しいデザインに詰め込まれています。ハードウェア、ソフトウェアそしてサービスが密接に連係するiPhone 11の進化は、類のないiPhoneの体験をお求め安い価格でより多くのお客様に提供します。きっと気に入っていただけると思います」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ·シラーは述べています。 精巧なデザインとディスプレイ 背面が1枚のガラス板から精巧につくられたiPhone 11は、スマートフォンの中で最も頑丈なガラスを特長としています。耐水性能はIP68等級で、最大水深2メートル、最大30分間の浸水に耐えるほか、コーヒーやジュースなどの日常的な液体に対する耐水性能を備えています2。iPhone 11は、パープル、グリーン、イエロー、ブラック、ホワイトそしてPRODUCT(RED)の6つの鮮やかな新色が用意されています。 美しい6.1インチのオールスクリーンLiquid Retinaディスプレイは、広い色域とTrue Toneでより自然なコンテンツを表示します3。iOS 13全体に深く統合された触覚タッチによりお気に入りのアプリケーションを素早く、シームレスに操作することができます。例えばカメラでセルフィーを撮ったり、カレンダーで予定をチェックしたり、メールをプレビューしたりといった毎日行なう操作をホームスクリーンでアプリケーションのアイコンを押すだけで、アプリケーションショートカットを実行することができます。 A13 Bionic — スマートフォンの中で最も速いチップ スマートフォン史上最速のチップであるA13 Bionicは、iPhone 11がで毎日繰り返し行う処理に類のないパフォーマンスを発揮します。A12と比べ、CPUおよびGPUの性能は最大20%速くなっています。A13は機械学習に適した設計となっており、リアルタイムでの写真やビデオの分析を行なうより高速のNeural Engine、そしてCPUが1秒あたり1兆を超える演算処理を行なう新しい機械学習アクセラレータを搭載しています。 A13 BionicとiOS 13の組み合わせはスマートフォンの中で最高の学習プラットフォームとなります。また、効率を重視した設計のA13 Bionicは一日中使えるバッテリーをも可能にしています。 まったく新しいデュアルカメラ搭載のシステム iPhone 11はiOS 13に深く統合されたまったく新しい超広角および広角カメラを持つデュアルカメラシステムを搭載し、スマートフォンの中で最も品質の高いビデオ、そして大きく進化した写真を提供することで究極のカメラの体験を可能にします。 iPhone 11は美しくシャープなビデオを撮影します。それを可能にしているのがより明部の細部を捉える拡張ダイナミックレンジと、映画レベルの手ぶれ補正を持つ4Kビデオをサポートする超広角カメラと広角カメラです。より広い画角と大きな焦点面により、ユーザーは超広角カメラでディテールに富んだ動きのあるビデオを撮ることができます。 デュアルカメラシステムは、それぞれのカメラの間で簡単にズームできるだけでなく、オーディオズームにより、ビデオの構図にあわせてよりぴったりな音声になるようにします。iOS 13では誰でもパワフルなビデオ編集ツールを使うことができ、回転、トリミング、露出補正、フィルタの追加をすべて、新しい使い勝手の良いカメラ操作画面の中ですぐに行なうことができます。 iPhone 11では、まったく新しい超広角カメラが4倍の範囲を捉えることにより写真を根本から変えます。超広角カメラは風景や建築物を撮影するのに適しています。すべてがFocus Pixelsになった新しい広角センサーはナイトモードを可能にし、屋内や屋外の暗い環境で撮影される写真を大きく向上させ、自然な色と低ノイズのより明るい画像にします。両方のカメラが連係して人やペット、物などをポートレートモードで撮影することができます。 次世代のスマートHDRは高度な機械学習を使って、被写体と背景の明部と暗部の細部が美しい、より自然に見えるイメージを捉えます。この秋後半に登場するDeep Fusionは、A13 BionicのNeural Engineによって可能となる新しい画像処理システムです。Deep Fusionは高度な機械学習を使って写真のピクセル単位での処理、写真のすべての部分の質感、細部、ノイズの最適化を行ないます。 Appleのハードウェアとソフトウェアの密接な連携による新しいカメラ操作画面では、デュアルカメラシステムとオールスクリーンディスプレイを使い、構図の外側の部分を表示し捉えることができる、より没入感のある撮影体験を提供します。シャッターボタンを長押しすると録画が始まるQuickTake機能により、ユーザーは初めて写真モードから切り替えることなく簡単に録画ができるようになりました。 新しくなったTrueDepthカメラはセルフィーでより多くの範囲を捉えることができるように、より広い画角の新しい12MPのカメラを採用しています。また次世代のスマートHDRはより自然に見える写真を可能にします。表現力豊かなセルフィービデオは、最高60 fpsで4Kビデオを録画し、120 fpsでスローモーションを撮影できるようになったTrueDepthカメラでまったく新しい見栄えの動画が可能になりました。 追加機能 新しいApple製のU1チップは空間認識のためのスマートフォン初の超広帯域テクノロジーを使います。9月30日にリリースされるiOS 13.1では、端末が向いている方向を認識した提案によりAirDropがこれまで以上に便利になります。 スマートフォンの中で最も安全な顔認証であるFace IDは、様々な距離でのパフォーマンスの向上とより広い認識角度により、これまでより30パーセント速く、より使いやすくなりました。 空間オーディオは臨場感あふれるサラウンドサウンド体験を提供し、Dolby Atmosはパワフルで感動的なオーディオをiPhone 11に実現します。 ギガビット級LTEとWi-Fi 6はこれまで以上に速いダウンロードスピード4を実現し、Dual SIMはeSIM対応5です。 iOS 13搭載 iPhone 11に搭載されるiOS 13は他のスマートフォンにはないソフトウェアとハードウェアの連係によりシームレスな体験を提供します。iOS 13には、ダークモードによるドラマチックで新しい画面表示、よりプライベートにアプリケーションやウェブサイトにサインインできるSign in with Apple、そしてまったく新しいマップ体験6などが新たに加わります。 先進のカメラと写真機能により、パワフルな新しいツールが加わり、写真編集はより総合的かつ直感的になり、ビデオ編集にまでその機能が広がりました。ポートレートライティングの調整は、カメラアプリケーションの中で行なうことができ、被写体に当たる光の強さを調整することができます。また新しいハイキーモノエフェクトは、ポートレートモードで撮る写真に美しい、モノクロのルックを作り出します。 価格と販売について iPhone 11は64GB、128GB、256GBのモデルがパープル、グリーン、イエロー、ブラック、ホワイトそしてPRODUCT(RED)の6色で用意され、価格は74,800円(税別)からです。また、apple.com/jp、Apple StoreアプリケーションそしてApple直営店から下取り8後の価格50,569円でお求めいただくこともできます。iPhone 11はApple製品取り扱い販売店および特定のキャリアからもお買い求めいただくことができます(価格は販売店により異なります)。 米国、プエルトリコ、アメリカ領ヴァージン諸島そして30以上の国と地域のお客様は9月13日(金)午前5時(米国西部時間)からiPhone 11の予約注文をすることができます。お渡しできるのは9月20日(金)以降です。 iPhoneを月払いでお求めになりたいお客様、そして現在お使いのiPhoneを下取りに出したい、またはiPhone Upgrade Programによりアップグレードされたいお客様は、iPhone上のApple Storeを使って、iPhone 11の予約注文が始まる前の9月12日(木)の午後9時(米国西部時間)までに先行承認を受けることができます。 iOS 13は9月19日にiPhone 6s以降を対象に無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。追加のソフトウェアアップデートが9月30日にiOS 13.19として提供されます。 Apple Arcadeは月額600円のサブスクリプションとしてiOS 13と一緒にApp Storeで提供され、1か月の無料トライアル10が付いています。ユーザは100以上の新しい、ここだけのゲームが含まれる全カタログに無制限でアクセスすることができ、これらはすべてiPhone、iPad、iPod touch、MacそしてApple TVでプレイすることができます。 Apple TV+はiPhone、iPad、Apple TV、iPod touch、Mac、そしてオンライン(tv.apple.com)を含むその他のプラットフォーム上のApple TVアプリケーションで、月額600円で利用することができ、7日間の無料トライアルが付いています。本日から、iPhoneを購入されたお客様はApple TV+を一年間無料でお楽しみいただくことができます11。 App StoreのApple ArcadeそしてApple TVアプリケーションのApple TV+は、Apple Music、Apple News+、Apple PayそしてiCloudを含むAppleの躍進的なサービスに加わります。 AppleからiPhone 11をご購入されるすべてのお客様はインストアまたはオンラインでのパーソナルセットアップを無料で受け、古いデバイスからのデータの移行、データの消去、電子メールのセットアップ、App Storeからの新しいアプリケーションのハイライトなどを手伝ってもらいながら購入されたiPhoneをカスタマイズすることができます。 お客様は、AppleCare+そしてAppleCare+ with Theft and Lossで初期の限定保証を延長し、週7日間、一日24時間、テクニカルサポートに優先的にアクセスすることができます。 iPhone 11についてさらに詳しくお知りになりたいお客様は、Appleの新しいToday at AppleセッションのQuick Tipsに参加することができます。Quick Tipsは、写真などiPhoneの最も人気のある機能にフォーカスした15分間の予約不要のセッションです。新しいQuick Tipセッションは9月20日(金)に始まります。 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム─iOS、macOS、watchOS、tvOS─はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人以上の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 1 iPhone XR はStrategy Analyticsによると世界で最も人気の高いスマートフォンです。 2 iPhone 11は防沫、防水、防塵性能を持っており、IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)のコントロールされた実験室条件で試験されました。防沫、防水、防塵性能は永久に続くものではなく、通常の使用に伴い減少することがあります。濡れたiPhoneは充電しないでください。清掃と乾燥に関するユーザガイドの説明を参照してください。液体による損傷は保証の範囲外です。 3 iPhone 11のディスプレイは、美しい曲線を描くように四隅に丸みを持たせてデザインされており、標準的な長方形に収まります。標準的な長方形として対角線の長さを測った場合のスクリーンのサイズは6.06インチです(実際の表示領域はこれより小さくなります)。 4 スピードはサイトのコンディションとキャリアによって変動します。LTEサポートの詳細については、お使いのキャリアにお問い合わせいただくとともにapple.com/jp/iphone/LTEをご覧ください。 5 デュアルSIMの使用には2つのワイヤレスサービスプランが必要です。これにはローミングの制限がある場合があります。使用には一定の制限があります。 6 新しい地図が特定の都市と州で利用できます。2019年末までには米国全土に広がり、2020年にはさらに多くの国に広がります。 7 月払いの価格は一定の条件を満たすお客様にご利用いただけます。Citizens Oneの0パーセントAPR、24か月払いローン、そしてAT&T、Sprint、T-MobileまたはVerizonでのiPhoneのアクティベーションが必要です。残額により最後の支払いが少なくなる場合があります。全契約条項が適用されます。 8 下取り価格は変動します。iPhone 11の販売促進価格は状態の良いiPhone 8 Plusを下取りした場合の価格です。追加の下取り価格は新しいiPhoneの購入が条件となります。これには在庫と制限量が影響します。売上税は新しいiPhoneの全額に対して課されます。18歳以上のお客様が対象です。国によっては下取りを行なっていない場合もあります。インストアでの下取りには、政府発行の有効な写真付き身分証明書が必要です(国によってはこの情報の保存が求められている場合があります)。これ以外にもAppleまたはAppleの下取りパートナーからの条件がある場合があります。 9 詳しくは、apple.com/jp/ios/ios-13をご覧ください。機能によってはすべての地域またはすべての言語では使えないものもあります。 10 無料トライアル後は月額600円。縛りなし。プランは解約するまで自動更新。 11 無料トライアル後は月額600円。ファミリー共有グループごとに1つのサブスクリプション。オファーはデバイスが正しくアクティベーションされた後、3か月有効。2019年11月1日開始。プランは解約するまで自動更新。制限その他の条件があります。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Wed, 11 Sep 2019 10:10:42 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom Apple、最も人気の高いiPadの新バージョンを34,800円から販売することを発表 https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/09/apple-introduces-new-version-of-the-most-popular-ipad-starting-at-329/ Apple、最も人気の高いiPadの新バージョンを34,800円から販売することを発表10.2インチRetinaディスプレイを採用し、Apple PencilとSmart Keyboardに対応、パワフルなマルチタスクを可能にしクリエイティブな可能性を切りひらくiPadOSを搭載 Appleは本日、最も人気が高くお求めやすいiPadモデルの画面領域を広げ、フルサイズのSmart Keyboard1に対応した新しい第7世代のiPadを発表しました。34,800円から販売される新しくなったiPadは、目を奪う10.2インチRetinaディスプレイを搭載し、Apple Pencil2のサポート、高速なA10 Fusionチップ、先進的なカメラとセンサー、1日中使い続けることができる優れたバッテリー性能を含む最新のイノベーションを採用しており、圧倒的な接続性と持ち運びやすさ、使いやすさを誇ります。3新しいiPadの注文は、オンラインでは本日から開始し、店頭では9月30日(月)から発売します。 「新しいiPadは、最も人気が高くお求めやすいiPadモデルにさらなる価値が追加されます。前モデルよりも大きい10.2インチRetinaディスプレイを搭載し、Apple Pencilに対応しているほか、今回初めてフルサイズのSmart Keyboardをサポートしています」と、Appleのプロダクトマーケティング担当バイスプレジデント、グレッグ·ジョズウィアックは述べています。「新しいiPadはiPadOSが動作するように設計されています。iPadOSは新しいApple Pencilの使い方、マルチタスクや書類の管理、注釈追加といった操作がスムーズに行えるパワフルで新しい方法を採用しており、再設計されたホーム画面でより多くの情報を一目で確認することを可能にします。iPadOSを搭載したこの新しいiPadは、iPadで最も人気のあるモデルの長所をすべて継承した上で、創造、学習、仕事、そして遊びにより良い体験をもたらします」 パワフルかつ持ち歩きやすいデザインでありながら、より大きなディスプレイ 10.2インチRetinaディスプレイの新しいiPadは、約350万ピクセルの画面で、広い視野角度を実現しています。鮮やかなキャンバスはクリエイティブな表現を可能にし、さらなる進化を遂げたカメラと先進的なセンサーが没入感のある拡張現実(AR)体験を実現します。パワフルなA10 Fusionチップを搭載した新しい第7世代のiPadは、売上トップのWindows PCと比べ最大2倍の動作速度を発揮し4、マルチタスクでパワフルに作業することも、Apple Arcadeでゲームをスムーズにプレイすることもできます。 卓越した持ち運びやすさと耐久性を兼ね備えたiPadは、およそ469グラムと軽量で、iPad史上初めて100パーセント再生アルミニウムで筐体が作られています。その上、強度、耐久性、仕上げの美しさはほかのApple製品で使われているアルミニウムに劣りません。5超高速のワイヤレス接続とギガビット級LTE接続に対応したiPadでは、携帯電話通信が3倍高速化しているので6、ワイヤレスで簡単につながっていられます。7また、Touch IDにより指一本でiPadのロックを簡単に、なおかつ安全に解除して重要な情報を守ることができます。 iPadOSで、新しいiPad体験を パワフルで直感的な新機能が詰まったiPadOSでは、iPadならではの体験が可能になります。再設計されたホーム画面ではこれまでよりも多くのアプリケーションが各ページに表示され、「今日の表示」の追加も可能になりました。ウィジェットに素早くアクセスし、ニュースの見出しや天気、カレンダーのイベントといった情報を一目で確認することができます。iPadでは、Split Viewのアップデートにより同一アプリケーション上にある複数のファイルや書類でのマルチタスクがより一層簡単になりました。また、複数のアプリケーション間でのSlide Overを使用した切り替えもよりスムーズになりました。 必需品のApple Pencilは創造力を解き放ち、生産性を上げるための新しい方法を切りひらき、iPadとの連係がより一層強化されました。Apple Pencilを画面の下隅からスワイプするだけでウェブページや書類全体に注釈を加え、送信することができます。また、生まれ変わったツールパレットではツールや色、形を選びやすくなりました。 iPadOSは外付けのUSBドライブとファイルサーバに対応するため、ファイルアプリケーションにある書類がより管理しやすくなります。Safariでは、デスクトップクラスのブラウズ体験がiPadで可能なため、ウェブサイトをiPadに最適な表示で閲覧できます。また、SquarespaceやGoogle Docsといった人気のウェブアプリケーションもサポートしています。ダークモード、カスタムフォント、写真アプリケーションの操作を含むiPadOSの機能について詳しくは、apple.com/jp/ipados/を参照してください。 これまでで最高のiPadラインナップ お求めやすい最新のiPadがiPad mini、iPad Air、そして最も先進的なiPad Proモデルに加わり、iPad史上最も汎用性が高く、優れたラインナップとなりました。今回のラインナップではApple Pencilの対応、クラス最高の性能、先進的なディスプレイ、1日中使い続けることができるバッテリー性能により、ほかのタブレットにはない卓越した体験が実現します。お客様の重視することが、持ち運びやすさ、画面サイズ、パワー、あるいは価格でも、すべての方にぴったりのiPadが見つかります。iPadファミリーについて詳しくは、apple.com/jp/ipad/compareを参照してください。 【価格と販売について】 新しい第7世代のiPadはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色の仕上げで、32GB構成と128GB構成があります。価格はWi-Fiモデルが34,800円(税別)から、Wi-Fi + Cellularモデルが49,800円(税別)からで、apple.com/jp、Apple Storeアプリケーション、Apple Store、さらにApple製品取扱店と特定の通信事業者からも販売されます(価格は異なる場合があります)。 新しいiPadの注文は、米国および25カ所を上回るその他の国や地域にて、apple.com/jpおよびApple Storeアプリケーションで本日より開始します。iPadの店頭販売は、これらをはじめとする国と地域で9月30日より開始されます。 新しい第7世代のiPadには、iPadOSが無料で出荷時から搭載されています。iPad Air 2以降、iPad Proモデル各種、第5世代以降のiPad、iPad mini 4以降には、9月30日にソフトウェアアップデートが無料で提供されます。 Apple Pencil(第1世代)は別売りで、価格は10,800円(税別)です。 Smart KeyboardはSmart Connectorによって10.2インチiPadに接続できるフルサイズのキーボードです。別売りで購入することができ、価格は17,800円(税別)です。日本語、簡体字中国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語をはじめとする30を超える言語のキーボードレイアウトに対応しています。 学校を運営するお客様は、iPadを32,800円(税別)から、Apple Pencilを9,800円(税別)でお求めいただけます。 ポリウレタン製のiPad用Smart Coverは、チャコールグレイ、ホワイト、ピンクサンド、そして新しいアラスカンブルーの4色の仕上げで、5,800円(税別)で販売されます。 米国のお客様は条件を満たすデバイスを下取りに出すと、下取り額分のApple Storeギフトカードまたは新しいApple製デバイスの購入価格が割引になります。デバイスが下取りの条件を満たさない場合は、Appleが無料でリサイクルします。8  オンラインでAppleから新しいiPadを購入する場合、無料の刻印サービスを利用して自分だけのiPadを手に入れることができます。 お客様はAppleCare+によって保証期間を延長し、テクニカルサポートに優先的に問い合わせることができます。 AppleからiPadをご購入いただいたすべてのお客様に、Apple Storeまたはオンラインでのパーソナルセットアップを無料で提供します。iPadのカスタマイズ方法、電子メールの設定方法、App Storeでの新しいアプリケーションの探し方など、様々なことをお手伝いします。 Apple Arcadeは、月額600円のサブスクリプションとしてiOS 13と一緒にApp Storeで提供され、1か月の無料トライアル9が付いています。100を超える限定の新作ゲームのすべてに無制限でアクセスできるほか、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TVのすべてを通じてプレイ可能です。 Apple TV+はiPhone、iPad、Apple TV、iPod touch、Macや、オンライン(tv.apple.com)を含むその他のプラットフォーム上のApple TVアプリケーションで、月額600円で利用することができ、7日間の無料トライアルが付いています。本日から、iPadをご購入のお客様は1年間無料でApple TV+をお楽しみいただけます。10 App StoreのApple ArcadeおよびApple TVアプリケーションのApple TV+は、Appleの革新的なサービスであるApple Music、Apple News+、Apple Pay、iCloudに続く画期的なサービスです。 iPadおよびiPadOSについてもっと知りたいお客様は、apple.com/jp/todayでToday at Appleのセッションに無料で登録できます。 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム─iOS、macOS、watchOS、tvOS─はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人以上の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 1 Smart Keyboardは別売りです。 2 第1世代のApple Pencilは別売りです。 3 バッテリー駆動時間は各種設定、使用方法、その他の要素によって変わります。実際の結果は異なる場合があります。 4 米国内2019年上半期売上トップのWindowsノートパソコンとの比較結果です。 5 再生素材に関する所見は筐体が対象であり、UL LLCが実施した監査にもとづきます。 6 前モデルの9.7インチiPadとの比較結果です。 7 ネットワークの速度は携帯電話会社の回線速度により変動します。 8 下取り額は、下取りに出すデバイスの状態、製造年、構成によって異なります。また、オンラインと店頭で下取り額が異なる場合があります。20歳以上の方のみが対象です。本プログラムは一部の店舗ではご利用いただけない場合があります。店頭での下取りの場合、有効な身分証明書の提示が必要です。AppleまたはAppleの下取りプログラムのパートナーにより、その他の条件が適用される場合があります。 9 無料トライアル期間後は月額600円のお支払いが必要です。継続は自由です。トライアル期間の終了後、キャンセルされない限りプランは自動的に更新されます。 10 無料トライアル期間後は月額600円のお支払いが必要です。1つの契約をファミリー共有グループ内で共有することができます。このサービスはデバイスのアクティベーション後3か月以内のお客様に限り、2019年11月1日よりご利用いただけます。キャンセルされない限りプランは自動的に更新されます。制限またはその他の諸条件が適用される場合があります。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Wed, 11 Sep 2019 09:52:22 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom Apple Arcadeが最高の楽しみにご招待します https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/09/apple-arcade-invites-you-to-play-something-extraordinary/ Apple Arcadeが最高の楽しみにご招待します革新的なゲームのサブスクリプションサービスが、App Storeで9月19日より1か月600円で開始 Appleは本日、Apple ArcadeがApp Storeから9月19日(木)にiOS 13とともに利用可能となり、ゲームを無制限で楽しめるまったく新しい方法が提供されることを発表しました1。Apple Arcadeのサブスクリプションは1か月あたり600円で、ユーザーは100を超えるここでだけ遊べる新しいゲームのカタログ全体に無制限にアクセスでき、すべてのゲームをiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TVで楽しむことができます。Apple Arcadeは1か月の無料トライアル付きで提供が開始され、ユーザーは他のモバイルプラットフォームやサブスクリプションサービスにはないゲームをプレイできます。Apple Arcadeのゲームはすべてオフラインでもプレイでき、ファミリー共有を利用して、1つのサブスクリプションで家族が最大6人までアクセスできます。カタログに収録されるゲームは100を超え、今後数週間にわたって新しいタイトルが登場し、ゲームは毎月追加されます。Apple Arcadeはまた、iPadOSとtvOS 13では9月30日に利用できるようになり、macOS Catalinaでは10月に利用できるようになります。 「Apple ArcadeをApp Storeで提供開始することを、とても嬉しく思っています。世界中の最も革新的なゲームデベロッパのここでだけ遊べる新しいゲームを100以上も集めたセレクションは、App Storeに既にある膨大なゲームのカタログを完璧なものに近づけます」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ·シラーは述べています。「1つのサブスクリプションで、家族全員がApple Arcadeの素晴らしいゲームのカタログ全体に無制限にアクセスできます。また、すべて広告が表示されず、追加購入も不要で、すべてのゲームがAppleのプライバシーに関する高い基準を満たしています。これはあらゆる世代のお客様に喜んでいただけると思っています」 ここでだけ遊べる新しいゲーム アクションゲームやアドベンチャーゲーム、パーティゲームやパズルまで、どんな人でも、楽しめるゲームがきっと見つかります。Apple Arcadeに登場するタイトルの一部をご紹介しましょう。 Gameloftの「弾丸ベースボール」はアクションが盛りだくさんの野球ゲームで、ピッチャーとバッターの熱戦をリアルタイムのマルチプレイ対戦で再現しています。 「チューチューロケット!ユニバース」では、セガの人気キャラクター、チューチューたちが不思議で素晴らしい惑星に満ちた宇宙へ飛び出し、100を超える驚きのパズルを楽しめます。 Devolverの「Exit the Gungeon」では、プレイヤーは行く手を塞ぐ危険な障害物や敵が増え続ける地獄の迷宮から脱出しなければなりません。 Finjiの「オーバーランド」は、世界滅亡後のロードトリップアドベンチャーです。プレーヤーは危険な生き物と闘い、立ち往生する旅人を救い、物資をあさって生き延びます。 バンダイナムコの「PAC-MAN Party Royale」は、誰でも気軽に楽しめる、まったく新しいゲームで、4人のプレーヤーがバトルモードで闘い、最後まで残ったパックマンが勝利となります。 Blowfishの「Projection: First Light」では、プレーヤーは神話の影絵の世界に住む少女グレタの冒険に付き添います。グレタは古代文明の伝説的なヒーローたちに助けられながら、自らを発見する旅に出ます。 Ubisoftの「Rayman Mini」では、レイマンが蟻のサイズまで小さくなります。プレーヤーは昆虫、キノコ、植物を使ってできるだけ速く世界を駆け抜けるか、最高得点を目指して何度もやり直します。  WayForwardの「Shantae and the Seven Sirens」は、広大な水中都市を探検して7人のセイレーンと戦う、ハーフジーニーのこれまでで最もワクワクする冒険です。 Snowmanの「Skate City」はストリートスケートの精神をマルチタッチによる操作で再現し、街がスケーターにとって究極の遊び場になります。 RAC7の「Sneaky Sasquatch」では、プレーヤーはサスクワッチの日常生活を送り、変装してうろつき廻ったり、保冷バッグやピクニックバスケットをあさったり、ゴルフをしたりします。 「アンリーシュ·ザ·ライト」はCartoon Netwrokによる、レベッカ·シュガーがシナリオを共同執筆したオリジナル作品です。プレーヤーはお気に入りのキャラクターを選んで、パーティに含めるジェムを選択します。新たな能力を解放したり、コスチュームを身につけたりして楽しめる、究極のモバイルロールプレイングゲームです。 Rogue Gamesの「Super Impossible Road」は未来的な高速レーシングゲームです。プレーヤーは美しい宇宙を背景に、曲がりくねるヘアピンカーブのコースを征服します。 Bossaの「The Bradwell Conspiracy」は、美しいスタイルとひねりの効いたユーモアを楽しめる、陰謀に満ちたスリルあふれるアドベンチャーゲームです。 Noodlecakeの「The Enchanted World」では、プレーヤーは、闇の力によって引き裂かれた魔法の世界をつなぎ合わせようとする、若き妖精を手伝います。 スクウェア·エニックスの「 VARIOUS DAYLIFE」は「ブレイブリーデフォルト」と「オクトパストラベラー」のクリエイター達によるまったく新しいロールプレイングゲームです。帝国歴211年、プレーヤーは新たに発見された大陸を冒険しながら、エレビアの街で充実した生活を楽しみます。 世界で最もクリエイティブなデベロッパにより制作されたApple Arcadeのゲームのどれもが、直感的で楽しいゲームプレイ、魅力的な物語とオリジナルのアートや音楽によって、プレーヤーの想像力を引き付けます。Apple Arcadeの登録者は、すべてのアップデートや機能拡張を含むフルバージョンをすべてのゲームで利用でき、ゲーム内で広告が表示されたり、追加の課金が発生することはありません。登録者はゲームを直接購入する代わりに、Apple ArcadeのゲームをApp Storeのまったく新しいArcadeタブからダウンロードしてプレイします。ゲームはすべてオフラインでも遊ぶことができるため、いつでも、どこでも楽しむことができます2。Apple Arcadeは幅広い新作タイトルをモバイル、デスクトップ、そしてテレビを通してプレイできる世界で初めてのゲームのサブスクリプションサービスです。ユーザーがゲームを最大限の自由度でプレイできるように、タッチコントロールやSiri Remoteに加え、一部のゲームではBluetooth対応のXbox ワイヤレス コントローラー、PlayStation DUALSHOCK 4、MFiゲームコントローラなどのコントローラをサポートします。 AppleはApp Storeで世界的なアプリケーション現象を巻き起こして、人々が働き、つながり、学び、遊ぶ方法を変革しました。App Storeはアプリケーションエコノミーを推進して、全世界のデベロッパに1200億ドルの利益をもたらしました。現在、App Storeは世界で最も安全で活気にあふれたアプリケーションマーケットであり、訪問者数は毎週5億人を超えます。プライバシー、セキュリティ、品質、キュレーションがApp Storeの基本です。すべてのアプリケーションが、App Storeでの提供開始時にAppleの厳格なガイドラインを遵守している必要があり、それ以降も遵守し続けることが求められます。優れたアプリケーションが見つけやすいように、専任のエディターたちが豊富なコンテンツと、最良のアプリケーションを厳選したコレクションを制作して毎日お届けしています。App Storeはアプリケーションの世界を探索するために最適な場所で、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、iPod touch、Apple TV、iMessageで利用可能です。 Apple ArcadeはAppleの最新サービスの1つで、他にも次のようなサービスがあります。Apple TV+は、すべてがオリジナルである初めての動画サブスクリプションサービスで、今最も創造力にあふれるストーリーテラーが集結しています。Apple News+では、300を超える雑誌、新聞、デジタルパブリッシャーがApple Newsアプリケーションに集まっています。Apple Musicは5000万を超える曲、数千のプレイリスト、世界最高の音楽のエキスパートによる日替わりの選曲を楽しむことができます。Apple CardはAppleが生み出した新しいクレジットカードで、毎日のお支払いがもっと適切なものになります。Apple Payは世界で最も利用されている非接触型支払いシステムで、Appleデバイス、およびApp StoreとiCloudを利用し、セキュリティで保護された簡単で安全な決済手段を提供します。 【価格と販売について】 Apple ArcadeはApp Storeの新しいタブから提供され、1か月あたり600円で利用でき、150以上の国と地域で1か月の無料トライアル付きで提供開始されます。 サブスクリプションは1か月の無料トライアルの終了後、キャンセルされるまで1か月あたり600円で自動的に更新されます。お客様は、各更新日の1日以上前に、「設定」からいつでもキャンセルできます。 Apple ArcadeはiOS 13では9月19日に利用できるようになり、iPadOSとtvOS 13では9月30日、macOS Catalinaでは10月に利用できるようになります。 1 利用開始日は米国時間の表記です。 2Apple TVの一部のArcadeゲームでは、インターネット接続が必要です。 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム─iOS、macOS、watchOS、tvOS─はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人以上の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Wed, 11 Sep 2019 08:24:14 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max:最もパワフルかつ先進的なスマートフォン https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/09/iphone-11-pro-and-iphone-11-pro-max-the-most-powerful-and-advanced-smartphones/ iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max:最もパワフルかつ先進的なスマートフォンプロにふさわしい美しいディスプレイ、A13 Bionic、プロレベルの最先端カメラシステム、そして iPhone 11 Pro Max には、iPhone史上最長の駆動時間を誇るバッテリーを搭載 Appleは本日、プロレベルの新しいiPhoneとして、iPhone 11 Pro および iPhone 11 Pro Max を発表しました。この新しい2モデルは、最高レベルのスマートフォンを求めるユーザーに向けて先進的なパフォーマンスを提供します。新しい Super Retina XDR ディスプレイは、プロという名がつくにふさわしいディスプレイで、iPhone史上最も明るい画面を備えています。Appleが新たに設計した A13 Bionic チップは、あらゆる作業に比類のないパフォーマンスを発揮する一方で、一日中使え、かつてないほど飛躍的に延びたバッテリー駆動時間を実現します。新開発のトリプルカメラシステムは、超広角、広角、望遠の3つのカメラにより、まさにプロレベルのカメラ体験を提供します。同時に、新しいカメラシステムは、明るさが足りない場所での撮影でも絶大な機能の向上を果たしたほか、スマートフォンとして最高品質のビデオ撮影が可能になったことで、動きのあるビデオなどの撮影にも効果を発揮します。 iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max は、美しい新色のミッドナイトグリーンを含む、非常に美しい4つの仕上げでお届けします。予約注文は9月13日(金)より開始、店頭販売は9月20日(金)からの開始を予定しています。 「iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max は、私たちがこれまでに作り出した中で最もパワフルかつ先進的なスマートフォンです。そこには、プロがプロとしての仕事をする手助けをしてくれるような洗練されたテクノロジーが満載されていますが、これは同時に、たとえプロでなくとも本当に最高レベルのデバイスを求めるすべての人々に用意されたものでもあります。iPhone 11 Pro は、iPhoneとしては初となるトリプルカメラシステムを備え、これも私たちが作り上げた中では群を抜く最高品質のカメラであり、 iOS 13 の機能に含まれる幅広いクリエイティブな表現と、先進的な写真およびビデオ編集機能を提供します。Super Retina XDR は、iPhone史上最も明るく、最も先進的なディスプレイで、A13 Bionic チップはスマートフォンの処理能力と電力効率について新しい基準を設定しました」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ·シラーは述べています。 プロとよぶにふさわしいデザインとディスプレイ iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max の背面は質感のあるマットガラス製で、側面は磨き上げられたステンレススチール製フレームから作られており、美しい新色のミッドナイトグリーンを含む、魅力的な4つの仕上げが用意されています。iPhone史上最もパワフルなデバイスは耐久性も考慮して設計されており、iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max はスマートフォンが搭載した中で最も頑丈なガラスと、IP68等級に適合する最大水深4メートルで最大30分間の耐水性能を備えています。これで、コーヒーやジュースなど、日常よくこぼすような液体からもしっかり守れます。1 新登場の Super Retina XDR ディスプレイは、特別に設計されたOLEDで、映画やその他の高解像度ビデオを、最大輝度1,200ニトの明るさで、臨場感のあるHDR(High Dynamic Range)で視聴することができます。Super Retina XDR がシステム全体のカラーマネジメントを通じて幅広い色をサポートする一方で、True Tone がより自然な視覚体験を提供します。コントラスト比 2,000,000:1 と真の黒とが相まって、HDRのビデオと写真ではより鮮やかな視覚体験を楽しめます。さらには、Super Retina XDR ディスプレイは電力効率もさらに向上しています。よく利用するアプリケーションの操作は、iOS 13 と深く統合された触覚タッチを使って素早く、シームレスに操作することができます。例えばカメラでセルフィーを撮ったり、カレンダーで予定をチェックしたり、メールをプレビューしたりといった毎日行なう操作をホームスクリーンでアプリケーションのアイコンを押すだけで、アプリケーションショートカットを実行することができます。 最速のパフォーマンスと最長のバッテリー駆動時間 スマートフォン史上最速のチップであるA13 Bionicは、iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max が毎日繰り返し行なう処理に類のないパフォーマンスを発揮します。A12と比べ、CPUおよびGPUの性能は最大20%速くなっています。A13は機械学習に適した設計となっており、リアルタイムでの写真やビデオの分析を行なうより高速のNeural Engine、そしてCPUが1秒あたり1兆を超える演算処理を行なう新しい機械学習アクセラレータを搭載しています。A13 Bionic と iOS 13 が一緒になることで、スマートフォンで最も優れた機械学習プラットフォームを作り上げています。 これほどの計算能力、グラフィックス、機械学習パフォーマンスを備えながら、同時に、かつてないほど飛躍的に延びたバッテリー駆動時間をも可能にしたのです。iPhone 11 Pro は、iPhone Xs と比較して一日のバッテリー駆動時間が最大4時間も長くなり、iPhone 11 Pro Max に至っては、iPhone Xs Max と比較して最大5時間も長くなります。 プロのようなカメラシステムをすべての人々に iPhone 11 Pro は、まったく新しい超広角、広角、望遠の3つのカメラを特長とする革新的なトリプルカメラシステムを搭載し、iOSとの深い統合により、プロレベルのカメラ体験を誰もが使えるように設計により提供します。 iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max は、スマートフォンで撮影できる最高品質のビデオを実現したことで、ビデオにおける新たな基準を設定します。トリプルカメラシステムの各カメラは、鮮やかな4Kビデオを、拡張ダイナミックレンジと映画レベルの手ぶれ補正を使って撮影します。超広角カメラはより広い画角と大きな焦点面を備えており、動きのあるビデオを撮るのに最適です。3つのカメラはズームに合わせて簡単に切り換わりますが、オーディオズームにより、ビデオの構図にあわせてよりぴったりな音声になるようにします。iOS 13 には誰でもパワフルなビデオ編集ツールを使うことができ、ビデオを撮影したその場で、回転、トリミング、露出補正、フィルタの追加をすべて、新しい使い勝手の良いカメラ操作画面の中ですぐに行なうことができます。こうした調整を簡単に加えて一目で確認できるので、初心者でもプロのような品質のビデオ制作に取り組めます。 ハードウェアとソフトウェアの密接な連携により、iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max は従来のカメラ体験を、Appleにしかできない手法でレベルアップします。まったく新しい超広角カメラは、4倍の範囲を捉えるので、iPhoneのカメラ体験が根本的に変わります。これにより、風景写真、建築物の撮影、被写体に大きく寄ったタイトショットなどにも対応できます。また、すべてがFocus Pixelsになった新しい広角センサーと先進的なソフトウェアにより、ナイトモードが可能になりました。これにより、屋内外の明るさが足りない場所で撮影したような写真が、自然な色と低ノイズのより明るい写真に仕上がるなど、画質が大幅に向上します。 トリプルカメラシステムにより、広角と望遠の構図を使い分けることができるので、ポートレートモードも新たなレベルに向かいます。ポートレートモードの画角が広くなれば、多人数でのポートレート(集合写真)を撮影するような使い方もできます。望遠カメラの絞りは ƒ/2.0 と大きくなり、iPhone Xs と比較して40パーセント多くの光を捉えられるので、写真やビデオの画質が向上します。 次世代のスマートHDRは 高度な機械学習を利用して構図内の被写体を認識し、これに賢く照明を当て直すことで、細部もきちんと表現された、より自然に見えるイメージを作り出します。新しい True Tone フラッシュは従来に比べて30パーセント以上も明るくなっています。今秋には、A13 Bionic 搭載の Neural Engine により実現する新しい画像処理システムとなる Deep Fusion も登場する予定です。Deep Fusion は高度な機械学習を通じて写真をピクセル単位で処理することで、写真のどの部分にもある質感、細部、ノイズを最適化します。 カメラの操作画面が再設計され、トリプルカメラシステムとオールスクリーンのディスプレイを使い、構図の外側の部分を表示し捉えることができる、より没入感のある撮影体験を提供します。シャッターボタンを長押しすると録画が始まるQuickTake機能により、ユーザーは初めて写真モードから切り替えることなく簡単に録画ができるようになりました。 新しくなったTrueDepthカメラはセルフィーでより多くの範囲を捉えることができるように、より広い画角の新しい12MPのカメラを採用しています。 また次世代のスマートHDRはより自然に見える写真を可能にします。表現力豊かなセルフィービデオでは、最高60 fpsで4Kビデオを録画し、120 fpsでスローモーションを撮影できるようになったTrueDepthカメラでまったく新しい見栄えの動画が可能になりました。  追加機能 Appleが設計した新しいU1チップは、スマートフォンでは初となる超広帯域テクノロジーを採用して、空間認識を実行します。9月30日にリリースされるiOS 13.1では、端末が向いている方向を認識した提案によりAirDropがこれまで以上に便利になります。 スマートフォンの中で最も安全な顔認証であるFace IDは、動作が最大30パーセント高速になり、顔認識が可能な距離·角度が従来よりも広がることで、いっそう使いやすくなります。 iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max では、空間オーディオによる臨場感のあるサラウンドサウンド体験、Dolby Atmosによるパワフルな飛び交うサウンドを楽しめます。 最大1.6Gbpsのギガビット級LTEと Wi-Fi 6 によりダウンロードがいっそう高速になるほか2、eSIMによるデュアルSIM運用にも対応しています。3 iOS 13搭載 iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max で稼働する iOS 13 は、他のスマートフォンでは見られないような、ソフトウェアとハードウェアの統合によるシームレスな体験を提供します。iOS 13では、ドラマチックで新しい表示方法を提案するダークモード、アプリケーションやウェブサイトへのサインインする際のより安全でプライベートな方法となる Sign in with Apple、まったく新しいマップの体験4など、新機能も多数加わります。 先進的なカメラと写真の機能により、パワフルな新しいツールが加わり、写真の編集はより総合的かつ直感的になり、ビデオ編集にまでその機能が広がりました。ポートレートライティングの調節は、カメラアプリケーションの中で直接行なうことができ、被写体に当たる光の強さを調節することが可能になります。新登場の ハイキーモノエフェクトでは、ポートレートモードで撮る写真に美しいモノクロのルックを作り出せます。 また新しいハイキーモノエフェクトは、ポートレートモードで撮る写真に美しい、モノクロのルックを作り出します。 価格と販売について iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max は、64GB、256GB、512GB容量のモデルを、ミッドナイトグリーン、スペースグレイ、シルバー、ゴールドの4色で提供され、価格はそれぞれ106,800円(税別)、119,800円(税別)からとなります。お客様は、apple.com/jp、Apple Storeアプリケーション、Apple直営店を通じて、iPhone 11 Pro であれば下取り後の価格 71,402円6、iPhone 11 Pro Max であれば下取り後の価格84,402円にてお求めいただくことも可能です。iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max は、Apple製品取扱店および特定キャリアからもお買い求めいただけます(価格は異なる場合があります)。 日本、米国、プエルトリコ、米領バージン諸島、および30以上の国と地域にお住まいのお客様は、iPhone 11 Pro および iPhone 11 Pro Max を9月13日(金)太平洋夏時間の午前5時より予約注文できます。販売は9月20日(金)からとなります。 iPhoneを月払いで購入されたいお客様(現在お使いのデバイスの下取り、iPhone Upgrade Program の加入·更新の希望者を含みます)は、お使いのiPhoneで Apple Store アプリケーションを開き、iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max の予約注文が始まる前日、9月12日(木)太平洋夏時間の午後9時までに事前承認を受けてください。 iOS 13 は、iPhone 6s 以降のデバイスに対する無料のソフトウェアアップデートとして、9月19日より提供予定です。追加のソフトウェア機能は、iOS 13.1 として9月30日より提供予定です。7 App Store 内の Apple Arcade は、iOS 13 と共に提供され、月額600円の定期購入となります。初月1か月はフリートライアルをお試しいただけます。8 プラン加入者は100本以上の新作·独占ゲームの全カタログを無制限でプレイできます。いずれのゲームも、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV の全デバイスを通じてお楽しみいただけます。 Apple TV+ は、iPhone、iPad、Apple TV、iPod touch、Mac の Apple TV アプリケーション、その他のプラットフォーム(オンラインの tv.apple.com など)を通じて利用できます。利用料金は月額600円で、7日間のフリートライアルをお試しいただけます。本日以降、iPhoneの各モデルを新規に購入されたお客様は、Apple TV+ を1年間無料でお楽しみいただけます。9 App Store 内の Apple Arcade および Apple TV アプリケーション内の Apple TV+ は、Appleがすでに提供中の画期的なサービス群である Apple Music、Apple News+、Apple Pay、iCloud に次ぐ新サービスです。 iPhone 11 Pro および iPhone 11 Pro Max をAppleから購入されるすべてのお客様に、Apple直営店またはオンラインで無料のパーソナルセットアップを提供します。データの移行、旧デバイスからのデータの消去、メールの設定、App Storeからの新作アプリケーションの紹介などを通じて、お客様のiPhoneをカスタマイズするお手伝いをします。 お客様は、AppleCare+ および AppleCare+ with Theft and Loss(盗難や紛失に対する保証付き)の限定保証を延長することも可能です。毎日24時間対応の技術サポートへの優先アクセスを手にしてください。 iPhone 11 および iPhone 11 Proの基本を学びたい方はどなたでも、Appleが提供する新しい Today at Apple セッションシリーズ、Quick Tips のいずれかにお申し込みいただけます。Quick Tips はApple直営店の店内で気軽に参加できる15分間のセッションで、写真など、iPhoneの人気機能のいくつかに注目します。新しい QuickTip セッションは9月20日(金)より開始されます。 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム─iOS、macOS、watchOS、tvOS─はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人以上の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 1 iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max は防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP68等級に適合しています(最大水深2メートルで最大30分間)。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。 2 速度は、使用する場所の条件および通信事業者によって変わります。LTE対応の詳細については通信事業者にお問い合わせください。www.apple.com/jp/iphone/LTE も併せてご覧ください。 3 デュアルSIMを使用するには、2つのSIM契約(ローミングに関する制限が含まれる場合があります)が必要です。使用には一定の制限が適用されます。 4 新しいマップは米国内の一部の都市および州で先行導入されています。米国全土への展開は2019年末を予定しており、米国以外の国・地域への展開は2020年からとなります。 5 月額は対象となるお客様が利用できるもので、年利0パーセント、Citizens One 提供の24か月分割ローン、AT&T、Sprint、T-Mobile、または Verizon による iPhone のアクティベーションが必要です。分割最終分の支払額は、未払残高により少なくなる場合があります。完全な条件が適用されます。 6 下取り価格はデバイスの状態などにより変わります。コンディション良好の iPhone X を下取りに出した場合の iPhone 11 Pro および iPhone 11 Pro Max のプロモーション価格です。下取り価格の追加には、新しいiPhoneの購入が必須ですが、これは提供数と各種制限の影響を受ける場合があります。売上税は、新品のiPhoneの全額で判断されます。購入者は18歳以上に限ります。本オファーは一部の国・地域でのみ提供されます。Apple直営店での下取りには、行政機関から発行された有効な写真付きIDが必要です(この情報の保存には地域の法律が必要とされる場合があります)。AppleまたはAppleの下取りパートナーによる条件が適用されます。 7 詳細については、apple.com/jp/ios/ios-13 をご覧ください。一部の機能は、すべての国・地域、すべての言語で提供されません。 8 月額600円はフリートライアル後に適用されます。加入を継続する義務はありません。トライアル後の加入プランはキャンセルされるまで自動的に延長されます。 9 月額600円はフリートライアル後に適用されます。ファミリー共有グループごとに1つの定期購読が必要です。本オファーは2019年11月1日(金)より開始され、対象となるデバイスのアクティベーション後、3か月間有効です。トライアル後の加入プランはキャンセルされるまで自動的に延長されます。本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Wed, 11 Sep 2019 08:22:00 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom Apple、Apple Watch Series 5を発表 https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/09/apple-unveils-apple-watch-series-5/ Apple、Apple Watch Series 5を発表常時表示Retinaディスプレイ、内蔵コンパス、海外における緊急通報を搭載 Appleは本日、スリープすることのない新しい常時表示Retinaディスプレイを搭載したApple Watch Series 5を発表しました。常時表示Retinaディスプレイは、手首を上げたりディスプレイをタップすることなく、時刻や大切な情報を簡単に見ることができます。内蔵のコンパスや今いる場所の高度の表示など、新しい位置情報機能は、ユーザーの日常のナビゲーションをもっと快適にします。また、海外における緊急通報機能1により、150以上の国で、iPhoneが近くにない場合でも、Apple Watchから直接緊急サービスへの通報を行うことができるようになりました。Apple Watch Series 5は、素材の選択肢が広がり、アルミニウム、ステンレススチール、セラミック、新しいチタニウムから選ぶことができます。ユーザーはwatchOS 6のパワーと、周期記録、ノイズアプリケーション、アクティビティのトレンドなどの新機能を組み合わせることで、健康とフィットネスを自在に管理することができます。 「Apple Watchはこれまでもお客様の日常に意義のある影響をもたらしてきましたが、Apple Watch Series 5とwatchOS 6により、できることがさらに増えました。新しいハードウェアとソフトウェアのシームレスな統合は、さらに優れた体験をもたらし、活動的な生活を維持することや大切な人や情報とつながることがこれまで以上に簡単になります」と、Appleの最高執行責任者であるジェフ·ウィリアムズは述べています。 本日よりApple Watch Series 5(GPSモデル)は41の国と地域で注文可能で、Apple Watch Series 5(GPS + Cellularモデル)は22の国と地域で注文可能です。両モデルとも9月20日(金)より店頭での販売が開始されます。 常時表示Retinaディスプレイ Apple Watch Series 5には、時刻や大切な情報を常に表示することができる革新的な新しいディスプレイが搭載されています。それぞれの文字盤は新しいディスプレイに合わせて最適化されています。また、バッテリーを節約するために、ユーザーが手首を下げるとスクリーンはインテリジェントに少し暗くなり、手首を上げたり、タップしたりすると最大の明るさに戻ります。この機能を実現するために、業界でも唯一の低温多結晶酸化物(LTPO)ディスプレイ、超低電力のディスプレイドライバー、効率の高い電力管理IC、新しい環境光センサーなどが連係しています。このように革新的なハードウェアと優れたソフトウェアデザインを組み合わせたApple Watch Series 5は、一日中使える18時間のバッテリー駆動時間を誇ります。2 ナビゲーション アップデートされたApple Watch Series 5の位置情報機能は、一日中便利なナビゲーションツールとしてさらに進化しました。新しい内蔵コンパスとアップデートされたマップにより、ユーザーは向いている方向を知ることができます。Apple Watch Series 5では、新しいコンパスアプリケーションを使用して、方位、傾斜、緯度、経度、今いる場所の高度を確認できます。3つの新しいコンパスコンプリケーションのうちの一つを文字盤に追加することもできるため、方向を一目で確認できます。 海外における緊急通報 Apple Watch Series 5のCellularモデルのユーザーは、デバイスを最初に購入した場所や携帯電話通信プランがアクティベーション済みかどうかにかかわらず、緊急通報サービスに国際電話をかけることができるようになりました。これにより、旅行中の安全をさらに確保することができます。海外における緊急通報機能は、転倒検出機能が有効な場合、この機能と連係して、転倒や1分間動きがないことをApple Watchが検出した場合、自動的に緊急電話をかけます。 watchOS 6 watchOS 6には、周期記録アプリケーションなどの健康とフィットネス機能が追加されています。周期記録アプリケーションに月経周期に関する重要な情報を記録することができ、次の月経の時期と妊娠可能なタイミングの予測をApple Watchで簡単に確認することができます。3 ノイズアプリケーションを使用すると、聴覚に悪影響を与える可能性のある、コンサートやスポーツイベントなどの環境の騒音レベルを認識することができます。また、iPhoneで見ることができるアクティビティのトレンドは、アクティビティの長期的なパターンを確認して進み具合を把握するのに役立ちます。watchOS 6には、メリディアン、モジュラーコンパクト、ソーラーダイヤルなどの新しい躍動的な文字盤も加わりました。これらは、お気に入りのアプリケーションにすばやくアクセスできるように簡単にカスタマイズできます。 Apple Watchのラインナップ Appleはチタニウムを素材とする新しいケースを発表しました。チタニウムは卓越した強度対重量比を有し、ステンレススチールよりも軽く、時計の製造においては極めて貴重な素材です。チタニウム素材には2種類の美しい仕上げが用意されています。色保持の特長と汚れへの強さを発揮するカスタムエンジニアリングの表面を持つ自然な仕上げのチタニウムと、ダイアモンドのようなコーティング(DLC)がつくる深みを帯びた色のスペースブラックチタニウムです。   ゴールド、シルバー、スペースブラックのステンレススチールケースなどのクラシックなスタイルとあわせて、シルバー、ゴールド、スペースグレイのアルミニウムケースがはじめて100%リサイクルの7000シリーズアルミニウムから製造されるようになりました。この秋からは、美しいながらも極めて傷に強いホワイトセラミックケースも登場します。さらに、どの世代のApple Watchでも使える新しいスポーツループや豊富な種類の新しいバンドのカラーも加わります。 Apple Watch Nikeには、クラシックなNikeのウィンドランナージャケットのデザインを基にした新しい文字盤や、新色のNikeスポーツバンド、反射色のNikeスポーツループが加わりました。Apple Watch Hermèsには、新しいスタイルとして、昨年秋に人気を博したカラーブロックバンドに新しくデッラ·カヴァッレリアプリントを施した最新バージョン、ほかにはないHermèsグラデーション文字盤を備えたオールブラックバージョンなどが加わりました。 【価格と販売について】 Apple Watch Series 5(GPSモデル)の価格は42,800円(税別)から、Apple Watch Series 5(GPS + Cellularモデル)の価格は53,800円(税別)からになります。内蔵GPS、光学式心拍センサー、および耐水性能を備えた人気のApple Watch Series 3(GPSモデル)は新たに価格が下がり19,800円(税別)から、Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)は30,800円(税別)からになります。 Apple Watch Series 5(GPSモデル)は本日よりapple.com/jpおよびApple Storeアプリケーションで注文可能となり、9月20日(金)より日本、米国、プエルトリコ、米国領バージン諸島、および38の国と地域で販売開始となります。 Apple Watch Series 5(GPS + Cellularモデル)は本日よりapple.com/jpおよびApple Store アプリケーションで注文可能となり、9月20日(金)より日本、米国、プエルトリコ、および20の国と地域で販売開始となります。利用可能な通信事業者については、apple.com/jp/watch/cellularをご覧ください。  Apple Watch Nikeは本日よりapple.com/jpおよびApple Store アプリケーションで注文可能となり、10月4日(金)より日本、米国、プエルトリコ、および51以上の国と地域で販売開始となります。詳しくは、apple.com/jp/apple-watch-nikeまたはnike.com/applewatchをご覧ください。 Apple Watch Hermèsは本日よりapple.com/jpおよびApple Store アプリケーションで注文可能となり、9月20日(金)より日本、米国および14以上の国と地域で販売開始となります。詳しくは、apple.com/jp/apple-watch-hermesまたはhermes.com/applewatchhermesをご覧ください。 新しいApple Watchバンドは本日よりapple.com/jpとApple Store アプリケーションで注文可能となり、9月20日(金)より販売開始となります。 watchOS 6は9月19日からApple Watch Series 3以降で利用可能になり、Apple Watch Series 1および2で利用可能になるのはこの秋以降の予定です。 米国のお客様は、条件を満たすデバイスを下取りに出すと下取り額分のApple Storeギフトカードを受け取ることができます。または、新しいデバイスの購入価格が割引になります。デバイスが下取りの条件を満たさない場合は、Appleが無料でリサイクルします。6 AppleCare+にご契約いただくと、最大2年間のテクニカルサポートと過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを受けることができます。  Apple WatchをAppleより購入されたお客様には、Apple Storeまたはオンラインで無料のパーソナルセットアップを提供いたします7。カレンダー、通知、アプリケーションなど、Apple Watchの機能のセットアップと設定をお手伝いいたします。 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム─iOS、macOS、watchOS、tvOS─はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人以上の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 1 Cellularモデルのみの機能です。一部の地域では利用できません。 2 バッテリー駆動時間は使用方法によって異なります。 3 妊娠可能期間の予測は、避妊を目的として使用しないでください。 4 一部の国と地域では利用できません。 5 組み合わせはコレクションの範囲内でのみ可能です。 6 下取り額は、下取りに出すデバイスの状態、製造年、構成によって異なります。また、オンラインと店頭で下取り額が異なる場合があります。20歳以上の方のみが対象です。一部の国と地域では利用できません。店頭での下取りの場合、有効な身分証明書の提示が必要です。AppleまたはAppleの下取りプログラムのパートナーにより、その他の条件が適用される場合があります。 7 一部の国と地域では実施していません。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先: Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Wed, 11 Sep 2019 06:06:03 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom 初心者から上級者まで楽しめる「PHPカンファレンス沖縄2019」、10月12日に開催 http://codezine.jp/article/detail/11719 PHPカンファレンス沖縄運営委員会は、「PHPカンファレンス沖縄2019」を10月12日に沖縄にて初開催する。参加費は前払い制で、一般参加は2000円、学生は無料。 CodeZine:新着一覧 Tue, 10 Sep 2019 14:45:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 パフォーマンス低下の原因をコードレベルで特定、開発者ファーストなAPMツール「Scout APM」とは? http://codezine.jp/article/detail/11695 「Webアプリケーションのレスポンスが遅くて仕事が進まない」「Webサイトの応答が遅いけど、DBクエリ、HTTPリクエスト、レンダリング、どこに問題があるのか」─。WebサイトやWebアプリケーションのパフォーマンスに課題を感じている開発者は多い。そんな課題をより効率的に解決する手段がアプリケーションパフォーマンスモニタリング(APM)を用いることだ。APMではどんな機能が提供されているのか。またWebアプリケーションの開発者が使うメリットおよびビジネスメリットとはなにか。「Scout APM」を開発しているScoutのディベロッパー 高橋尚敬氏、「Scout APM」を活用して自社クラウドサービスの品質向上に努めているスタークス CTOの片居木線氏に話を聞いた。 CodeZine:新着一覧 Tue, 10 Sep 2019 12:00:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 New Relic日本法人、日本語テクニカルサポートなどユーザーサポート体制を強化 http://codezine.jp/article/detail/11717 New Relicの日本法人は、契約しているユーザー向けに日本サポート拠点を開設し、日本語テクニカルサポートの提供や、技術コンテンツの開発・拡充、ユーザー会の隔月開催を行っていく。 CodeZine:新着一覧 Tue, 10 Sep 2019 11:10:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 スパースモデリングのモデルを評価する~LASSO推定値の評価方法 http://codezine.jp/article/detail/11593 本連載は「これから機械学習に取り組みたい」「ディープラーニングや機械学習を使った経験がある」といったエンジニアに向けて、データ量が少なくても分析が実現できる「スパースモデリング」という手法を紹介します。今回は、スパースモデリングのモデルの評価方法について解説します。 CodeZine:新着一覧 Tue, 10 Sep 2019 11:00:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 Spring BootでWebセキュリティを設定しよう http://codezine.jp/article/detail/11703 前回、Spring Bootでのバックエンドでのデータ管理方法を紹介しました。今回も前回と同じサンプルアプリケーションを使って、管理者向けのWebアクセスに対してアクセス制限をかける方法を紹介します。 CodeZine:新着一覧 Mon, 09 Sep 2019 11:00:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 iOSのセキュリティに関するメッセージ https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/09/a-message-about-ios-security/ iOSのセキュリティに関するメッセージ先週、GoogleはAppleが2月にiOSユーザ向けに修正を行なった脆弱性についてブログを発表しました。指摘されたいくつかの点についてお客様からお問い合わせをいただきましたので、すべてのお客様に事実を知っていただきたくお知らせいたします。 第一に、指摘された高度な攻撃は対象が限られており、ブログが言うような「全体的な」iPhoneへの広範囲な悪用ではありません。攻撃により影響を受けたのはウイグル族のコミュニティーに関するわずか十数件のウェブサイトでした。しかし攻撃規模にかかわらず、Appleはすべてのユーザーの安全とセキュリティについて真剣に取り組んでいます。 Googleの投稿はiOSのパッチがリリースされてから6か月を過ぎてからのものであり、「大規模な悪用」が「リアルタイムにすべてのユーザのプライベートなアクティビティを監視する」という間違った印象を与え、iPhoneのユーザの間に自分たちのデバイスがハッキングされてしまったのではないかと不安をあおるものです。そのようなことは、実際には起きていません。 第二に、すべての資料から明らかなことはウェブサイトへの攻撃が行なわれたのはごく短期間の約2か月だけであり、Googleが示唆するように「2年」にもおよぶものではありませんでした。私たちは2月に問題の脆弱性を修正しています。この状況に気づいてからわずか10日後、極めて迅速に作業を行なった結果です。Googleが私たちに連絡してきたとき、私たちはすでにこの悪用されたバグの修正作業中でした。 セキュリティは終りのない旅ですが、私たちは、お客様に安心していただけるように働いています。iOSのセキュリティに比肩するものはありません。それは私たちがハードウェアとソフトウェアのセキュリティについて最初から最後まで全責任を担っているからです。世界中にいる私たちのセキュリティチームは、脆弱性が見つかるとすぐに新しい保護機能を加え、部分修正を行なうということを常に繰り返しています。ユーザの安全を守るために私たちが不断の努力を止めることは決してありません。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先: Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Mon, 09 Sep 2019 05:06:29 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom GitHub ActionsにCI/CD機能統合、テストからデプロイまでの自動化図る http://codezine.jp/article/detail/11714 ギットハブ・ジャパンは、9月4日に記者発表会を開き、CI/CD機能を搭載したGitHub Actionsのベータ版をリリースしたと発表した。正式リリースは11月13日を予定。 CodeZine:新着一覧 Fri, 06 Sep 2019 17:50:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 2Dイラストを立体アニメにする「Live2D Cubism」が大型メジャーアップデート http://codezine.jp/article/detail/11716 Live2Dは、2Dイラストに立体的なアニメーションを加えられるソフトウェアの最新版「Live2D Cubism 4(ライブツーディー・キュビズム・フォー)」を9月4日に発売した。フル機能の「PRO版」は42日間の試用が可能で、完全無料の「FREE版」も用意している。 CodeZine:新着一覧 Fri, 06 Sep 2019 15:24:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 30歳以下の若手エンジニア向け技術カンファレンス「Developers Boost 2019」を11月30日に開催、公募セッション受付開始 http://codezine.jp/article/detail/11715 翔泳社は、30歳以下(U30)の若手エンジニアのための技術カンファレンス「Developers Boost 2019~U30エンジニアの登竜門~(デブスト2019)」を、11月30日に開催する。ティザーサイトがオープンし、公募セッションの受付を開始している。参加費は無料。 CodeZine:新着一覧 Fri, 06 Sep 2019 12:30:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 【SIGIR 2019 レポート】情報検索の重要カンファレンスで発表された、ランキング学習や評価手法の研究 http://codezine.jp/article/detail/11708 2019年7月21日~25日に開催されたSIGIR 2019に参加してきました。SIGIRは「Special Interest Group on Information Retrieval」の略で、毎年開催されるカンファレンスは情報検索の分野において最も重要なカンファレンスといわれています。今年のカンファレンスでは、LTR(Learning to Rank、ランキング学習)、リコメンデーション、評価、クエリパフォーマンスなど、多様な研究テーマについての発表がありました。 CodeZine:新着一覧 Fri, 06 Sep 2019 11:00:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 Apple、東京に日本最大の直営店を土曜日オープン https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/09/apples-largest-store-in-japan-opens-saturday-in-tokyo/ Apple、東京に日本最大の直営店を土曜日オープンAppleが9月7日(土)、東京·丸の内のビジネス街の中心、歴史ある東京駅の駅舎の向かいに、日本で最新かつ最大規模の直営店をオープンします。Apple丸の内は、複数年に渡る直営店事業投資の一環として、昨年4月以来、日本で新たにオープンする3番目の直営店となります。日本のお客様には、Appleの製品を体験し、Today at Appleのセッションに参加し、Geniusからのアドバイスを受けることができる場所がさらに増えることになります。 「Apple丸の内のオープンは、Appleがこれまで日本のお客様と長年築いてきた関係の中でも、重要な出来事となるでしょう。丸の内という場所には驚くようなエネルギーが満ちており、今週土曜日に、Appleの日本最大の直営店に初めてお客様をお迎えするのを、私たちのチームは待ち切れない思いです」と、Appleの Retail+People 担当シニアバイスプレジデント、ディアドラ·オブライエンは述べています。 東京エリアにおけるAppleの5番目の直営店は、他に類を見ないファサードを持ち味として、コーナー部分に3次元の丸みを得るために特別に加工した国内産のアルミニウムから作られた、高さ2階分のヴィトリン·スタイルのショーウインドウを備えています。ヴィトリン·スタイルのショーウインドウは、この種の装飾としては初めてのもので、隣接するエリアの活気あふれる通りと店舗を結び付けるのに一役買うことになります。その内側は、ウインドウ開口部に沿うように国内産の竹が設えられて外の雰囲気を内側に引き込んでいます。店舗の中央には2階分の高さのアトリウムがあり、1階と2階を結び付けています。そして、このエリアが東京·丸の内で開催されるToday at Appleセッションの新たな拠点になります。 この新たな店舗では、世界的レベルのクリエイターによるToday at Appleセッションを開催し、9月はオープン記念として12回シリーズの特別セッション 「The Tokyo Creative Guild」 をスタートします。Apple丸の内では、お客様は、Appleの製品すべてに実際にふれて体験したり、技術的なアドバイスやサポートを受けたり、Creative Proのリードにより創作力を発揮することができます。 Apple丸の内に在籍する130名以上のチームメンバーの半数以上が、日本国内の他のApple直営店から異動してきたメンバーです。チーム全体としては15言語を話せることになるので、世界中から訪れるお客様に応対することができます。 Appleはまた、今月後半には、Apple福岡をさらに広い場所に移転して新たにオープンし、Apple表参道の改装も完了します。 Today at Appleセッションに参加登録するには、apple.com/jp/today を開いて、The Tokyo Creative Guild のページをご覧ください。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Thu, 05 Sep 2019 11:29:58 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom 2019年8月にAmazonで売れたIT開発の関連本は? 『ゼロから作るDeep Learning』が上位キープ http://codezine.jp/article/detail/11707 2019年8月の1ヵ月間に、Amazonで売れたIT・コンピューター関連本のランキングを1位から50位まで紹介する。注目したいIT開発関連本では『ゼロから作るDeep Learning』が5位と上位キープ、8月24日発売の『WEB+DB PRESS Vol.112』が刊行間もなく18位につけ、『運用設計の教科書』が2356位から32位へと順位を上げた。 CodeZine:新着一覧 Thu, 05 Sep 2019 07:00:00 +0900 https://codezine.jp/ CodeZine:新着一覧 Siriのプライバシー 保護機能を強化 https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/08/improving-siris-privacy-protections/ Siriのプライバシー 保護機能を強化Appleではプライバシーは基本的人権であると信じています。私たちは私たちの製品がユーザーの個人情報を守るように設計しており、常に保護機能の強化に努めています。これは私たちのサービスについても当てはまります。先駆的な知的アシスタントであるSiriで私たちが目指しているのは、お客様のプライバシーを用心深く保護しながら最高の体験を提供するということです。 私たちがSiriのクオリティを評価するプロセス(私たちはグレーディングと呼んでいます)の一環として、Siriで録音された音声を人が聴いているという最近の報道にお客様が懸念をいだかれていることを知っています。私たちはお客様の心配の声を耳にし、すぐにSiriへの頼みごとを人間が聴いて行なうグレーディングを停止し、私たちのやり方と方針を徹底的に見直す作業に入りました。その結果、Siriにいくつかの変更を加えることを決めました。 Siriはどのように皆様のプライバシーを守るか Siriは最初からユーザーのプライバシーを守るように設計されています。私たちはできるだけたくさんのことをデバイス上で行ない、Siriから集める情報の量を最小限にすることに注力しています。私たちがSiriのデータを私たちのサーバー上に保存する場合でも、マーケティングのためのプロファイルを作るために使うことはなく、そのようなデータを他者に売ることは決してありません。私たちがSiriのデータを集めるのはSiriの改善のためのみであり、Siriをさらにプライベートなものにするためのテクノロジーを常に開発しています。 Siriは最小限のデータで正確な結果を提供しようとします。例えばスポーツのイベントについて質問したとしましょう。Siriは適切な情報を提供するために現在あなたがいるおおまかな場所を使います。しかしあなたが一番近い食料品店を尋ねた場合は、もっと具体的な場所のデータが使われます。 あなたがSiriに「未読メッセージを読んで」と頼んだとします。Siriはあなたのデバイスにあなたの未読メッセージを読み上げるように指示します。あなたのメッセージの内容がSiriのサーバーに送信されることはありません。それはリクエストに応えるために必要ではないからです。 Siriはデータの処理中にそれを追跡するためにランダムな識別子を用います。これは一つのデバイスに紐づけられた長い文字と数字の列です。あなたのApple IDや電話番号を使ってあなたを識別することはありません。このやり方は今日使われているデジタルアシスタントの中でもユニークなものと信じています。保護をさらに強固なものにするため、6か月経過後はデバイスのデータはランダムな識別子から切り離されます。 iOSでは、Siriがアクセスするデータの詳細、それにプロセスの中で私たちがどのようにあなたの情報を守るかが、「設定>Siri と検索>」Siriに頼む」とプライバシーについて」からわかるようになっています。 あなたのデータはどうSiriを改善するか Siriが個人に特化したタスクをより正確に遂行できるように、Siriは特定の情報をあなたのデバイスから集めて保存します。例えば、Siriが珍しい名前に遭遇すると、その名前を正しく認識できているかどうかを確かめためにあなたの連絡先にある名前を使うことがあります。 SiriはまたあなたとSiriとのやり取りからのデータを頼りにします。これにはあなたのリクエストの音声やコンピュータが生成した書き起こしが含まれます。Appleはリクエストの音声録音や書き起こしをSiriが上達するよう訓練する機械学習プロセスに使うことがあります。 グレーディングを停止する前は、Siriへの頼みごとの音声の小さなサンプル(0.2%未満)とコンピュータが生成した書き起こしを見直して、Siriがどれだけうまく答えているかを計測し、Siriの信頼性を改善していました。例えば、ユーザーはSiriを起こすつもりだったか。Siriはリクエストを正確に聞き取ったか。そしてSiriはリクエストに適切に反応したかなどが検討されました。 私たちが行なっている改善策 これまでのやり方を再検討した結果、私たちのやってきたことは私たちの理想とするやり方ではなかったことに気がつきました。そのことについてお詫びいたします。すでに発表いたしましたように、私たちはSiriのグレーディングプログラムを停止いたしました。この秋、もう少ししてから、ソフトウェアアップデートがユーザーにリリースされたころに再開する予定ですが、それは以下の変更を行なってからです。 まず、初期設定としては、私たちはSiriがユーザーと行なったやり取りの音声録音を今後は保持しません。コンピュータが生成した書き起こしはSiriの改善のために今後も使用します。 次に、ユーザーは自らのリクエストの音声サンプルから学習することでSiriが改善することを許可することができるようになります。私たちは多くの人たちが、Appleが彼らのデータを尊重し、強力なプライバシーコントロールを持っていることを知った上で、Siriの改善に協力することを選ぶことを希望しています。改善プログラムに参加することを選んだ場合でも、いつでもやめることができます。 最後に、お客様が改善プログラムに参加することを選んだ場合、Siriとのやり取りの音声サンプルを聞くことができるのはAppleの従業員だけです。また、意図せずSiriを呼び出してしまったと判断された音声録音は削除します。 Appleにとって、すべて中心にあるのはお客様です。それにはお客様のプライバシーを守ることも含まれています。私たちがSiriを作ったのは、お客様がプライバシーの権利を犠牲にすることなく、より早く、より簡単に物事を片づけるお手伝いをするためです。ユーザーのみなさんがSiriをご愛顧いただき、より良くなるように常に私たちをご指導してくださることに感謝しています。 詳しくは、 Siri Privacy and Grading をご覧ください。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先: Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Thu, 29 Aug 2019 00:04:42 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom HomePod、8月23日(金)より日本で販売開始 https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/08/homepod-available-in-japan-starting-friday-august-23/ HomePod、8月23日(金)より日本で販売開始革新的なワイヤレススピーカーが、没入感のあるリスニングの体験をHi-Fiサウンドで提供します。Appleの革新的なワイヤレススピーカー、HomePodが、日本で本日より予約注文開始、8月23日(金)より販売開始となります。HomePodはどこに置いても素晴らしいオーディオクオリティを提供し、Appleが開発した独自のオーディオテクノロジーと高度なソフトウェアの組み合わせにより、部屋を満たす高精度の音を提供します。HomePodはSiriとApple Musicのサブスクリプションと連動して、これまでにないリスニングの体験を創造します。また、ボイスコントロール対応デザインとなっているため、大音量で音楽を再生中でも部屋の反対側から「Hey Siri」と呼びかけて操作することができます。 「HomePodは、Hi-Fiサウンドを提供するパワフルなスピーカーテクノロジー、Apple Musicライブラリにある何百万もの楽曲、そしてリスナーの音楽の嗜好や好みを学習して、よりパーソナライズされたミュージックの体験を提供するSiriの知性を備え持つ、音楽ファンのための完璧なワイヤレススピーカーです。日本のお客様にHomePodをお届けできることに興奮しており、お客様のご自宅でどれほど素晴らしい音を出すかを体験していただくのが待ちきれない気持ちです」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ·シラーは述べています。 HomePodは、Appleが開発したオーディオテクノロジーと先進のソフトウェアを組み合わせ、小型のスピーカーのための新しいオーディオクオリティースタンダードを確立しました。自動室内センシング技術を用いて、HomePodは部屋の中の自らの位置、例えば部屋の隅に置かれているのか、テーブルの上に置かれているのか、あるいは本棚に置かれているのかをすぐに学習し、どこに置かれていてもほんの数秒で没入感のあるリスニングの体験を提供できるように最適化します。HomePodは、深みのあるクリーンな低音を実現するAppleが設計したウーファー、信じられないほど優れた指向性制御でピュアな高周波音を出す7つのビームフォーミングツイーターのカスタムアレイ、そしてパワフルなテクノロジーを組み込み、原音の豊かさと意図を忠実に再現します。 Apple Music Apple MusicとSiriとを一緒に使うことで、HomePodは何百万曲もの深い知識を持ち、自宅にいながらにして音楽を発見し、楽しむ新しい方法を作り出します。Apple Musicはユーザが聴いたり、いいねと評価した楽曲を基に個人の好みを学習し、これらの音楽の好みはデバイス間をまたいで共有されます。Siriに「私の好きな曲をかけて」と言ったり、J-Pop、ロック、ポップなど様々なムードやジャンルから選曲するように頼むこともできます。HomePod、Apple MusicそしてSiriを使えば、最高の音楽体験を広告なしで自宅で楽しむことができます。 今週のNew Artistは、新しい才能あるアーティストに注目される場所を提供することで日本中で彼らの作品を発見してもらうためのプログラムです。2015年に始まって以来、Apple Musicは、あいみょんやONE OK ROCKなど、人気のある新しいアーティストのデビューリリースや、Top 100: Japanなどのローカルプレイリストをフィーチャーしてきました。 ステレオとマルチルームオーディオ HomePodは2つのHomePodスピーカーがステレオペアになるとさらに没入感のあるリスニングの体験を提供し、広いサウンドステージでHi-Fiサウンドを提供します。部屋の中で置かれている位置を感知する空間認識を使い、それぞれのHomePodが、部屋のどこに置かれていても素晴らしい音で聞こえるように、そして一緒になってさらに素晴らしい音で聞こえるように、自動的にオーディオを調節します。AirPlay 2を使うと、EndelなどAirPlay対応アプリケーションから簡単に音楽や他のオーディオコンテンツをストリーミングさせながら、さらにHomePodからHi-Fiサウンドを体験することができます。 AirPlay 2は最高のワイヤレスマルチルームオーディオシステムを実現するもので、AirPlay 2対応スピーカーとテレビで使えるパワフルかつシンプルなインターフェイスによって家のどこからでも簡単に音楽を再生、コントロールすることができます。別の部屋で音楽を再生したり、音楽を部屋から部屋へと移動させたり、複数のHomePodスピーカーで同じ曲をかけたりすることができます。AirPlay 2の操作はどのiOSデバイスのどのアプリケーションからでも行うことができるほか、コントロールセンターからも素早くアクセスしてどの部屋で、またどのスピーカーで何が再生されているかをコントロールすることができます。 ホームアシスタント HomePodはニュースや天気予報、最新のスポーツのスコアをチェックしたり、複数のタイマーやリマインダーをセットしたり、電話をかけたり受けたりするためにも便利です。スマートホームのハブとして、HomePodは、照明、エアクオリティモニター、ドアロック、セキュリティカメラなど、全世界50ブランド以上から提供されている様々なHomeKitスマートホームアクセサリをコントロールします。「Hey Siri、家の空気質はどう? 」または「Hey Siri、キッチンとリビングの照明をつけて」と言ったりするだけです。 Siri ショートカット Siriショートカットを使うとHomePodで数多くのアプリケーションをより活用することができます。Siriが毎日よく行う行動を学習し、iPhoneやiPadで「ショートカット」を提案すると、それらのショートカットはHomePodでも使えるようになります。新しいショートカットアプリケーションを使うと、自分用の一連のタスクをHomePodのショートカットとして設定することも簡単です。例えば、「Hey Siri、おはよう」と言うと、キッチンの照明をつけ、やかんを沸かし、天気予報を教えてくれて、好きなプレイリストをかけるといった毎日よく行う行動を一つのシンプルな、カスタム可能なコマンドで行なうことができます。 セキュリティーとプライバシー セキュリティーとプライバシーはAppleのハードウェア、ソフトウェア、サービスのデザインの基本となっています。HomePodでは「Hey Siri」がデバイス上でローカルに認識された後でのみ、情報が暗号化され、匿名のSiri識別子を使ってAppleのサーバーに送られます。検索やリクエストは個人識別子とは関連付けられないため、個人情報が集められて広告主や他の組織に売られるといったことはありません。データはエンドツーエンドで暗号化されているので、アクセスすることはAppleも含めてできないことが確保されています。メッセージを送ったり、電話をかけたり、カレンダーの予定を確認するといったなどの個人的なリクエストは、その機能が設定でオンになっており、iOSデバイスがHomePodと同じネットワークにあるときにのみ有効です。 価格と販売について HomePodはホワイトとスペースグレイのモデルが用意されており、32,800円(税別)にて、本日より予約注文開始、8月23日(金)からapple.com/jp、Apple Store各店、Apple製品販売店、携帯電話各社で販売開始されます。HomePodは日本、米国、英国、中国、香港、台湾、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、メキシコそしてスペインで販売されています。HomePodはiPhone 5s以降、iPad Pro、iPad Air以降、iPad mini 2以降、そしてiPod touch (第6世代)以降に対応しています。 今秋にリリース予定のiOS 13では、HomePodはメッセージや音楽などのパーソナルなリクエストを頼む家族の声を聞き分けられるようになります。英語から対応し始めます。ライブラジオはSiriに10万のラジオ局へのアクセスを提供し、新しいスリープタイマーは一定の時間が来ると音楽をオフにします。Handoff機能を使えば、ユーザは家に帰ると、音楽、Podcastまたは電話をHomePodに簡単に引き継ぐことができます。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Fri, 16 Aug 2019 09:02:56 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom Apple、第3四半期の業績を発表 https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/07/apple-reports-third-quarter-results/ Apple、第3四半期の業績を発表売上高、4〜6月期の新記録を達成サービス部門の売上高が過去最高に2019年7月30日、カリフォルニア州クパティーノ、Appleは本日、2019年6月29日を末日とする2019年度第3四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は538億ドルと、前年同期と比べて1%増大、当四半期の希薄化後の1株当たり利益は2.18ドルと、7%の減少となりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は59%でした。 「過去最大の4~6月期決算となりました。これを牽引したのは、サービス部門の過去最高の売上高、ウェアラブルの加速的成長、iPadとMacの好調な販売、そしてiPhoneの売れ行きの大幅な伸びです。これらの結果はすべての地域において前途有望であり、今後の展開に自信を持っています。2019暦年はこの後も、新しいサービスやいくつかの新製品を含め、すべてのプラットフォームにおいて重要な発表を予定しており、エキサイティングな期間となります」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム·クックは述べています。 「当社の前年同期比の業績は1~3月期と比べ改善し、116億ドルの強力な営業キャッシュフローを牽引しました。今四半期、当社は210億ドル以上を株主に還元しましたが、これには公開市場でのほぼ8,800万株の自社株買いを通じての170億ドルと、配当金および同等物による36億ドルが含まれます」と、AppleのCFO(最高財務責任者)、ルカ·マエストリは述べています。 Appleは2019年度第4四半期の業績について、以下の予想を提供しています。 売上高として610億ドルから640億ドル 売上総利益率として37.5%から38.5% 営業費用として87億ドルから88億ドル その他の収入/(費用)として2億ドル 税率約16.5% Appleの取締役会は、同社の普通株式1株当り0.77ドルの現金による配当を宣言しました。配当金は2019年8月12日の市場取引終了時点で株主名簿に記載されている株主を対象に、2019年8月15日に支払われます。 Appleは、2019年度第3四半期業績発表のカンファレンスコールのライブストリーミングを、2019年7月30日14時00分(米国西部時間)より、Appleのウェブサイト(https://www.apple.com/investor/earnings-call/)で配信します。このウェブキャストは、配信開始後約2週間にわたり再生が可能です。 Appleは定期的に投資家向け情報を当社ウェブサイトapple.comおよび投資家向けウェブサイト investor.apple.comで提供しています。この情報には業績に関するプレスリリースその他の情報、SECに提出または提供した報告書、企業統治に関する情報、および年次株主総会に関する詳細が含まれます。 本報道関係者用資料は、1995年米国民事訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)で定義するところの将来的見通しを包含しています。これらの見通しには、当社の予想売上高、売上総利益率、営業費用、その他の収入/(費用)、税率、それに資本還元計画などが含まれています。これらの見通しはリスクと不確実性を伴い、実際の結果は異なることもあります。リスクと不確実性の例としては以下のものが挙げられますが、これらに限定されるものではありません。世界経済および地域経済情勢が消費者や事業者の購買決定におよぼす影響を含む、当社のビジネスにおよぼす影響;高度に競争的で急速な技術変化にさらされる市場における当社の競争力;新製品、新サービスそして技術革新をタイムリーに市場に提供し、顧客需要を喚起するなどして、頻繁な製品およびサービスの発表や移行を当社が管理できること;製品およびサービスのミックスおよび地理的、通貨または販路ミックスの変化、部品コストの高騰、当社のサービスのためのコンテンツの取得および提供コストの上昇、価格競争、または高コスト構造の新製品やサービスを含む新製品やサービスの導入が当社の売上総利益率におよぼし得る影響;セルラーネットワーク通信事業者その他の再販業者を含む、当社製品を取り扱う販売会社の販売能力への当社の依存;当社が顧客の注文に先立って製品の部品を注文するまたは注文の約束をする必要性に伴う在庫その他の資産リスク;単一のまたは限定された供給元のみから入手可能な部品や技術を含む、当社の事業に不可欠な特定の部品、サービスおよび新技術を今後も適当な条件で継続的に入手できること;その多くが米国外にあるサードパーティーが提供する製造および物流サービスへの当社の依存が、製造される製品または当社に提供されるサービスの品質、数量およびコストにおよぼし得る影響;製品およびサービスのデザイン上および製造上の欠陥が当社の業績および評判におよぼす影響;商業的に合理性のある条件で利用できないこと、または全く利用できないこともあり得るサードパーティーの知的財産およびデジタルコンテンツへの当社の依存;サードパーティーのソフトウェアデベロッパによる当社製品向けソフトウェアアプリケーションおよびサービスの開発·メンテナンスサポートへの当社の依存;当社が他者の知的財産権を侵害したと判断されるなどの当社にとって不利益な法的手続の影響;当社が異なる地域の顧客に製品やサービスを提供する能力を含む、当社の活動に影響をおよぼす法規変更の影響;当社の国際事業に影響をおよぼす法規に従うことを含む、当社の国際活動に関連するリスクを当社が管理できること;当社の直営店に関連するリスクを当社が管理できること;新しい事業戦略および買収への当社の投資に関連するリスクを当社が管理できること;情報技術システムの機能停止、ネットワークの混乱、喪失または不正なアクセス、または機密情報の漏洩が引き起こす当社の事業および評判への影響;データ保護に関する法規を当社が遵守できること;主要な幹部および従業員が今後も当社に留まり、役務を提供し続けること;政治的出来事、国際貿易紛争、戦争、テロリズム、自然災害、公衆衛生問題、および当社の製品の供給、配送または需要を妨げる可能性のあるその他の事業に対する障害;為替変動、信用リスクおよび当社の投資ポートフォリオの市場価値の変動を含む財務リスク;そして税率の変更および追加税金負債の発生。当社の業績に影響を与え得るこれらのリスクおよび潜在的要因に関する詳しい情報は、Form 10-K(年次報告書)およびForm 10-Q(四半期報告書)として当社がSEC(米国証券取引委員会)に定期的に提出している最新の報告書の中の「リスク要因」および「事業の財務状況と業績に関する経営陣の解説と分析」の部、ならびにその他の当社の提出書類に含まれています。将来的見通しおよび情報はそれぞれ発表時点のものであり、当社はこれらを更新する義務を負うものではありません。 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム─iOS、macOS、watchOS、tvOS─はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人以上の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000投資家からのお問い合わせ先:Nancy Paxton,Apple,paxton1@apple.com,(408) 974-5420Tejas Gala,Apple,tgala@apple.com,+1 (669) 227-2402© 2019 Apple Inc. All rights reserved. AppleおよびAppleのロゴはAppleの商標です。その他の社名、製品名はそれぞれの権利者に帰属する可能性があります。 Apple Newsroom Wed, 31 Jul 2019 17:11:33 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom Apple、拡張現実アートセッションを新たに提供 https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/07/apple-offers-new-augmented-reality-art-sessions/ Apple、拡張現実アートセッションを新たに提供新登場の[AR]Tウォークの特色は、New Museumの協力により選出された、時代をリードする現代アーティストたちの作品 カリフォルニア州クパティーノ―Appleは本日、アートを題材とする一連の新しいToday at Appleセッションを、世界各地のApple Store(直営店)で提供する拡張現実(AR)エクスペリエンス―[AR]T(エー·アール·ティー)として参加登録を開始しました。3つの新しいセッションは、世界に名だたる現代アーティスト数名の作品と屋外で触れ合える体験型ウォーク、AR作成の基本をSwift Playgroundsを用いて学ぶストア内での講座、世界中のApple Storeで見ることができるARアートのインスタレーション作品となります。 この一連のセッションを提供するために、Appleはニューヨークにある現代アートの総合拠点、New Museum(of Contemporary Art)を招聘し、ニック·ケイヴ、ナタリー·ジュールバーグ&ハンス·バーグ、ツァオ·フェイ、ジョン·ギオーノ、カールステン·ヘラー、ピピロッティ·リストという7名のアーティストを選出し、広く一般の方に無料で提供される体験型プロジェクトへ参加してもらうことになりました。 「Today at Appleは、Apple製品とそのユーザーの皆様によって作られたクリエイティブなアート作品と触れ合う機会を提供します。[AR]Tウォークや店内のインスタレーション作品を通じて、参加者の皆様が、素晴らしいAR作品から刺激を受けていただけることを願っています。また、[AR]Tラボの講座を通じて参加者の皆様が作り出す作品を見ることを楽しみにしています」と、AppleのRetail + People担当シニアバイスプレジデント、ディアドラ·オブライエンは述べています。 [AR]Tウォーク:New Museumと共同で選出された拡張現実 この体験型ウォークでは、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドン、パリ、香港、東京から参加者を募り、彼らに世界の著名アーティストたちの作品に触れていただきます。その中の大半のアーティストがARには初めて取り組んでいます。ケイヴ、ジュールバーグ&バーグ、ツァオ、ギオーノ、ヘラー、リスト各氏の作品は、参加者を、トラファルガー広場(ロンドン)、イェルバ·ブエナ·ガーデンズ(サンフランシスコ)、グランド·アーミー·プラザ(ニューヨーク)のような公共スペースに結び付けます。 ARを用いることで、アーティストたちは自身のアート作品の中心的なテーマを表現するための新たな手法を再考もしくは発明するに至りました。リスト作品 「International Liquid Finger Prayer」(インターナショナル·リキッド·フィンガー·プレイヤー)は、参加者がその揺らめくような形をつかまえようと駆け寄ると、弾み、からかい、歌います。ギオーノ作品 「Now at the Dawn of My Life」(今、人生の夜明けにおいて)は、素朴な知恵の言葉を虹色の道程で表すかと思えば、ヘラー作品 「Through」(スルー)は、入り口を抜けて遠近感のない世界へと参加者を誘います。 New Museumのトビー·デヴァン·ルイス担当ディレクター、リサ·フィリップスは次のように述べています―「New Museumは常にアートとテクノロジーの交差点で先頭に立ってきました。そんな私たちが、時代の最先端を行くアーティストたちが作り出す奇想天外なビジョンの支援をお願いしようと思い立った時、Appleほど最適なパートナーは考えられませんでした。スタジオやギャラリーを飛び出して都市が織りなす風景の中に溶け込むアーティスト作品を超える、ダイナミックに視覚に訴えるようなストーリーテリングの媒体として、拡張現実はまさに機が熟したと言えるでしょう」。 [AR]Tラボ:ARエクスペリエンス Apple Store全店で提供されるこの参加無料のToday at Appleセッションは、ニューヨーク在住のアーティストで、NEW INCメンバー(New Museumの文化面でのインキュベーター)であり教育者のサラ·ロスバーグの協力により制作されました。参加者は、ロスバーグ氏が作り上げた風変わりなオブジェクトと思わず引き込まれるような音楽を素材にARを実際に体験することができます。90分間の無料講座 [AR]Tラボでは、参加者はSwift Playgroundsを使って自分だけのARエクスペリエンスの作り方を学ぶことができます。 [AR]T in the Apple Store:ニック·ケイヴ作品 「Amass」 Apple Storeにご来店のお客様には、ミュージシャンとしても知られる多才なアーティスト、ニック·ケイヴのAR作品 「Amass」 をお楽しみいただけます。Apple Storeアプリケーション内で [AR]Tビューアーを開いて氏のインタラクティブなインスタレーション作品を表示すると、いくつものIkonエレメントを見ながら集めて歩いたり、Apple Store店内の中央部に宿るポジティブエナジーの宇宙を体験したりできます。 以上、ご案内した3つのセッションは8月10日より開催されます。さらに詳しい情報ならびに各セッションへの参加登録は apple.com/jp/today をご覧ください。 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム─iOS、macOS、watchOS、tvOS─はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人以上の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先: Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Tue, 30 Jul 2019 21:37:52 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom Apple、インテルのスマートフォンモデム事業の持ち分の過半数を取得 https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/07/apple-to-acquire-the-majority-of-intels-smartphone-modem-business/ Apple、インテルのスマートフォンモデム事業の持ち分の過半数を取得カリフォルニア州クパティーノ、サンタクララ、Appleとインテルは、Appleがインテルのスマートフォンモデム事業の持ち分の過半数を取得する合意書に署名したことを発表しました。インテルの従業員およそ2,200人が、知的財産、装置、賃貸借契約と共にAppleに加わります。10億ドルと評価される今回の取引は、特定の管轄区域内の労使協議会およびその他の協議会を含む当局からの承認その他の慣習的条件により、2019年度第4四半期に完了する見込みです。 取得する現在および将来の無線技術に関する特許とAppleの既存のポートフォリオを合わせて、Appleは、セルラー標準のためのプロトコルからモデムアーキテクチャおよびモデムオペレーションにいたる17,000以上の無線技術に関する特許を持つことになります。インテルは今後も、PCやIoTデバイスそして自動運転車などスマートフォン以外のアプリケーション用のモデムを開発する能力は保持することになります。 「この合意により私たちは、私たちのチームが作った極めて重要な知的財産とモデム技術を保持しながら、5Gネットワーク用の技術開発にフォーカスすることができます。Appleのことはこれまでもずっと尊敬しており、彼らがこの才能あるチームとこれらの重要な資産をさらに未来に向けて発展させていくのに相応しい環境を提供してくれるものと確信しています。私たちは、ネットワークオペレーター、通信装置メーカーそしてクラウドサービスプロバイダーを含む私たちのグローバルな顧客ベースのニーズに、最も密接に関わる5Gに全力を挙げて取り組むことを楽しみにしています」と、インテルのCEOボブ·スワンは述べています。 「インテルとは長年にわたり一緒に仕事をしてきており、このチームが、ユーザのために世界最高のエクスペリエンスを提供するための技術をデザインするというAppleの情熱を共有していることを知っています。Appleは、これほど多くの優秀なエンジニアが当社の拡大しつつあるセルラーテクノロジーグループに加わることに興奮しているとともに、彼らがAppleのクリエイティブでダイナミックな環境の中でますます実力を発揮するものと確信しています。私たちが取得した革新的なIPは重要な意味を持ちますが、彼らはそれと共に、私たちの将来の製品の開発速度を速め、Appleが今後さらに差別化していく手助けをしてくれるでしょう」と、Appleのハードウェアテクノロジー担当シニアバイスプレジデント、ジョニー·スルージは述べています。 本プレスリリースは、1995年のPrivate Securities Litigation Reform Actに定義するところの将来的見通しを含んでいます。これらの将来的見通しには、承認待ちのインテルのスマートフォンモデム事業の持ち分の過半数の取得に関する見通しおよび当該取引の利点と時期に関する見通しが含まれますが、それらに限定されるものではありません。これらの見通しにはリスクと不確実性が伴い、実際の結果は異なることもあります。リスクと不確実性には、取引の当局からの検討結果、特定の管轄区域内における労使協議会およびその他の協議会の検討結果、当事者が予定期間内にまたはそもそも取引を完了できる能力、取引の完結に影響する法律上または規制上の問題が含まれますが、それらに限定されるものではありません。本取引およびAppleの業績に影響を与え得るこれらのリスクおよび潜在的要因に関する詳しい情報は、Appleの直近のForm 10-KおよびForm 10-Qおよびその後の書類の中の「リスク要因」および「事業の財務状況と業績に関する経営陣の解説と分析」の部を含む、AppleがSECに提出する書類に含まれています。将来的見通しまたは情報はそれぞれの発表時点での見通しまたは情報であり、Appleはそれらを更新する義務を負うものではありません。 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム─iOS、macOS、watchOS、tvOS─はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人以上の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 インテルは、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については newsroom.intel.comおよびintel.comをご覧ください。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Fri, 26 Jul 2019 14:37:41 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom Apple、この秋iPhoneにやって来る新しい絵文字をプレビュー https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/07/apple-offers-a-look-at-new-emoji-coming-to-iphone-this-fall/ Apple、この秋iPhoneにやって来る新しい絵文字をプレビュー世界絵文字デーを祝い、Appleはこの秋登場する新しい絵文字のセレクションをプレビューし、食べ物、動物、アクティビティやスマイリーフェイスといった人気カテゴリーに加わる楽しくわくわくするようなものと共に、これまで以上の多様性をキーボードにもたらす最新のデザインを披露します。 カップルや恋人同士を表すのに良く使われる、手を繋ぐ絵文字が大きくアップデートされ、性別に加え、肌の色を自由に組み合わせて、手を繋いでいる人たちをカスタマイズすることができるようになり、75以上の組み合わせが可能になりました。 昨年Appleは、より障害者をテーマにした絵文字を導入するようにユニコードコンソーシアムに提案しました。これに続き、盲導犬、補聴器を付けた耳、車椅子、義手そして義足が新たに絵文字キーボードで使えるようになります。あらゆる形が存在する多様性を賛美することはAppleの価値観に不可欠であり、これらの新しい選択肢は絵文字キーボードの重要なギャップを埋めるのに役立ちます。 これ以外の多くの絵文字カテゴリーにも、あくびをする新しいスマイリーフェイス、ワンピースの水着、ワッフル、ファラフェル、バターとガーリックといった新しい食べ物や、ナマケモノ、フラミンゴ、オランウータンにスカンクといった新しい動物を含む楽しいアップデートが施されています。 この秋、iPhone、iPad、MacそしてApple Watchの無料ソフトウェアアップデートで59の新しい絵文字デザインが使えるようになります。現在、感情を表すスマイリーフェイス、ジェンダーフリーキャラクター、より多くの職業、様々な衣服の選択肢、食べ物のタイプ、動物、架空の生き物など、何千もの絵文字を使うことができます。新しい絵文字はユニコード12.0で承認されたキャラクターに基づいて作成されています。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Wed, 17 Jul 2019 08:40:35 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom Apple、MacBook AirとMacBook Proをアップデート https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/07/macbook-air-and-macbook-pro-updated-for-back-to-school-season/ Apple、MacBook AirとMacBook ProをアップデートAppleは本日、MacBook Airをアップデートしました。True Toneテクノロジーの採用で画面の見え方がより自然になったRetinaディスプレイを新たに搭載しながら、価格を従来より引き下げて119,800円としたほか、学生·教職員の皆様はさらにお得に109,800円でお求めいただけます。また、13インチMacBook Proエントリーモデルもアップデートされました。新しいエントリーモデルは、価格を139,800円に引き下げながら、最新の第8世代クアッドコアプロセッサを搭載して前モデルの2倍の性能アップを果たし、新たにTouch Bar、Touch ID、True Toneテクノロジー対応のRetinaディスプレイ、Apple T2 Securityチップも搭載しました。こちらの学生·教職員向け価格は129,800円となります。 すっきりと洗練された持ち運びしやすいデザイン、Retinaディスプレイ、日々の作業に十分なパフォーマンス、丸一日使い続けられるバッテリーを備え、macOSが稼働するMacノートブックは、いずれも高等教育の現場で圧倒的な人気を誇り、大学生を対象とする市場調査会社 Student Monitor のデータによれば、米国の大学生のうちノートブック購入者の約60パーセントがMacを所有しているとのことです。1 「大学生はMacが大好きです。彼らにとってのMacは、学生寮でも教室でも頼れるノートブックで、高等教育の現場にいる学生が一番に選ぶコンピュータです。MacBook Airに設定された学生·教職員向けの109,800円という価格、さらには新しい13インチMacBook Proは性能が向上し、Touch BarとTouch IDを新たに備えながらも、学生·教職員価格を129,800円とし、新学期に向けてMacを手に入れるには絶好のタイミングです」と、AppleのMacプロダクトマーケティング担当シニアディレクター、トム·ボガーは述べています。 学生に最も人気があるAppleのノートブックが最新モデルにアップデート MacBook Airの特長は、3種類の美しい仕上げと薄型·軽量のデザイン、利便性とセキュリティを与えるTouch ID、第8世代のデュアルコアプロセッサ、没入感を誘うワイドステレオサウンド、丸一日使い続けられるバッテリーです。美しい13インチRetinaディスプレイは新たにTrue Toneテクノロジーに対応し、より快適な視覚体験が得られるようにディスプレイの色温度を自動的に調整します。メールやウェブサーフィンに始まり、写真の編集やFaceTime通話に至るまで、MacBook Airは日常の様々な作業をスピーディにこなすように設計されており、さらには今までよりお求めやすい価格で提供され、個人ユーザーにも学生にとっても同じように、まさに1台で何でもできるノートブックです。 13インチMacBook Proは、パワフルなプロセッサ、超高速なSSD、丸一日使い続けられるバッテリー、Macノートブックで最上のディスプレイを、持ち運びしやすい1.37kgのボディに詰め込んでいます。そこに今回、エントリーモデルの13インチMacBook Proにも、従来の最大2倍の性能を発揮する最新のクアッドコアプロセッサ、Touch BarとTouch ID、色鮮やかなRetinaディスプレイに追加されたTrue Toneテクノロジー、Apple T2 Securityチップ、ワイドステレオサウンド効果により没入感を誘うステレオスピーカーを追加し、価格は139,800円(学生教職員向け価格は129,800円)です。以上のようにパワフルな機能性を備えたMacBook Proは、大学に入り、そして卒業まで、さらには卒業後も日々の作業に力を貸してくれるノートブックをお探しの学生の皆様にとって、パーフェクトな選択となることでしょう。 macOS Catalinaが今秋登場 これらのMacBook AirとMacBook Proは、今秋に登場が予定されているmacOS Catalinaに無償でアップデートすることができます。この世界で最も先進的なデスクトップオペレーティングシステムの最新バージョンは、数々の素晴らしい新機能、完全に新しくなったアプリケーション、アプリケーション開発者向けのパワフルな新テクノロジーを満載します。macOS Catalinaには標準アプリケーションとしてAppleの人気エンターテインメントアプリケーションであるApple Music、Apple Podcasts、Apple TVアプリケーションが含まれるほか、iPadを2台目のディスプレイまたは高精度の入力デバイスとして利用しながら、Macのデスクトップを拡張できるまったく新しい機能となるSidecarも装備されます。新しいセキュリティ機能によりユーザー保護がさらに強化されるほか、音声コントロールではMacの操作を完全に音声だけで実行できるようになります。 価格と販売について MacBook Airの価格は119,800円から、学生·教職員向け価格は109,800円からとなります。MacBook Proの価格は139,800円から、学生·教職員向け価格は129,800円からとなります。両モデルの販売は apple.com、Apple Storeアプリケーションでは本日より、Apple直営店およびApple製品販売店での店頭販売は今週後半より開始します。その他の技術仕様、CTOオプション、アクセサリの詳細は apple.com/jp/mac をご覧ください。 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム─iOS、macOS、watchOS、tvOS─はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人以上の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 1 Student Monitor(2019年春号)のレポートに基づきます。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先: Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Tue, 09 Jul 2019 21:39:28 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom Apple Music、この夏Up Next Liveを世界の都市で開催 https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/07/apple-music-brings-up-next-live-to-global-cities-this-summer/ Apple Music、この夏Up Next Liveを世界の都市で開催フィーチャーされるラインナップは、Bad Bunny、Daniel Caesar、Khalid、Ashley McBryde、King Princess、Lewis Capaldi そして Jessie Reyez Appleは本日、Bad Bunny、Daniel Caesar、Khalid、Ashley McBryde、King Princess、Lewis Capaldi そして Jessie Reyezを含む過去から現在にわたるApple Music Up Nextのアーティストによるライブパフォーマンスのシリーズ、Up Next Liveを発表しました。それぞれのアーティストが一都市一夜限りのパフォーマンスをおおくりします。 Apple Music Up Nextは、世界のベストニューアーティストを紹介する、月に一度のプログラムです。旬をいち早く知るApple Musicの目利きのエディターたちが、フィーチャーするアーティストを毎月一人選び、年々増えているApple Musicの音楽ファンに向けて、独自のプラットフォームを活かし、それぞれのアーティストへの関心を高めます。Apple Music Up Nextにはまた、世界中の様々なジャンルの素晴らしいニューアーティストを集めた特別なプレイリストも含まれています。 多様なUp Next Liveので紹介されるそれぞれのアーティストは、毎月のプログラムやプレイリストを通じて、Apple Music Up Nextアーティストとしてフィーチャーされてきました。すべてのライブは、ミラノ、サンフランシスコ、ブルックリン、パリ、ロンドン、シカゴそしてワシントンD.C.にあるAppleストアで営業時間終了後に上演されます。AppleストアではToday at Appleを通じて無料のクリエイティブセッションを常に提供しており、クリエイティブなコミュニティーが集まってアイデアを共有することができる場で、まさにUp Next Liveにぴったりの舞台となっています。パフォーマンスは、7月9日、ミラノのApple Plaza Libertyで行われるBad Bunnyのグローバルセッションでキックオフされます。 「Up Nextに参加することのインパクトや反響は数字、ライブ出演などすべてに見ることができます。ファンは大勢いるんですよ。アメリカで街に出るとスペイン語を話さない人たち、僕のことを知らない人たちも、写真を撮ってもいいですか、なんて言いながら僕のところに寄ってきて一緒に歌を歌ったりするんです。自分のマーケット以外のマーケットで自分のことを知ってもらうのにすごく助けてもらいました。アメリカだけじゃなく、スペイン語が話されていない場所や、あまりラテン音楽があまり浸透していない場所で僕の音楽を披露して、僕がやっていることを皆さんに知ってもらうことができました」と、Bad Bunnyは語っています。 Up Next Liveのスケジュール: 7月9日 — Bad Bunny、ミラノ、 Apple Piazza Liberty 7月19日 — Jessie Reyez、サンフランシスコ、Apple Union Square 7月25日— King Princess、ブルックリン、Apple Williamsburg 7月31日 — Lewis Capaldi、パリ、Apple Champs-Élysées 8月9日 — Daniel Caesar、ロンドン、Apple Covent Garden 8月16日 — Ashley McBryde、シカゴ、Apple Michigan Avenue 8月23日 — Khalid、ワシントンD.C. 、Apple Carnegie Library 詳しくは apple.co/amupnextlive.をご覧ください。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先: Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Tue, 02 Jul 2019 02:04:30 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom ジョニー・アイブ、独立したデザイン会社を設立、Appleがクライアントに https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/06/jony-ive-to-form-independent-design-company-with-apple-as-client/ ジョニー・アイブ、独立したデザイン会社を設立、Appleがクライアントにカリフォルニア州クパティーノ、Appleは本日、チーフ·デザイン·オフィサーのサー·ジョニー·アイブが今年後半に同社を退社し、独立したデザイン会社を設立することを発表しました。Appleはこのデザイン会社の主要クライアントの一社となります。アイブは個人的なプロジェクトを追求しながらも、新会社を通じてAppleと緊密に連携し、様々なプロジェクトに関わります。 「ジョニーはデザインの世界で並外れた存在です。1998年の革新的なiMacからiPhone、そして最近彼が過去にないほど多くのエネルギーと全神経を注いできたApple Parkにいたるまで、Appleの復活において彼が果たした役割はどんなに強調してもしすぎることはありません。Appleは今後も特別なプロジェクトでジョニーと直接一緒に仕事をすることで、そして彼が育てた才能あふれる情熱的なデザインチームの継続的な仕事を通じて、ジョニーの才能の助けを借りることになります。何年にもわたり緊密に仕事をしてきた私としても、私たちの関係が今後も発展していくことを嬉しく思い、将来にわたり長くジョニーと仕事をしていくことを楽しみにしています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム·クックは述べています。 デザインチームのリーダーであるインダストリアルデザイン担当バイスプレジデント、エバンス·ハンキーとヒューマンインターフェイスデザイン担当バイスプレジデント、アラン·ダイは今後、Appleのチーフ·オペレーティング·オフィサー、ジェフ·ウィリアムズに報告することになります。ハンキーとダイは共に長年にわたりAppleのデザインチームで重要なリーダーの役割を果たしてきました。ウィリアムズはApple Watchの企画が開始した時からその開発を主導し、今後はより多くの時間をデザインチームのスタジオで過ごし、彼らと一緒に仕事をすることになります。 「ほぼ30年間にわたり数えきれないほどのプロジェクトに関わってきて、私はAppleで比類なきデザインチームと、プロセスとカルチャーを作るためにずっと行なってきた仕事のことを、本当に誇りに思っています。今日、チームはAppleの歴史のどの時点におけるよりも強く、活気に満ち、そして才能があふれています。チームは私の最も近い協力者であったエバンス、アランそしてジェフの素晴らしいリーダーシップのもと、さらに成功を収めることは間違いありません。私はAppleの同僚デザイナーを最高に信頼しています。彼らは今後も私の親友であり、今後も長年にわたり彼らと一緒に仕事をすることを楽しみにしています」とアイブは述べています。 数多くのデザイン賞に輝くAppleのデザインチームは、ユーザーインターフェイス、インダストリアルデザイン、グラフィックおよびフォントデザイン、ハプティックスおよびサウンドデザインなど多くの分野を代表するクリエイティブを集めています。 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム─iOS、macOS、watchOS、tvOS─はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人以上の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:Apple Japan 広報部,press@apple.co.jp,03-4345-2000 Apple Newsroom Fri, 28 Jun 2019 11:23:22 +0900 https://www.apple.com/jp/newsroom/ Apple Newsroom